エイシンヒカリと武豊騎手が毎日王冠を制覇!ディープ産駒2頭目の快挙とは?
(C)minafl

ディープ産駒としては2例目の希少例

エイシンヒカリが毎日王冠を勝ち切ったというのは血統面から見ると少々驚きだった。

というのも、ディープインパクト産駒は「古馬になると重賞で連勝できない」というジンクスがあるからだ。

ディープインパクトの代表産駒であるジェンティルドンナやキズナ、ダノンシャークらの戦績を見てもらえると分かるように、古馬になってからは一度も重賞を連勝できていない。

唯一の例外としてラストインパクトがいるものの、これだけ多くの重賞ウィナーを輩出しているチャンピオンサイアーが古馬重賞を連勝できないというのだから、もはや偶然の産物と片付けることはできないだろう。

そんな中、エイシンヒカリは重賞連勝を果たした。

おそらく実力上位だったこと、キャリアが浅くて(毎日王冠出走前の時点でわずか7走)フレッシュな状態にあったことが影響したと考えられる。

重賞を連勝して望む天皇賞秋。ディープ産駒に限らず、重賞3連勝というのは本当に実力がないと達成できない。果たしてエイシンヒカリと武豊騎手は天皇盾を手中に収めることができるのか。今から興味は尽きない。

【関連記事】
エイシンヒカリが秋のGI戦線へ!路線は天皇賞秋やマイルチャンピオンシップか
武豊騎手とエイシンヒカリに“欅の向こう側に置き忘れた夢の続き”を見よう
エイシンヒカリの血統・将来性は?都大路ステークスの覇者を徹底分析
エイシンヒカリと武豊騎手が刻んだ芸術的なラップとは?動き出した“夢の続き”
遂に本格化!良血馬サトノアラジンの未来に期待する4つの理由

おすすめの記事