イモータルはなぜサウジアラビアRCで負けたのか?敗因は血統にあり?
(C)Ko−Mei

2歳マンカフェ産駒の特徴

2歳重賞に出走したマンハッタンカフェ産駒はこれまで51頭。その成績は(2−2−4−43)と、勝馬は2頭しか出ていない。

この時点で適正が高くないことはお分かりいただけるだろう。

しかも勝ち馬2頭を見てみると……

サンディエゴシチー 札幌2歳S
オリエンタルロック 札幌2歳S

どちらも札幌2歳ステークスなのだ。札幌2歳Sといえば条件は洋芝の1800m。2歳馬にとってかなり過酷な条件ということができる。言い換えると、マンハッタンカフェ産駒のタフさを活かせる条件といえる。

一方で東京で行われた2歳重賞では(0−0−1−10)。しかも唯一の3着は稍重の中で行われていた。要するにマンハッタンカフェ産駒にとって東京の2歳重賞というのは明らかに適正外なのだ。

今回は人気を裏切ることになってしまった。しかし、こういった背景があったことを考えると、むしろ明らかに適正が合わない条件の中で2着に入ったことを評価するべきではないだろうか?

今回の2着で賞金を加算したことで今後はある程度余裕を持ったローテーションが組めるはず。3歳になるとレースの選択肢が広がるだけに、さらなる活躍が期待されるところだ。

【関連記事】
イモータルの重賞制覇は時間の問題?血統と新馬戦で見せた大器の片鱗とは?
ブレイブスマッシュの血統や将来性は?サウジアラビアRC1着馬を徹底分析
武豊騎手とエイシンヒカリに“欅の向こう側に置き忘れた夢の続き”を見よう
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない

おすすめの記事