藤田伸二騎手の苦境!成績低迷の原因と現在地とは?チラつく引退の二文字

(C)arima0208

ページ:
1

2

3

藤田騎手の“相棒”が……

勝ち鞍が減った大きな理由の一つとして植木靖雄氏の死去が挙げられる。同氏は長年、藤田騎手のエージェントを務めていた。敏腕エージェントとして藤田騎手らに有力馬を確保する重要な役割を担っていた。言ってみれば藤田騎手にとって“右腕”だったのだ。

藤田騎手はマスコミの前で「ユタカさんが勝っているのはいい馬に乗っているから」と言って憚らない(もちろん、この発言は「騎乗技術があった上でいい馬に乗っている」という趣旨で武豊騎手をやゆするものではない)ように、誰よりも騎乗馬の質が競技成績に影響することを分かっている。

だからこそ、12年に“右腕”を失ったことが大きな影響を及ぼしているのだろう。

13年は50勝と若干持ち直したものの、14年は再び33勝とデビュー以来2番目に悪い成績に低迷した。そして15年は7月終了時点で12勝にとどまっている。

特に重賞成績は散々なものとなっている。

2015年(0- 0- 1-11)
2014年(0- 1- 0-26)
2013年(0- 1- 0-25)
2012年(0- 1- 5-31)
2011年(5- 1- 3-40)
2010年(5- 6- 1-34)

ご覧のとおり、11年を境にくっきりと悪くなっていることが分かる。

しかも、成績低迷の原因はエージェントの問題だけではない。なぜなら、近年は騎乗内容にも限りが見られるようになっているのだ。

【次のページヘ】近年の藤田騎手の成績は……?

ページ:
1

2

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る