(C)MAZIMICKEY

2018年3月4日、中山競馬場でオーシャンステークス(GIII/芝12m)が行われる。レーヌミノル、ロードクエスト、ナックビーナス、ネロ、ビップライブリーらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズの展望を振り返っていこう。


日程・概要

2018年 3月 3日(土) 2回中山3日目 26頭 [仮想出馬表] 【11R】  第13回夕刊フジ賞オーシャンS
4歳以上・オープン・G3(別定)(国際)(指定) 芝1200m (A)

出走予定馬・登録馬

同じく高松宮記念のステップレースだった阪急杯と比較すると小粒なメンバー印象が否めず、ここならナックビーナスが人気を集めそう。

芝のスプリント戦なら非常に安定感のある成績を収めており、特に中山のスプリント戦は良績が集中している。

テンよし・中よし・終いヨシのレースセンスが高いタイプで、ゲートさえ出ればレースをまとめてくれる印象がある。

重賞だとワンパンチ勝ち切るには足りない感じもあるが、ここはメンバーに恵まれた印象で、とにかくスタートさえ出れば好勝負だろう。

前走の京阪杯、金沢の名手吉原騎手の手綱で復活の連覇を果たしたネロが2番手。

一時期は成績が落ち込んだものの、前前走のJBCスプリント(4着)から復活の兆しが見えてきた印象。

もともと調教ではとんでもない時計で走る馬だが、昨今はややレースにおいてズブさが目立ってきた。

近2走は地方競馬のジョッキー(中野騎手・吉原騎手)が乗っていたのは見逃せない。ズブくなってきた点を扶助でカバーした可能性があるからだ。

今回はミナリク騎手の騎乗が予定されており、変わらず追って追って前目に付けられればチャンスは十分。

力をつけてきたピップライブリーも侮れない1頭。

以前は気難しさがあり後方からのレースが多かったが、精神面の進境から位置を取って最後までしっかりと末脚を伸ばせるようになってきた印象。

重賞を勝ち切るまでは微妙かもしれないが、ここはメンバーが前2走に比べると恵まれた。スムーズな追走ができれば一発も。

素質は重賞級だがモロさもあるアレスバローズはどうか。

包まれたり詰まったりすると戦意を喪失してしまうスプリンターには珍しいタイプであり、とにかく馬群が捌けるかがカギになる1頭。

もつれる中山コースは微妙な印象もあるが、ハマればこのメンバーでも十分に通用する下地はある。

他にも、古豪のスノードラゴンとエポワス、ハナ切れれば面白いセカンドテーブルなどが一発を狙っているメンバー構成となっている。

登録馬は以下の通りだ。

馬名S性齢斤量
アイライン牝6 54
アリンナ牝4 54
アルティマブラッド牝6 54
アレスバローズ牡656
エイシンブルズアイ牡756
エポワスセ1056
キングハート牡556
グレイトチャーター牡656
シュウジ牡556
ジューヌエコール牝4 54
スノードラゴン牡1057
セカンドテーブル牡656
タイセイスターリー牡456
ダイシンサンダー牡756
ダイメイフジ牡456
トーキングドラム牡856
ナックビーナス牝5 54
ネロ牡756
ビップライブリー牡556
フミノムーン牡656
ブレイズアトレイル牡956
ラインスピリット牡756
ラインミーティア牡856
リエノテソーロ牝4 54
レーヌミノル牝4 55
ロードクエスト牡556

想定・予想オッズ

21番人気アイライン94.9倍
22番人気アリンナ190倍
9番人気アルティマブラッド16.9倍
16番人気アレスバローズ63.2倍
18番人気エイシンブルズアイ74.5倍
11番人気エポワス29.7倍
13番人気キングハート35.3倍
23番人気グレイトチャーター209倍
20番人気シュウジ90.8倍
14番人気ジューヌエコール44.3倍
8番人気スノードラゴン15.1倍
15番人気セカンドテーブル61.3倍
12番人気タイセイスターリー34.1倍
24番人気ダイシンサンダー348.5倍
6番人気ダイメイフジ14.5倍
25番人気トーキングドラム697.2倍
2番人気ナックビーナス3.8倍
5番人気ネロ9.6倍
4番人気ビップライブリー9.1倍
19番人気フミノムーン77.3倍
26番人気ブレイズアトレイル2092倍
10番人気ラインスピリット28.5倍
17番人気ラインミーティア67.3倍
7番人気リエノテソーロ14.9倍
1番人気レーヌミノル3.5倍
3番人気ロードクエスト8.2倍
おすすめの記事