武豊とディープインパクト産駒を刮目せよ!回収率100%を超える4つの条件とは?
(C)masakin0712

条件② 先行馬

武豊騎手とディープインパクトといえば最後方からの追い込みが印象的だ。しかし、ディープインパクトは突出した力を持っていたことであの競馬ができた。普通の競走馬には(たとえディープインパクト産駒だったとしても)あの競馬をしてコンスタントに好走するのは難しい。

だからこそ、先行馬のほうが期待値が高い。

前走4角5番手以内
(15−13−14−37)
勝率19%
複勝率53%
単勝回収値104
複勝回収値109

2回に1回は好走し、回収率も100を超えている。「ディープインパクトの先行馬は買い」と覚えておきたい。

条件③ 前走と違う距離

「前走同じ距離を使ったディープ」と、「前走違う距離を使ったディープ」では大きな差がでている。特に武豊騎手とのコンビの場合は顕著である。

前走同距離
(8−13−9−51)
勝率10%
複勝率37%
単勝回収値53
複勝回収値68

前走違う距離
(25−17−14−63)
勝率21%
複勝率47%
単勝回収値104
複勝回収値113

ご覧のように前走同距離の場合は標準より走っていないのに対し、違う距離を使っていた場合は明らかに成績がいい。「条件替わりで買い」と覚えておくといいだろう。

【次のページヘ】武豊×ディープ産駒の狙い目その④って?

おすすめの記事