レパードS(2015年)予想考察!ゴールデンバローズは復活を果たせるのか?
(C) Yusuke Tsutaya

ゴールデンバローズを待ち受ける強敵たち

結論から書くとユニコーンS以上に厳しい戦いを強いられるかもしれない。

理由はいくつかあるが、中でもメンバーレベルが決して低くない点が挙げられる。JRAの3歳ダート路線は整っていないため、使えるレースの選択肢が限られる。よって、素質馬が大挙して押し寄せてくる傾向にある。

レパードSにも世代のトップを争う馬たちが集結した。

ジャパンダートダービーでノンコノユメの2着となったクロスクリーガー、同3着のラッキープリンス、ユニコーンSでゴールデンバローズに先着したノボバカラとアルタイル、さらに前走古馬を一蹴したカラパナビーチなどが集う。

ゴールデンバローズはこの中に入っても実力上位であるものの、簡単に勝てる相手ではないはずだ。

さらにもう一つ、気になる点がある。

3歳で海外遠征を経験した馬が“謎の不振”や故障に見舞われるケースが多い点だ。

最近でいえばハープスターが引退に追い込まれ、キズナは故障が続いている。ディープブリランテにしても、引退レースが海外という自体になってしまった。

体ができあがっていない3歳時の海外遠征は競走馬にとって大きな負担になる。ゴールデンバローズも“海外遠征を余波”に見舞われて不振に陥ってもなんらおかしくないわけだ。

果たしてゴールデンバローズは復活を果たせるのか? そう願いたいものの、今回のシチュエーションを考慮すると、決して簡単ではなさそうだ。

【関連記事】
小倉記念(2015年)でベルーフが抱える血統的な期待と不安を予想!
アストラエンブレムの血統や将来性は?素質馬のパフォーマンスは重賞級か
シルバーステートの血統や将来性は?重賞級な理由とGI馬になりきれないワケ
藤田伸二騎手の苦境!成績低迷の原因と現在地とは?チラつく引退の二文字
彼女欲しけりゃペルーサになれ!稀代の愛され馬から学ぶ4つのモテテク

おすすめの記事