マイネルバサラがブロードアピール級に見えたカラクリを解き明かす

6月21日に東京競馬場で行われた新馬戦(ダート1400m)でシニスターミニスター産駒のマイネルバサラ(牡2)がデビュー勝ちを飾った。

道中、後方から競馬を進めたマイネルバサラは絶望的と思われた位置からぐんぐん加速し、先行馬を捉えきった。豪快な差し脚だったため、「ブロードアピール級」と話題となっている。

●JRA公式レース動画→東京6R

ただし、レースのラップを見てみると、その“カラクリ”が一目瞭然で分かることをお伝えしておきたい。

“ブロードアピール級”のカラクリ

まずはラップを見ていただこう。

12.7-10.9-11.6-12.0-12.4-12.9-14.1

逃げて3着に粘ったクリムゾンバローズは残り200m地点まで先頭だった。よって、ラスト1ハロンまでは「レースラップ=クリムゾンバローズのラップ」ということになる。数字の推移を見ると、前半から速い脚を使っていたことが分かる。そして4ハロン目からどんどん減速し、ラスト2ハロン目にはほぼ13秒台まで落ちた。

そこから1ハロンはほぼノーフォロワー(2着)のものであるが、バテた逃げ馬を差した馬のラップがなんと14秒台だった。つまり、先行勢はバテバテだったのだ。

だからこそ、マイネルバサラが伸ばした末脚が届いたといえる。

事実、マイネルバサラはこれだけ豪快に差したように見えて上がり1位ではない。上がり1位は37.1秒を使ったナンヨーファミユ(5着)。マイネルバサラの上がり3ハロンが37.9秒だから、0.8秒も速い末脚を使ったことになる。

“ブロードアピール級”に見えた脚より0.8秒も速いなら、その馬が勝ち馬になっているはず。しかし、現実には5着に甘んじている。

つまり、このブロードアピール級の末脚は「先行勢の失速が招いた目の錯覚」のようなものだったのである。

血統評価は?

マイネルバサラは父シニスターミニスター、母サザンレイスター、その父サザンヘイローという血統をしている。

シニスターミニスターはインカンテーションやダブルスターといったダートの重賞ウィナーを輩出している。ただし、母は中央未出走、母母のレディプロフィールも中央で未勝利と、母系にスケール感は感じられない。

競走内容と血統を見ると、過度な期待を寄せるのは酷というものだ。次走、仮に人気になるようなら「嫌って妙味あり」ということができそうだ。

【関連記事】
メドウラークがタニノギムレットの代表産駒へ?成長力秘めた血統に集まる期待
スマートノエル&武豊騎手が2.6秒差で圧勝!生粋のダート血統も過信は禁物?
超良血馬プロディガルサンが新馬戦を快勝!全兄リアルスティール
アルマククナが新馬勝ち!亡き父マイネルラブのラストクロップ
メジャーエンブレムやリリカルホワイトが新馬戦勝ち!血統と将来性を探る



清水佑樹

清水佑樹

投稿者プロフィール

2007年以降、年間プラス収支を継続。青田買いが趣味で2、3歳戦を得意としています。裏方ではありますが、競馬ライターとしても活動中。ここでは若駒たちの血統や将来性について書いていきます。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る