(C) Yusuke Tsutaya

ヒヤシンスステークスを快勝してUAEダービーで3着となり、“世代最強”の呼び声高かったゴールデンバローズ(牡3)。しかし、前走のユニコーンステークスで4着となり、将来に暗雲が立ち込めてきた。

JRAの3歳ダート路線における最後の重賞レパードステークスは彼にとって“試金石”となる。

果たして、ゴールデンバローズは復活を遂げることができるのだろうか?


そもそもなぜ負けたのか?

そもそもヒヤシンスSをぶっちぎって勝ち「世代に敵なし」と言われたのに、なぜユニコーンSで馬券に絡めなかったのか?

大きな理由の一つは「海外帰り」という障害にあった。

ゴールデンバローズがユニコーンSでまさかの惨敗!海外競馬後の厳しい現実とは?

上記の記事より抜粋。

帰国初戦というのはとてもむずかしい。

2010年以降、海外遠征を追えて帰国初戦となった馬たちの成績を見てみよう。

(14−10−8−79)
勝率13%
複勝率29%

この数字を見ると決して低くくないし、むしろ勝率は標準以上といえる。

ただし、ここにはブエナビスタやオルフェーヴルといった稀代の名馬が含まれている。例えばここからGI馬をすべて取り除くと、面白い結果が見えてくる。

(1−3−3−15)
勝率4%
複勝率33%

ご覧のとおり、20頭以上走って帰国初戦で勝った馬は1頭しかいないのだ。

抜粋、以上。

ゴールデンバローズは圧倒的1番人気ながら4着に終わった。それほど海外帰り初戦というのは難しいのだ。

では、ゴールデンバローズは復活を遂げることができるのだろうか?

【次のページヘ】復活Vが簡単ではない2つの理由とは?

おすすめの記事