(C)minafl

10月11日に東京競馬場で行われた毎日王冠(芝1800m)でディープインパクト産駒のエイシンヒカリ(牡4)が重賞連勝を果たした。

武豊騎手を鞍上に好スタートを切ったエイシンヒカリは淡々とした逃げを打つ。直線では後続を寄せ付けず、伸びてきたディサイファらを退けて優勝。前走のエプソムカップに続き、東京芝1800mの重賞を制した。

エイシンヒカリの血統や将来性はどういったものなのだろうか?


血統評価は?

血統評価は2走前の都大路ステークスを勝った際の記事から抜粋する。

エイシンヒカリは父ディープインパクト、母キャタリナ、その父ストームキャットという血統。

父ディープインパクト、母父ストームキャットといえば、13年の桜花賞馬アユサン、同年ダービー馬のキズナや、昨年のエリザベス女王杯を制したラキシスなど数々の活躍馬を送り出している配合だ。デビューが3歳の4月と遅れたこともあり、まだキャリアは7戦のみ(※エプソムカップで8戦目)。血統背景を考慮しても、まだまだ伸びしろを感じさせる。

距離適性はどうだろう。エイシンヒカリの母母父はカロで、13年の青葉賞を制したヒラボクディープと父、母父、母母父が同じ。つまり8分の7同血である。そのヒラボクディープは2400mのGIIを勝っていて、他のディープ×ストームキャットの出世馬も中距離重賞で活躍している。

ただし、この馬自身は気性面を考慮すると現状のベストはやはりマイルから2000mだと考えられる。ベスト条件は天皇賞秋か、あるいはマイルチャンピオンシップか。

【次のページヘ】ディープ産駒として2頭目となった珍しい事例って?

おすすめの記事