カテゴリー:コラム

モズカッチャンの血統や次走、将来性は?フローラS馬になれた理由


4月23日に東京競馬場で行われたフローラステークス(GII/芝2000m)は、12番人気のハービンジャー産駒モズカッチャン(牝3)が粘るヤマカツグレース(牝3)をおさえて重賞初制覇を果たした。

モズカッチャンの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者

ハービンジャー
サイトディーラー
母の父 キングカメハメハ
母の母 ベストブート
性別
馬齢 3 歳
生年月日 2014年2月27日
毛色 黒鹿毛
馬主 (株)キャピタル・システム
調教師 鮫島一歩(栗東)
生産牧場 目黒牧場
産地 日高町
馬名意味 冠名+人名愛称

血統評価は?

モズカッチャンは快挙を成し遂げた。

基本的にハービンジャー産駒というのは重賞で期待値が高くない。ディープインパクトやキングカメハメハ産駒に比べると、能力に加えて一瞬の切れ味が足りないため、どうしても決め手不足で負けてしまうのだ。

事実、今までハービンジャー産駒の牝馬が重賞を勝ったことは一度もなかった。

レース名 馬名 人気 着順
桜花賞G1 ディアドラ 14
フラワーG3 エバープリンセス 12
フラワーG3 サンティール 5
フィリーG2 ヤマカツグレース 11
京成杯G3 サンティール 12
愛知杯HG3 カゼルタ 12
フェアリG3 キュイキュイ 6 13
阪神ジュG1 サトノアリシア 7
ファンタG3 ディアドラ 3
ファンタG3 ヤマカツグレース 2
アルテミG3 サトノアリシア 4
紫苑SG3 ギモーヴ 8 13
新潟2歳G3 モーヴサファイア 1
クイーンG3 テルメディカラカラ 5
優駿牝馬G1 ジェラシー 10
フラワーG3 ウインクルサルーテ 14
フラワーG3 ギモーヴ 4
京都2歳G3 ウインクルサルーテ 10
アルテミG3 ウインクルサルーテ 11
ローズSG2 サンクボヌール 9
ローズSG2 テルメディカラカラ 13 10
フローラG2 サダムブルーハワイ 14 12
フラワーG3 カゼルタ 8 10
チューリG3 ロカ 3
クイーンG3 ロカ 1
クイーンG3 カービングパス 7 10
フェアリG3 カービングパス 1
阪神ジュG1 ロカ 1
京都2歳G3 フローレスダンサー 4
アルテミG3 フローレスダンサー 5

集計期間:2014.11. 1 ~ 2017. 4. 9

しかし、この負の連鎖がようやく終わった。

ただし、今回の場合は血統云々よりも位置取りの関係が大きかった。

フローラS2017結果・動画│モズカッチャンの勝因、ホウオウパフュームの敗因は?

上記に詳細が記されているが、かなりのスローペースだったため、枠順や位置取りの要素が大きかったのだ。

血統的には近親にステファノスやゴールドティアラ、ゴールデンハインドなどがいて、スケール的に全く劣るわけではないが、この重賞制覇はある意味で足かせになるかもしれない。

試金石は次やその次のレースになるだろう。

次走は?

オークスへの優先出走権を獲得したため、今後は当然ながらオークスへ進むことになるはずだ。

ただし、前述の通り、ハービンジャー産駒、特に牝馬は重賞における実績がほとんどない。しかも今回はかなり恵まれた上での勝利だったわけで、オークスで厳しい戦いを強いられることは間違いないだろう。

なお、ハービンジャー牝馬の重賞成績は……

種牡馬 勝率 複勝率 単回値 複回値
ハービンジャー 0.0% 10.0% 0 51

集計期間:2014. 9. 6 ~ 2017. 4.16

ご覧の通り。馬券的な期待値も、決して高いわけだ。


イスラボニータの血統や次走、将来性は?マイラーズC制覇と安田記念

(C)はねひろ

4月23日に京都競馬場で行われたマイラーズカップ(GII/芝外回り1600m)は、2番人気のフジキセキ産駒イスラボニータ(牡6)が直線で抜け出して1番人気のエアスピネル(牡4)らをおさえて勝利を収めた。

イスラボニータの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

フジキセキ
イスラコジーン
母の父 Cozzene
母の母 IslaMujeres
性別
馬齢 6 歳
生年月日 2011年5月21日
毛色 黒鹿毛
馬主 (有)社台レースホース
調教師 栗田博憲(美浦)
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム
産地 浦河町
馬名意味 美しい島(西)

血統評価は?

フジキセキ産駒は京都の重賞でいい成績を残している。

イスラボニータ自身、マイルチャンピオンシップで2、3着の実績がある。同じ舞台でサダムパテックがマイルチャンピオンシップをGIを勝っているし、イスラボニータにとって、まずまず合った舞台だったと言える。

フジキセキ産駒の京都重賞における成績を見てみると……

種牡馬 勝率 複勝率 単回値 複回値
フジキセキ 11.8% 32.4% 87 103

集計期間:2010. 1. 5 ~ 2016.11.20

こういった具合に。

もっとも、今回は血統に加えてクリストフ・ルメール騎手のアシストが大きかった。

マイラーズC2017結果・動画│イスラボニータが優勝!勝因、敗因は?

ここで触れたように、今回のマイラーズカップはかなりのスローペースだった。開幕週だったこともあり、馬場は内が有利。加えてスローペースとなると、内、先行馬が圧倒的に有利なレースだったといえる。

イスラボニータは大外11番枠だった。普通なら外外を回してしまい、直線で内の馬に足元をすくわれているところだった。

しかし、ルメール騎手は向こう正面でうまいポジション取りをすると、コーナーではラチ沿いから1、2頭目の位置を確保した。全くロスすることなく、競馬を進めることができたわけだ。

なかなか勝ちきれない馬だったが、血統があったことに加えて騎手のアシストもあったことで、久々の勝利を勝ち取ることができたのだ。

次走は?

次の目標は、当然のことながら安田記念になるだろう。

絶対王者のモーリスが引退した今、十分にチャンスがあると考えられる。

ただし、安田記念はもともとサンデーサイレンス系の馬が苦手としているレースだ。例えば過去の実績を見てみると……

馬名 性齢 着順 人気
イスラボニータ 牡5 4
ロサギガンティア 牡5 5
サダムパテック 牡6 17
サダムパテック 牡5 13 8
サダムパテック 牡4 1
クレバートウショウ 牡5 8
フジサイレンス 牡6 16 16
フジサイレンス 牡5 16 18
オースミコスモ 牝4 15 17
ダイタクリーヴァ 牡5 17 8

集計期間:2002. 6. 2 ~ 2016. 6. 5

ご覧の通り、勝ち星どころか、3着以内に入ることすらできていない。そもそもフジキセキ産駒の出走が10頭しかない、というのも驚くべきことだろう。あまりこの舞台に向いていない、というのが容易に想像できる。

果たしてイスラボニータは安田記念を勝ち取ることができるのか? 現時点では簡単な戦いにはならなさそうだ。


ダイワメジャー産駒の特徴は?血統の傾向や距離適性、買い方ガイド


ここではダイワメジャー産駒(子ども)の特徴について書いていきます。

種牡馬としてどのような特徴を持っているのか?血統や実際の産駒の成績、性別(牡馬/牝馬)、馬場適性(重馬場、道悪)、距離適性(長距離/中距離/短距離)、ダート適性など、様々なデータから“買い時”を紐解いていきます。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

サンデーサイレンス
スカーレットブーケ
母の父 ノーザンテースト
母の母 スカーレツトインク
性別
馬齢 6歳
生年月日 2001年4月8日
毛色 栗毛
馬主 大城敬三
調教師 上原博之(美浦)
生産牧場 社台ファーム
産地 千歳市
馬名意味 冠名+最高の

賞金

総賞金 1,002,230,000
内付加賞 56,830,000
収得賞金(平地) 320,000,000
収得賞金(障害) 0

能力分析

能力値 評価
絶対能力 B
スピード B
パワー B
スタミナ B

ダイワメジャー解説 ~隠れ妙味なし種牡馬!消して重宝せよ~

血統予想をする上で大事なことの一つとして、「一般のファンが持っている漠然としたイメージ」と「実際の能力、得意条件」の差異にどれだけ気づけるか、ということがあります。

イメージと実際の適性が合っていれば、無難に活躍しますし、イメージと適正に差があれば、そこに妙味が生まれることがあります。例えばサクラバクシンオーやデュランダルはスプリンターでした。産駒もスピードに優れているため、無難に活躍しますよね?

そういう意味でダイワメジャーは、大変残念な種牡馬といえるでしょう。

現役時代のダイワメジャーはマイル〜2000mで活躍しました。特にマイラーのイメージが強く、種牡馬になってからも短距離戦で人気になる産駒が目立ちます。しかし、実際には皐月賞と天皇賞秋を勝ち、有馬記念で3着になっています。完全なマイラーではなく、むしろ万能タイプに近いんです。(もちろん、スピード寄りなので重賞レベルではマイル前後が一番合っていますが)

平均的な能力は高いため短距離戦をこなしますが、スピードの能力が突出しているわけではありません。しかし、短距離のイメージが強いので人気になります。よって、どういう現象が起きるかというと、妙味のない馬が多くなってしまうんですね。

一方、イメージほどスタミナがないわけではないので、長距離戦に出てきた馬は妙味大。ただ、陣営も短距離のイメージを持っているため、なかなか2400m以上のレースに使ってきません。

また、ディープインパクトやキングカメハメハは差し馬のイメージが強いため、先行馬に妙味が生まれます。一方、ダイワメジャーはモロに逃げ、先行馬のイメージが有りますよね? よって、先行馬は人気になって妙味がないんです。

じゃあ、差し馬に妙味があるかというと、そこまで瞬発力がないので期待値は高くない。

まとめると、距離ではイメージと実際の能力に悪い意味でギャップがあるため、妙味が生まれない。一方、脚質ではイメージと能力がモロにかぶっているため、ここでも妙味が生まれない。

要するに妙味が生まれる条件が極めて限定されているので、穴予想をする上ではあまり軸馬に向いていません。どちらかと言えば消すタイミングを見極めたい種牡馬ですね。

産駒の特徴

・「短距離」、「逃げ、先行」などイメージが確立されているため、その条件で人気になりやすく妙味がない
・意外とスタミナがあるため、長距離戦で狙える
・本命には向かない。相手筆頭、ヒモに置くのが妥当

“買い時”

・2000m以上
・重馬場の重賞

※考察で使用するデータは特別な注釈がない限り、以下が対象

・過去3年の芝レース(良馬場)
・3番人気以下、かつ単勝100倍未満の穴馬
・2〜5歳
・初出走、およびキャリア26戦以上を除外
・連闘、および半年以上の休み明けを除外

買い時① 2000m以上

短距離のイメージが強すぎて中・長距離戦では軽視されがち。しかし、ダイワメジャーの現役時代を振り返ってください。皐月賞と天皇賞秋を勝ち、有馬記念で3着になっています。一般的なイメージよりはるかにスタミナがあるんです。

おそらく「ダイワメジャー+長距離=消し」という方程式を持っているファンが多いので、ここが狙い目になります。ダイワメジャーで唯一買える条件といっても過言ではありません。

距離 勝率 複勝率 単回値 複回値
2000m~ 15.2% 41.1% 90 97

集計期間:2014. 1.12 ~ 2016.12.25

なお、さすがに重賞レベルになるとダイワメジャーよりスタミナがある種牡馬はたくさんいますから、妙味はなくなります。あくまでも条件戦で狙うようにしましょう。(重賞でも全く人気がないなら抑えてOKですが)

買い時② 重馬場の重賞

ダイワメジャー産駒は上位条件になると、瞬発力の部分でディープインパクトやキングカメハメハに劣ります。純粋なスピード勝負だと分が悪い。よって、重馬場のほうが期待値が高くなります。

馬場状態 勝率 複勝率 単回値 複回値
芝・ 良 6.1% 18.3% 66 59
芝・稍重 4.8% 33.3% 32 110
芝・ 重
芝・不良 20.0% 20.0% 154 52

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.18

重馬場がいいという以上に、良馬場の期待値が低すぎますよね。

上記の条件に当てはまれば買いですが、それ以外の時は基本的に嫌ったほうがいいでしょう。

予想に役立つデータ一覧(芝編)

ここではこの種牡馬に関わる産駒のデータ、傾向を一挙公開しています。予想の参考にお使いください。

※データは2014年1月1日〜2016年12月31日まで
※単勝100倍未満の穴馬は対象外
※新馬戦は対象外
※キャリア26戦以上の消耗した馬は対象外
※連闘、および半年以上の休み明けを対象外

年齢別集計

年齢 勝率 複勝率 単回値 複回値
2歳 11.7% 37.6% 69 84
3歳 10.1% 30.2% 90 81
4歳 8.6% 27.4% 72 87
5歳 7.6% 22.4% 41 64
6歳 12.1% 24.2% 121 123
7歳 0.0% 0.0% 0 0
8歳

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

馬体重別集計

馬体重 勝率 複勝率 単回値 複回値
~399kg 0.0% 0.0% 0 0
400~419kg 7.9% 28.9% 83 85
420~439kg 3.0% 24.6% 37 68
440~459kg 10.6% 27.7% 86 90
460~479kg 9.7% 30.2% 80 81
480~499kg 11.2% 32.1% 80 80
500~519kg 8.6% 28.2% 59 72
520~539kg 12.2% 32.8% 72 101
540~ 13.6% 22.7% 71 49

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

枠番別集計

枠番 勝率 複勝率 単回値 複回値
1枠 13.7% 31.9% 90 73
2枠 13.1% 35.0% 92 100
3枠 9.1% 26.8% 45 78
4枠 10.2% 29.8% 109 88
5枠 7.4% 27.3% 69 83
6枠 10.2% 33.8% 47 85
7枠 6.1% 22.0% 71 60
8枠 9.5% 30.2% 81 84

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

馬番別集計

馬番 勝率 複勝率 単回値 複回値
1番 12.6% 32.3% 72 65
2番 15.0% 33.1% 97 82
3番 11.9% 33.6% 99 92
4番 14.5% 37.5% 93 106
5番 7.1% 27.8% 35 77
6番 12.9% 32.0% 58 69
7番 6.7% 24.7% 50 73
8番 8.0% 34.5% 107 97
9番 11.1% 28.2% 116 71
10番 7.8% 27.9% 51 84
11番 9.3% 33.9% 28 78
12番 5.1% 34.2% 27 125
13番 7.5% 15.1% 87 55
14番 4.5% 14.8% 128 45
15番 6.8% 23.7% 41 58
16番 12.7% 31.7% 115 101
17番 0.0% 7.7% 0 15
18番 12.5% 29.2% 217 155

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

人気別集計

人気 勝率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 29.8% 59.6% 73 78
2番人気 16.0% 53.0% 67 87
3番人気 13.5% 39.9% 82 79
4番人気 8.6% 31.0% 68 77
5番人気 7.3% 24.8% 73 72
6番人気 4.8% 22.4% 69 76
7番人気 3.9% 15.5% 66 64
8番人気 2.7% 17.4% 57 90
9番人気 2.7% 14.3% 63 99
10番人気 1.2% 7.4% 34 56
11番人気 5.2% 13.0% 290 129
12番人気 3.0% 9.0% 114 87
13番人気 0.0% 4.2% 0 46
14番人気 0.0% 6.5% 0 80
15番人気 0.0% 6.3% 0 136
16番人気 0.0% 14.3% 0 238
17番人気
18番人気

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

クラス別集計

クラス 勝率 複勝率 単回値 複回値
新馬
未勝利 11.8% 35.7% 97 90
500万下 8.3% 26.8% 62 77
1000万下 11.4% 32.0% 79 90
1600万下 8.4% 23.2% 58 64
OPEN特別 9.5% 29.5% 65 60
G3 7.7% 22.0% 75 86
G2 4.1% 20.4% 67 67
G1 8.8% 17.6% 36 68

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

場所別集計

場所 勝率 複勝率 単回値 複回値
札幌 9.6% 31.5% 74 73
函館 5.0% 30.0% 75 79
福島 8.1% 21.6% 41 46
新潟 8.6% 25.7% 37 71
東京 13.1% 30.5% 74 80
中山 7.9% 27.3% 45 66
中京 8.7% 31.1% 50 86
京都 8.3% 31.3% 64 88
阪神 11.1% 31.5% 128 97
小倉 11.4% 31.4% 123 101

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

距離別集計

距離 勝率 複勝率 単回値 複回値
1800m 9.6% 30.1% 83 69
1900m
2000m 11.4% 37.6% 53 96
2100m
2200m 9.4% 21.9% 91 52
2300m 0.0% 100.0% 0 430
2400m 23.8% 38.1% 207 91
2500m 12.5% 37.5% 163 157
2600m 14.3% 28.6% 60 50
2800m
3000m 0.0% 0.0% 0 0
3200m
3400m 0.0% 0.0% 0 0
3600m

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

馬場状態別集計

馬場状態 勝率 複勝率 単回値 複回値
芝・ 良 10.2% 29.9% 75 82
芝・稍重 6.9% 27.1% 41 70
芝・ 重 9.5% 27.4% 173 97
芝・不良 16.7% 38.9% 102 75

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

間隔別集計

間隔 勝率 複勝率 単回値 複回値
連闘
2週 7.9% 31.1% 67 75
3週 12.5% 36.3% 80 89
4週 12.6% 31.8% 77 80
5~ 9週 10.0% 25.9% 85 75
10~25週 6.4% 24.8% 62 84
半年以上
初出走他
不明・他
明け2戦 12.2% 29.0% 80 68
明け3戦 8.4% 25.9% 62 73
明け4戦 13.5% 29.1% 104 70
明け5戦 7.7% 29.7% 43 89
明け6~ 6.0% 28.8% 39 84

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前走脚質別集計

前走脚質 勝率 複勝率 単回値 複回値
平地・逃げ 12.5% 27.2% 105 82
平地・先行 10.8% 36.4% 65 82
平地・中団 9.3% 26.9% 85 79
平地・後方 6.3% 20.9% 58 77
平地・マクリ 14.3% 14.3% 48 20
3F 1位 11.1% 33.3% 44 72
3F 2位 19.0% 42.9% 71 89
3F 3位 13.6% 35.2% 77 86
3F ~5位 9.7% 33.4% 67 86
3F 6位~ 7.6% 24.9% 83 78

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前走クラス別集計

前走クラス 勝率 複勝率 単回値 複回値
同クラス 9.7% 28.7% 79 81
昇級戦 9.9% 29.6% 60 75
降級戦 10.8% 43.0% 34 99

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前走距離別集計

前走距離 勝率 複勝率 単回値 複回値
同距離 10.2% 31.0% 57 70
±200以内 10.5% 30.6% 73 80
±400以内 9.9% 30.0% 76 82
±600以内 9.8% 29.5% 74 81
今回延長 8.9% 28.5% 114 100
今回短縮 9.9% 27.7% 65 81
500m以上延長 3.4% 13.8% 45 75
500m以上短縮 3.7% 7.4% 19 20

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前走馬場状態別集計

前走馬場状態 勝率 複勝率 単回値 複回値
ダ→芝 5.9% 18.3% 164 90

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25


ショウナンアデラが引退!産駒への期待や血統から導く可能性は?

(C)馬空

2014年に阪神ジュベナイルフィリーズ(GI/阪神芝外回り1600m)を制して2歳女王に輝いたショウナンアデラ(牝5)が競走馬登録を抹消し、引退が決まった。

今後は北海道日高町のクローバーファームで繁殖牝馬となる予定だ。

ショウナンアデラの血統や繁殖牝馬としての素質、産駒への期待はどういったものなのだろうか?

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

ディープインパクト
オールウェイズウィリング
母の父 ElusiveQuality
母の母 AlwaysLoyal
性別
馬齢 5歳
生年月日 2012年2月10日
毛色 鹿毛
馬主 国本哲秀
調教師 二ノ宮敬宇(美浦)
生産牧場 下河辺牧場
産地 日高町
馬名意味 冠名+人名より

賞金

総賞金 84,175,000
内付加賞 1,575,000
収得賞金(平地) 20,750,000
収得賞金(障害) 0

血統評価は?

ショウナンアデラはディープインパクト×Elusive Qualityという血統。典型的なディープインパクトの成功配合だ。

母系を見てみると、比較的仕上がりが早い血脈であることが分かる。

父Elusive Qualityは仕上がりの早いミスプロ系種牡馬。母母のAlways Loyalはフランス1000ギニー(桜花賞に相当)の勝ち馬だ。早い段階で活躍できるだけの素質を持った馬だった、と言える。

実際、阪神ジュベナイルフィリーズはクラシック血統×早熟血統という配合の馬が走りやすいレースとして知られている。ショウナンアデラにとって、最高の舞台で、最高の勝ち方ができた、と言えるわけだ。

繁殖牝馬としての可能性と、産駒への期待

父ディープインパクト、母父ミスプロ系ということで、配合できる種牡馬の幅はそれほど多くない。ただでさえ体質があまり強くないだけに、あまり血が濃くなりすぎるのは避けたいところ。現実的にはノーザンダンサー系種牡馬と交配するのがベターではないか。

「つけられる種牡馬の選択肢に限りがある」と書くとあまり良い印象を抱かないかもしれないが、強い仔を産む可能性は十分にあるのではないだろうか?

なぜなら、母母Always Loyalだけでなく、その母のBalbonellaもフランスGIロベールパパン賞の勝ち馬であり、フランスで発展してきた名牝系なのだ。さらにAlways Loyalの半兄アナバーは種牡馬としても大成功を収めている。

ショウナンアデラ自身が2歳GIを勝っているわけで、能力の高さに疑いの余地はない。

「名牝系×能力が高い」という、繁殖牝馬としてこれ以上ない素質を持っているわけだ。

母と同じように、仔が再びGIの舞台で輝くシーンが待たれる。

全競争成績・結果

日付 レース名 人気 着順
170401 ダービーHG3 9 16
160724 福島テレ 3 6
160515 ヴィクトG1 11 16
141214 阪神ジュG1 5 1
141122 からまつ500* 1 1
141012 未勝利・牝* 1 1
140803 新馬 1 2

集計期間:2014. 8. 3 ~ 2017. 4. 1


ステイゴールド産駒の特徴は?血統の傾向や距離適性、買い方ガイド


ここではステイゴールド産駒(子ども)の特徴について書いていきます。

種牡馬としてどのような特徴を持っているのか?血統や実際の産駒の成績、性別(牡馬/牝馬)、馬場適性(重馬場、道悪)、距離適性(長距離/中距離/短距離)、ダート適性など、様々なデータから“買い時”を紐解いていきます。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
母の父 デイクタス
母の母 ダイナサツシユ
性別
馬齢 8歳
生年月日 1994年3月24日
毛色 黒鹿毛
馬主 (有)社台レースホース
調教師 池江泰郎(栗東)
生産牧場 白老ファーム
産地 白老町
馬名意味  「いつまでも輝く」「輝き続ける」

賞金

総賞金 762,993,000
内付加賞 8,693,000
収得賞金(平地) 346,200,000
収得賞金(障害) 0

能力分析

能力値 評価
絶対能力 B
スピード B
パワー D
スタミナ A

ステイゴールド解説 ~ホームランか三振か、タフな条件に強い長距離砲~

現役時代は「なかなか勝てない馬」でした。「主な勝ち鞍:阿寒湖特別」とやゆされた時期もありました。

しかし、勝ちきれなかっただけで能力が低かったわけではありません。抜群の闘争心を武器にGI戦線で活躍しました。その闘争心は種牡馬となってからも産駒に確実に受け継がれています。

種牡馬としての特徴といえば、とにかくタフな条件に強いこと。

ディープインパクトやキングカメハメハのような“エリート種牡馬”の産駒は疲労に弱かったり、飽きやすかったり、エリートっぽい弱点があります。一方、ステイゴールドはいわば叩き上げの成り上がり種牡馬です。昇級戦で相手が強くなると負けん気の強さを発揮し、馬群を苦にせず、重馬場で期待値を挙げます。

どんなに悪い条件でも諦めない。だから人々に愛されたのでしょうね。

そんな“愛さずにはいられない”馬の産駒たちの特徴を見ていきましょう。

産駒の特徴

・闘争心が持ち味。逆境に強い
・個体によって能力差が激しい
・クラシック血統だが、穴馬基質がある
・パワーがないため、ダートはNG

“買い時”

・内枠に入った馬
・距離短縮馬
・重馬場、荒れ馬場(連続開催時)
・叩き3戦目以降

※考察で使用するデータは特別な注釈がない限り、以下が対象

・過去3年の芝レース
・3番人気以下、かつ単勝100倍未満の穴馬
・2〜5歳
・初出走、およびキャリア26戦以上を除外
・連闘、および半年以上の休み明けを除外

買い時① 内枠に入った馬

負けん気の強いステイゴールド産駒は内枠に入った時に真価を発揮します。

馬群に入って揉まれることを苦にしないどころか、「ジャマだ、ボケー!」と言わんばかりに実力以上の力を発揮してきます。

枠番 勝率 複勝率 単回値 複回値
1枠 4.3% 17.9% 126 71
2枠 6.7% 28.1% 77 110
3枠 8.0% 21.5% 99 78
4枠 5.3% 16.0% 39 75
5枠 7.5% 23.0% 101 88
6枠 3.6% 20.7% 52 72
7枠 5.1% 22.6% 54 77
8枠 4.4% 20.3% 54 90

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

内と外で好走率、回収値ともに大きな開きがあることが分かります。1枠の成績が低いですが、これは1枠が苦手というわけではありません。最近の傾向として、1枠は過剰人気になりがち。一方、詰まるリスクというのは常にある。詰まるリスクは変わっていないのに、人気になっているということで、1枠はあまり妙味がなくなっているんです。(ステイゴールドどうこうではなく、全体的な傾向として1枠の成績がよくなくなっている、という意味です)

ステイゴールドの内枠、特に2、3枠くらいに入ったら狙ってみるといいでしょう。

買い時② 距離短縮馬

前走より短い距離を走る場合、前走よりペースが厳しくなることがほとんどです。厳しい条件になってこそ真価を発揮するのがステイゴールド産駒ですから、当然距離短縮は絶好の買い時になります。

前走距離 勝率 複勝率 単回値 複回値
同距離 6.6% 21.7% 84 78
今回延長 4.6% 21.5% 53 82
今回短縮 5.4% 20.5% 84 92

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

複勝回収値は90オーバーと、標準以上の数字を記録しています。特に距離短縮馬が内枠に入った時は狙い目です。

枠番 勝率 複勝率 単回値 複回値
1枠 7.7% 25.6% 228 115
2枠 6.1% 15.2% 41 130
3枠 6.3% 21.9% 98 130
4枠 4.5% 20.5% 28 124
5枠 7.9% 21.1% 152 77
6枠 0.0% 28.0% 0 83
7枠 7.8% 21.6% 91 65
8枠 2.0% 14.0% 26 38

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.17

ご覧のとおりです。「距離短縮のステイゴールドが内枠に入った時は買い」と覚えておきましょう。

買い時③ 重馬場、荒れ馬場(連続開催時)

スタミナの問われる条件になってこそ、ステイゴールドは実力を発揮します。

好走率が上がっていることに加え、回収値が標準より大幅に高い。

良馬場時の成績より明らかに向上しています。さらに開催が進めば進むほど、期待値が上がります。

日次他 勝率 複勝率 単回値 複回値
初開催 5.3% 19.6% 64 77
連開催 6.6% 26.9% 105 101

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

連続開催時のほうが期待値が高いことがわかります。

買い時④ 叩き3戦目以降

もうステイゴールドという馬は本当にドMですね(笑)。エリートたちは休み明けの期待値が高いわけですが、ステゴ産駒は全く当てはまりません。

むしろ休み明けや叩き2戦目は期待値が低いんです。

間隔 勝率 複勝率 単回値 複回値
2週 4.1% 24.9% 48 98
3週 5.0% 19.9% 90 72
4週 9.0% 25.9% 101 91
5~ 9週 5.5% 21.4% 64 84
10~25週 4.9% 16.9% 63 76

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25
レース検索

間隔 勝率 複勝率 単回値 複回値
明け2戦 7.7% 24.8% 99 93
明け3戦 2.8% 20.0% 83 91
明け4戦 8.2% 27.6% 104 81
明け5戦 6.9% 25.9% 119 118
明け6~ 8.2% 22.4% 82 73

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

ご覧の通り、とにかく休み明けの期待値が低く、使われて良くなっていきます。

とにかくステイゴールドは厳しい条件で買い。反対に生ぬるい条件だとやる気が出ないので、嫌ったほうがいいでしょう。

予想に役立つデータ一覧(芝編)

ここではこの種牡馬に関わる産駒のデータ、傾向を一挙公開しています。予想の参考にお使いください。

※データは2014年1月1日〜2016年12月31日まで
※単勝100倍未満の穴馬は対象外
※新馬戦は対象外
※キャリア26戦以上の消耗した馬は対象外
※連闘、および半年以上の休み明けを対象外

年齢別集計

年齢 勝率 複勝率 単回値 複回値
2歳 8.8% 26.6% 57 77
3歳 10.0% 27.9% 77 82
4歳 10.7% 27.7% 89 73
5歳 9.7% 30.8% 90 102
6歳 16.2% 21.6% 101 54
7歳 0.0% 0.0% 0 0
8歳

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

馬体重別集計

馬体重 勝率 複勝率 単回値 複回値
~399kg 0.0% 12.5% 0 47
400~419kg 8.7% 22.6% 94 91
420~439kg 7.7% 25.8% 64 82
440~459kg 10.3% 27.2% 70 76
460~479kg 10.5% 29.7% 87 83
480~499kg 13.5% 31.2% 94 84
500~519kg 14.3% 37.4% 109 73
520~539kg 0.0% 33.3% 0 56
540~

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

枠番別集計

枠番 勝率 複勝率 単回値 複回値
1枠 12.1% 31.4% 104 83
2枠 12.2% 32.2% 83 97
3枠 10.1% 26.2% 92 74
4枠 9.0% 22.0% 52 69
5枠 10.2% 28.0% 93 82
6枠 8.8% 27.2% 57 67
7枠 9.5% 29.6% 57 78
8枠 9.2% 26.6% 93 93

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

馬番別集計

馬番 勝率 複勝率 単回値 複回値
1番 14.1% 31.5% 133 85
2番 10.6% 29.8% 66 75
3番 14.3% 36.0% 104 115
4番 7.7% 29.5% 34 70
5番 9.1% 29.4% 83 85
6番 12.0% 23.2% 110 68
7番 10.9% 27.7% 69 88
8番 8.3% 20.5% 47 49
9番 10.8% 31.8% 81 80
10番 9.3% 29.3% 54 88
11番 10.8% 32.3% 83 87
12番 6.8% 26.3% 60 66
13番 11.2% 24.3% 100 77
14番 6.6% 20.9% 55 60
15番 11.1% 27.8% 106 127
16番 8.5% 18.3% 133 64
17番 3.0% 27.3% 11 115
18番 0.0% 11.1% 0 72

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

人気別集計

人気 勝率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 36.7% 72.9% 91 98
2番人気 18.6% 48.6% 72 80
3番人気 13.0% 35.1% 77 67
4番人気 11.2% 35.5% 96 85
5番人気 7.0% 25.1% 76 73
6番人気 7.5% 23.8% 105 89
7番人気 3.2% 16.9% 67 80
8番人気 4.2% 17.5% 119 112
9番人気 5.7% 12.0% 152 79
10番人気 1.4% 7.5% 38 58
11番人気 1.0% 8.7% 18 76
12番人気 0.0% 6.1% 0 45
13番人気 0.0% 8.0% 0 114
14番人気 0.0% 4.0% 0 74
15番人気 0.0% 0.0% 0 0
16番人気 0.0% 0.0% 0 0
17番人気 0.0% 0.0% 0 0
18番人気

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

クラス別集計

クラス 勝率 複勝率 単回値 複回値
新馬
未勝利 9.5% 26.9% 76 79
500万下 10.0% 27.1% 78 76
1000万下 13.2% 32.3% 123 94
1600万下 12.9% 34.7% 67 80
OPEN特別 7.4% 24.1% 31 51
G3 7.8% 23.4% 69 91
G2 4.4% 28.9% 7 124
G1 7.7% 23.1% 48 74

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

場所別集計

場所 勝率 複勝率 単回値 複回値
札幌 9.9% 31.9% 110 80
函館 10.8% 27.7% 89 67
福島 9.9% 27.8% 102 78
新潟 10.6% 28.4% 77 78
東京 12.2% 31.5% 87 88
中山 11.2% 32.6% 72 93
中京 6.9% 20.2% 57 61
京都 10.2% 27.0% 88 81
阪神 8.5% 21.7% 54 67
小倉 7.6% 25.9% 74 93

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

距離別集計

距離 勝率 複勝率 単回値 複回値
1000m 0.0% 0.0% 0 0
1150m
1200m 6.0% 18.8% 55 89
1300m
1400m 9.0% 19.5% 79 82
1500m 14.3% 21.4% 258 75
1600m 9.1% 28.6% 75 87
1700m
1800m 11.0% 29.6% 85 78
1900m
2000m 9.6% 26.7% 74 79
2100m
2200m 9.9% 32.6% 99 99
2300m 0.0% 44.4% 0 133
2400m 13.2% 30.9% 77 59
2500m 11.1% 25.0% 48 43
2600m 11.0% 32.9% 64 78
2800m
3000m 40.0% 60.0% 66 144
3200m 66.7% 66.7% 536 190
3400m
3600m 0.0% 50.0% 0 120

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

馬場状態別集計

馬場状態 勝率 複勝率 単回値 複回値
芝・ 良 10.6% 28.9% 79 83
芝・稍重 7.8% 23.0% 87 70
芝・ 重 8.6% 21.9% 60 65
芝・不良 5.9% 41.2% 14 108

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

間隔別集計

間隔 勝率 複勝率 単回値 複回値
連闘
2週 7.1% 29.6% 50 89
3週 10.5% 28.1% 98 76
4週 13.1% 33.9% 82 84
5~ 9週 10.5% 27.7% 80 85
10~25週 8.5% 22.0% 74 73
半年以上
初出走他
不明・他
明け2戦 8.2% 25.1% 73 78
明け3戦 9.9% 29.3% 103 91
明け4戦 10.8% 31.9% 96 78
明け5戦 9.5% 31.0% 90 103
明け6~ 13.8% 32.7% 81 73

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前走脚質別集計

前走脚質 勝率 複勝率 単回値 複回値
平地・逃げ 8.8% 23.9% 75 58
平地・先行 12.9% 33.6% 104 102
平地・中団 10.5% 28.5% 74 79
平地・後方 7.4% 22.5% 69 72
平地・マクリ 8.6% 31.4% 23 50
3F 1位 15.3% 38.0% 86 76
3F 2位 14.0% 36.0% 87 82
3F 3位 10.0% 29.7% 62 73
3F ~5位 12.4% 30.3% 94 77
3F 6位~ 7.0% 22.0% 74 86

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前走クラス別集計

前走クラス 勝率 複勝率 単回値 複回値
同クラス 9.6% 27.3% 73 80
昇級戦 11.8% 29.4% 94 80
降級戦 18.3% 39.4% 167 110

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前走距離別集計

前走距離 勝率 複勝率 単回値 複回値
同距離 11.0% 29.6% 81 82
±200以内 10.3% 29.6% 78 86
±400以内 10.0% 28.4% 76 83
±600以内 10.0% 28.0% 78 81
今回延長 8.7% 26.1% 73 77
今回短縮 10.3% 27.5% 83 84
500m以上延長 10.0% 21.1% 96 49
500m以上短縮 14.0% 18.6% 152 63

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前走馬場状態別集計

前走馬場状態 勝率 複勝率 単回値 複回値
ダ→芝 6.3% 10.7% 100 66

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る