中山記念2019の予想オッズ・人気と注目の出走予定馬は?JRA重賞展望
(C)Arappa

2019年2月24日、中山競馬場で中山記念(GⅡ/芝1800m)が行われる。今回は日程や出走時間などのレース概要、注目の出走馬(出走予定登録馬)、想定される人気と予想オッズを見ていく。

ディアドラ、スワーヴリチャード、ステルヴィオ、エポカドーロらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

なお、競馬TIMESでは今後、当重賞を徹底的に検証していく。データ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

まずは出走予定馬の一覧と、勢力図(想定オッズ・人気)を確認していこう。


中山記念2019の日程・時間・賞金

2019年2月24日 15:45

2回中山2日目 4歳上 サラ4歳上オープン
芝1800m (右)
本賞金:6200、2500、1600、930、620万円

注目の出走予定馬(登録馬)

ここからドバイor大阪杯へ、ローテーション的に向かいやすいということもあり、毎年豪華メンバーになるGⅡ中山記念。今年もGⅠ馬5頭が出走する豪華メンバーとなった。中でも昨秋完全に本格化を迎えた印象のある牝馬ディアドラが人気の中心か。

昨夏のクイーンSでは後方から大外をマクリながら上がり最速(33.5)で突き抜けるという衝撃的な強さでフロンテアクイーン、ソウルスターリングといった同路線の実績馬を完封した。続く府中牝馬Sも最後方から大外を差し込むレースで、これまた上がり最速、32.3という異次元の末脚を見せた。完全に封じた2着のリスグラシューがその後のエリザベス女王杯を制し、続く香港ヴァーズでも僅差の2着としたことから考えても、同世代・同路線の牝馬では1枚抜けている印象がある。

前走の香港カップは2着だったが、ペースを鑑みると少し仕掛けが遅く、またコース取りも大味な追い込みの競馬になってしまった。ルメール騎手がそれだけこの馬の力を信用していたということではあるが、流石に相手も強く、勝ったグロリアスフォーエヴァーに僅か届かなかった。それでも末脚の破壊力は世界レベルでも間違いない印象で、牡馬相手のここでも期待ができる。結果を出してドバイターフでアーモンドアイとの激突が見たいところ。

同じくこのレースの後にドバイ(ドバイSC)を見据えるスワーヴリチャードが続く。

昨春の大阪杯でGⅠ初制覇を果たし、驚きのマイル参戦となった安田記念でも激流に対応して3着と好走した同馬。それだけに秋シーズンの緒戦・天皇賞秋でも2番人気の支持を集めたが、まさかの出遅れから戦意喪失でデビュー以来最低着順の10着と大敗を喫してしまった。

陣営の立て直しの効果もあり、前走のジャパンカップは3着と巻き返した。アーモンドアイ、キセキの上位2頭にこそ離されたが、この馬もかつての日本レコードを更新する猛時計で走破しており十分なパフォーマンスだったのは間違いない。それでも、最後末脚が若干鈍ってしまったのはやはり距離か。ベストは1800―2200mの中距離であり、久々となるがこの距離なら実績的にも恥ずかしいレースはできない。

昨秋のマイルCSで悲願のGⅠ初制覇を成し遂げた明け4歳のステルヴィオにも注目だ。

春シーズンこそ皐月賞、ダービーともに人気を集めながら結果が出なかったものの、秋は距離短縮で毎日王冠2着、そして前走のマイルCS制覇と結果が出た。ある程度位置をとって好位からパワフルに伸びるレースは父・ロードカナロアを彷彿とさせるものがあり、父同様に距離はマイルぐらいまでが良いのだろう。今回はデビュー以来始めて日本人騎手(丸山騎手)が手綱を取る点が気になるが、それほど乗り難しいタイプではなく、先週の小倉大賞典も制して波に乗っている丸山騎手には思い切った手綱捌きを期待したいところ。

昨年の皐月賞馬エポカドーロも復権をかけてこのレースに挑む。昨秋の神戸新聞杯は出遅れが響いて5着、菊花賞は好位ノインで位置的には悪くない競馬ができたものの8着と結果が出なかった。父こそ三冠馬オルフェーヴルであるが、母のダイワパッションはスプリンター。本質的にはクラシックディスタンスよりは短い距離が向くのかもしれない。1800mでは既にスプリングS2着(勝ち馬は上述のステルヴィオ)の実績があり、中山コースはなんと言っても皐月賞を制している実績がある。距離短縮でもう少しペースを上げた強気の先行策なら一発があってもいい。

他には、昨年の勝ち馬でとにかく中山コースのGⅡまでなら崩れないウインブライト、地方馬ながら前走のジャパンカップではかつての日本レコードに並ぶ時計で走ったハッピーグリン、一昨年の2歳女王ラッキーライラック、伊藤正徳厩舎のラストランで果敢の挑戦をするトータルソッカーなどが出走を予定している。

登録馬は以下の通り。

ウインブライト 牡5 松岡騎手 畠山厩舎
エポカドーロ 牡4 戸崎圭騎手 藤原英厩舎
シベリアンスパーブ 牡10 ○○騎手 堀井厩舎
ステルヴィオ 牡4 丸山騎手 木村厩舎
スワーヴリチャード 牡5 Mデムー騎手 庄野厩舎
ディアドラ 牝5 ルメール騎手 橋田厩舎
トータルソッカー 牡5 柴田善騎手 伊藤正厩舎
トルークマクト 牡9 ○○騎手 尾関厩舎
ハッピーグリン 牡4 ミナリク騎手 田中淳厩舎
フィールドシャルム 牡6 ○○騎手 土田厩舎
マイネルサージュ 牡7 津村騎手 鹿戸厩舎
マルターズアポジー 牡7 ○○騎手 堀井厩舎
ラッキーライラック 牝4 石橋脩騎手 松永幹厩舎

想定人気・予想オッズ

5番人気 ウインブライト 5倍
2番人気 エポカドーロ 3.9倍
11番人気 シベリアンスパーブ 728.3倍
3番人気 ステルヴィオ 3.9倍
4番人気 スワーヴリチャード 4.1倍
1番人気 ディアドラ 2.8倍
10番人気 トータルソッカー 386.2倍
12番人気 トルークマクト 1610.4倍
7番人気 ハッピーグリン 83.7倍
13番人気 フィールドシャルム 2073.5倍
9番人気 マイネルサージュ 285.8倍
8番人気 マルターズアポジー 226.4倍
6番人気 ラッキーライラック 10.7倍

文=場末太郎(競馬TIMES編集部)

おすすめの記事