ルージュバックの血統や将来性は?オークス2着馬を徹底分析

(C) Yusuke Tsutaya
(C) Yusuke Tsutaya

東京競馬場で5月24日に行われた優駿牝馬オークス(GI/芝2400m)に出走したルージュバックは、ミッキークイーンの後塵を拝して2着に敗れた。

しかし、1番人気を裏切り9着に終わった桜花賞から一変。負けて強しの内容で、2着ながら改めて強さを証明した。

ルージュバックの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

スポンサーリンク

血統評価は?

ルージュバックは父マンハッタンカフェ、母ジンジャーパンチ、その父オーサムアゲインという血統。マンハッタンカフェ産駒のオークス最高順位は09年レッドディザイアの2着で、今回で2度目のオークス2着となった。

母ジンジャーパンチは米国GⅠ6勝の名牝。ジンジャーパンチ自身は病気などの影響もあり本格的に重賞戦線を歩み始めたのは4歳になってから。4歳夏に初GⅠ、5歳夏にもGⅠ勝ちがある。

父マンハッタンカフェも高齢まで走れる産駒が多く、ルージュバックもまだまだ成長が見込めるのではないだろうか。

路線選択は慎重に

秋には凱旋門賞も、という声があった本馬。春の結果を受けて、今後どういったローテーションを歩むのかが注目される。

ルージュバックの母父はヴィスリージェント系オーサムアゲイン。母父か母母父がヴァイスリージェント系のマンハッタンカフェ産駒には、長く交流重賞で活躍するエーシンモアオバーがいるが、条件馬には短距離を走る産駒も多い。

オークスではミッキークイーンの目標にされながら、クルミナルを振り切り2着を死守した。もっとも、3歳牝馬同士のオークスで走ったからといって2400mが守備範囲であるとは言い切れない。

血統を見ると、長く第一線で活躍できる可能性が高い。ただし、どういった路線で使うのか、慎重に見極める必要がありそうだ。

【関連記事】
ミッキークイーンの血統や将来性は?オークスの覇者を徹底分析
ミッキークイーンが樫の女王に輝けた4つの要因とは?
レッツゴードンキがオークスで惨敗したワケ〜血と展開と桜花賞のしわ寄せ〜
日本ダービーとオークスの黄金配合と“血統連動説”って?
ハービンジャーは失敗種牡馬なのか?伸び悩む産駒たちと今後への期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この著者の最新の記事

関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 150620
    見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る