(C) Hideki Uchidate

“残念桜花賞”というレースをご存知だろうか?

桜花賞と同じ日に行われる3歳牝馬限定のオープン戦、忘れな草賞のことだ。「桜花賞に出られなかった馬たちが集まる残念なレース」という意味で“残念桜花賞”とやゆされて久しい。

だが、今年はやや様相が異なっている。“残念”というにはもったいない逸材が揃う楽しみなレースになっているのだ。

良血馬が集結

見渡す限り、とにかく良血馬が多い。まずはラインナップを見てもらおう。

ウォーターラボ

半兄サトノノブレス(菊花賞2着、日経新春杯など重賞2勝)、全兄ヒカルオオゾラ(エプソムCなど重賞で3度の2着)

エーティーロゼッタ

半姉フーラブライト(中山牝馬Sなど重賞2勝)

カゼルタ

母母ガゼルロワイヤル(英オークス2着)、半兄アドマイヤスピカ(OP馬)

フローレスダンサー

母ダンスインザムード(桜花賞などGI2勝)、半姉ダンスファンタジア(フェアリーS勝利)

ミッキークイーン

母ミュージカルウェイ(仏GIIドラール賞など重賞3勝)、全兄トーセンマタコイヤ(準OP馬)

ロカ

母母ウインドインハーヘア。ディープインパクトの姪

マダムウルル

半兄ホッコータルマエ(ダートGI8勝)

いかがだろうか? なかなかのメンバーだ。他にもパワーウーマンの半兄は平安ステークスの勝ち馬ヒラボクキングだったり、どの馬もなかなかの血統背景をしている。

またミッキークイーンやロカは惜しくも桜花賞に出走できなかったものの、出ていれば上位人気(は言いすぎだとしても、中穴人気)に支持されていた可能性もあるほどの馬だ。

“残念桜花賞”と呼ぶには豪華すぎる。むしろここからオークス馬や将来重賞で活躍する馬が生まれても不思議ではない。

今年は変に揶揄して呼ばず、純粋に良血馬たちの将来を楽しみにレースを見守ってみてはいかがだろうか?

おすすめの記事