エイシンヒカリの血統・将来性は?都大路ステークスの覇者を徹底分析

(C)sleep

16日に京都競馬場で行われた都大路ステークスは、1番人気のエイシンヒカリが5カ月の休み明けながら、逃げ切り勝ちを収めた。新たなパートナーとなった武豊とともに、今後へ期待が膨らむ勝利となった。

エイシンヒカリの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

エイシンヒカリは父ディープインパクト、母キャタリナ、その父ストームキャットという血統。父ディープインパクト、母父ストームキャットといえば、13年の桜花賞馬アユサン、同年ダービー馬のキズナや、昨年のエリザベス女王杯を制したラキシスなど数々の活躍馬を送り出している配合だ。デビューが3歳の4月と遅れたこともあり、まだキャリアは7戦のみ。血統背景を考慮しても、まだまだ伸びしろを感じさせる。

エイシンヒカリにとって、渋った馬場を経験するのは今回が初めてだった。(都大路Sは稍重開催。)6月以降の重賞は雨の影響を受けるケースも多いが、ディープ×ストームキャットのオープン馬は道悪を苦にしない場合が多い。

象徴的だったのは今年の産経大阪杯で、ラキシスとキズナが不良馬場の中ワンツーを決めた。力が抜けていたという見方もあるが、キズナはフランスでの2戦、ラキシスは13年に2着したエリザベス女王杯が道悪だった。重賞ではないものの、高速馬場では強い勝ち方をしてきたエイシンヒカリが道悪でも強い走りが出来るとなれば頼もしい。

エイシンヒカリに合うGIは?

距離適性はどうだろう。エイシンヒカリの母母父はカロで、13年の青葉賞を制したヒラボクディープと父、母父、母母父が同じ。つまり8分の7同血である。そのヒラボクディープは2400mのGIIを勝っていて、他のディープ×ストームキャットの出世馬も中距離重賞で活躍している。

ただし、この馬自身は気性面を考慮すると現状のベストはやはりマイルから2000mだと考えられる。ベスト条件は天皇賞秋か、あるいはマイルチャンピオンシップか。いずれにせよ、GⅠの舞台に立つためにはサマーシリーズでの活躍が不可欠だ。

【関連記事】
エイシンヒカリと武豊騎手が刻んだ芸術的なラップとは?動き出した“夢の続き”
武豊騎手とエイシンヒカリに“欅の向こう側に置き忘れた夢の続き”を見よう
なぜ2000万馬券は生まれたのか?大万馬券誕生の5つの真実/ヴィクトリアマイル
ストレイトガールの血統・今後の展望は?ヴィクトリアマイルの覇者を徹底分析
サクラゴスペルの血統・今後の展望は?京王杯スプリングカップの覇者を徹底分析



この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る