イモータルはなぜサウジアラビアRCで負けたのか?敗因は血統にあり?

(C)Ko−Mei

ページ:

1

2

10月10日に東京競馬場で行われたサウジアラビアロイヤルカップ(芝1600m)でマンハッタンカフェ産駒のイモータル(牡2)はブレイブスマッシュに敗れて重賞制覇を逃した。

なぜ単勝2倍という圧倒的な1番人気に応えられなかったのだろうか?

その背景には“血統的要因”があったと考えられる。

スポンサーリンク

敗因は血統面か

はじめに断っておくと、イモータルは才能を秘めている。

イモータルの重賞制覇は時間の問題?血統と新馬戦で見せた大器の片鱗とは?

この記事に書いてあるように、重賞で勝つのは時間の問題だろう。事実、サウジアラビアRCでも人気を裏切ったとはいえ、僅差の2着だったのだから。

では、そんな才能を秘めたイモータルはなぜ勝てなかったのか? その最大の要因は血統だと考えられる。

イモータルはマンハッタンカフェを父に持っている。このマンハッタンカフェこそ、ある種の“足枷”になっているのだ。

マンハッタンカフェは現役時代、菊花賞、有馬記念、そして天皇賞春を勝っている。ここから考えられる同馬の特徴は……

・晩成型
・中長距離が得意

というものだ。クラシックホースとはいえ、春の皐月賞、ダービーに間に合わないような血統だった。距離適性を見ても2000m以上を得意としている。よって、今回イモータルが挑んだ「2歳マイル重賞」というのは明らかに適正外だったわけだ。

事実、マンハッタンカフェ産駒の成績を振り返ると納得できるのではないだろうか?

【次のページヘ】マンハッタンカフェ産駒の“真実”とは?

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る