宝塚記念2017の予想データ分析…5つの消しで好走率5割、回収率270超

(C)MAZIMICKEY

今週は阪神競馬場で春競馬の総決算・宝塚記念(GI/芝内回り2200m)が行われる。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?

ポイント1 極端な人気薄は消し!

春のグランプリというだけあって、基本的には上位人気馬で決着する。二桁人気馬が台頭することはほとんどない。

人気 着別度数
1番人気 2- 4- 2- 2/ 10
2番人気 2- 2- 1- 5/ 10
3番人気 1- 1- 2- 6/ 10
4番人気 0- 0- 1- 9/ 10
5番人気 1- 1- 0- 8/ 10
6番人気 2- 0- 1- 7/ 10
7番人気 0- 0- 0- 10/ 10
8番人気 2- 0- 1- 7/ 10
9番人気 0- 1- 0- 9/ 10
10番人気 0- 1- 0- 9/ 10
11番人気 0- 0- 2- 8/ 10
12番人気 0- 0- 0- 9/ 9
13番人気 0- 0- 0- 8/ 8
14番人気 0- 0- 0- 8/ 8
15番人気 0- 0- 0- 6/ 6
16番人気 0- 0- 0- 6/ 6
17番人気 0- 0- 0- 3/ 3
18番人気 0- 0- 0- 1/ 1
人気 勝率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 20.0% 80.0% 59 106
2番人気 20.0% 50.0% 100 78
3番人気 10.0% 40.0% 67 73
4番人気 0.0% 10.0% 0 19
5番人気 10.0% 20.0% 113 67
6番人気 20.0% 30.0% 278 94
7番人気 0.0% 0.0% 0 0
8番人気 20.0% 30.0% 629 188
9番人気 0.0% 10.0% 0 81
10番人気 0.0% 10.0% 0 64
11番人気 0.0% 20.0% 0 231
12番人気 0.0% 0.0% 0 0
13番人気 0.0% 0.0% 0 0
14番人気 0.0% 0.0% 0 0
15番人気 0.0% 0.0% 0 0
16番人気 0.0% 0.0% 0 0
17番人気 0.0% 0.0% 0 0
18番人気 0.0% 0.0% 0 0

ただし、阪神芝内回り2200mという特殊なコースで行われるため、中波乱は起こりやすい。昨年も伏兵マリアライトがドゥラメンテとキタサンブラックを下した。上位人気馬を倒せそうな穴馬をピンポイントで見つけられるかどうかが一つのポイントとなりそうだ。

※以下、10番人気以内を対象に集計

ポイント2 天皇賞春組は消し!

前走天皇賞春組が全くダメ、というわけではない。

実際、過去10年のうち、4年では前走天皇賞春組が宝塚記念を制している。

しかし、論点はそこではない。

注目すべきなのは、好走馬がいる割に回収率が高くない点だ。

前走レース名 着別度数
天皇賞春G1 4- 3- 2-22/31
勝率 複勝率 単回値 複回値
12.9% 29.0% 51 60

単復ともに回収率は60パーセント以下だ。11番人気以下を切り捨てていることを考えると、非常に低い数字と言っていいだろう。

なぜこういった現象が起きているかというと、単純に出走馬が多い以外に2つのことが考えられる。

・天皇賞春で好走した馬は単純に人気になりやすい
・天皇賞春で敗れた馬は敗因を「距離」と結論付けられやすい。このため、距離短縮となる宝塚記念では大して人気落ちしない。むしろ穴人気になることも

よって、宝塚記念では天皇賞春組以外を狙ってみたほうが“おいしい”のだ。

なお、過去10年で前走天皇賞春組が馬券圏内を独占したことは一度もない。

ポイント3 前走惨敗した馬は消し!

宝塚記念は春競馬の総決算だ。となると、やはり好調馬が順当に好走してくることが多い。少なくとも前走惨敗しているような馬にチャンスが訪れることはめったにない。

前走着差 着別度数
勝2.0~ 0- 0- 0- 0/ 0
勝1.0~1.9 0- 0- 0- 0/ 0
勝0.6~0.9 0- 1- 0- 2/ 3
勝0.3~0.5 2- 0- 0- 4/ 6
勝0.1~0.2 1- 1- 2- 7/ 11
勝0.0 0- 2- 2- 11/ 15
負0.0 1- 3- 0- 7/ 11
負0.1~0.2 0- 1- 3- 11/ 15
負0.3~0.5 4- 0- 0- 25/ 29
負0.6~0.9 1- 1- 2- 22/ 26
負1.0~1.9 1- 0- 0- 19/ 20
負2.0~2.9 0- 0- 0- 3/ 3
負3.0~3.9 0- 0- 0- 2/ 2
負4.0~ 0- 0- 0- 1/ 1
前走着差 勝率 複勝率 単回値 複回値
勝2.0~
勝1.0~1.9
勝0.6~0.9 0.0% 33.3% 0 56
勝0.3~0.5 33.3% 33.3% 866 196
勝0.1~0.2 9.1% 36.4% 102 136
勝0.0 0.0% 26.7% 0 41
負0.0 9.1% 36.4% 228 128
負0.1~0.2 0.0% 26.7% 0 58
負0.3~0.5 13.8% 13.8% 103 26
負0.6~0.9 3.8% 15.4% 11 118
負1.0~1.9 5.0% 5.0% 16 9
負2.0~2.9 0.0% 0.0% 0 0
負3.0~3.9 0.0% 0.0% 0 0
負4.0~ 0.0% 0.0% 0 0

前走2秒以上負けた馬はノーチャンス。0.6秒でも厳しい。今回は0.5秒負けまでをボーダーラインとしていこう。

ポイント4 前走後方一気は消し!

宝塚記念で人気薄が穴を開けるパターンは決まっている。

ずばり「先行粘り込み」である。

よって、後方から競馬をするような馬がなかなか穴を開けられない傾向にある。

前走脚質 着別度数
平地・逃げ 1- 0- 2- 4/ 7
平地・先行 2- 4- 1-22/29
平地・中団 3- 2- 3-22/30
平地・後方 2- 2- 1-13/18
平地・マクリ 1- 0- 0- 2/ 3
前走脚質 勝率 複勝率 単回値 複回値
平地・逃げ 14.3% 42.9% 161 181
平地・先行 6.9% 24.1% 177 83
平地・中団 10.0% 26.7% 154 64
平地・後方 11.1% 27.8% 32 74
平地・マクリ 33.3% 33.3% 96 46

「前走前々で競馬をした馬」が好成績を残していることが分かる。後方から競馬をする馬は評価を下げたほうが良さそうだ。

ポイント5 休み明けの馬は消し!

繰り返しになるが、宝塚記念は春競馬の総決算だ。

春競馬を順調に使ってきた馬が、最後の勝負として選ぶレースである。天皇賞春から進んでくる馬もそうだし、宝塚記念を最大目標とするなら安田記念や鳴尾記念をステップに参戦してくる馬もいる。

一つ確かなことは、ここに休み明けで臨んでくるような馬は順調に使えてこなかった可能性が高く、いい成績を残すことが難しいということだ。

間隔 勝率 複勝率 単回値 複回値
連闘
2週 0.0% 0.0% 0 0
3週 6.3% 31.3% 88 124
4週 15.8% 31.6% 263 76
5~ 9週 12.8% 31.9% 128 85
10~25週 0.0% 12.5% 0 14
半年以上 0.0% 0.0% 0 0

ご覧の通り、休み明けの馬は17頭走って馬券に絡めたのは1頭のみ。ここでは評価を落としたほうが良いだろう。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?
レース検索

着別度数
6- 5- 4-14/29
勝率 複勝率 単回値 複回値
20.7% 51.7% 374 180

なんと、好走率は50%超、回収率も270%オーバーという極めて優秀な成績となっている。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。



この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る