【スプリンターズS2015】傾向と対策!予想の参考になるデータを公開
(C) Yusuke Tsutaya

脚質上り

平地・逃げ(3- 1- 0- 5/ 9)
平地・先行(3- 4- 3- 22/ 32)
平地・中団(3- 3- 3- 53/ 62)
平地・後方(0- 1- 3- 36/ 40)

逃げ馬が3勝を含む4連対。一方、後方から競馬を進めた馬は届いていない。前に行く馬を高評価するのが無難なようだ。

前走場所

札幌(1- 3- 2- 20/ 26)
函館(0- 0- 0- 10/ 10)
福島(0- 0- 0- 1/ 1)
新潟(0- 0- 0- 8/ 8)
東京(1- 0- 1- 6/ 8)
中山(0- 0- 1- 4/ 5)
中京(1- 1- 0- 10/ 12)
阪神(3- 4- 4- 41/ 52)
小倉(2- 0- 1- 5/ 8)
地方(0- 0- 0- 1/ 1)
海外(1- 1- 0- 10/ 12)

特に偏りは見られず。前走どこで走っていたか、よりも前走の内容を見たほうが良さそうだ。

前走距離

1000m(0- 0- 0- 6/ 6)
1200m(8- 8- 7- 92/115)
1400m(0- 0- 0- 5/ 5)
1600m(1- 1- 2- 12/ 16)
2200m(0- 0- 0- 1/ 1)

距離短縮馬は△。ほとんどが前走も1200mを使っている馬。やはり電撃6ハロンのスピード勝負だけに、前走で速い流れを経験した馬に分がありそうだ。

【関連記事】
ウリウリの血統や将来性は?CBC賞1着馬を徹底分析
ストレイトガールの血統・今後の展望は?Vマイルの覇者を徹底分析
反撃の狼煙!ハービンジャー産駒が3歳夏に躍進する3つの理由とは?
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない

おすすめの記事