大健闘ではなく残念な5着!白毛馬ブチコに期待したからこそ残念がるワケ


(C)Mina Mina

一瞬、夢を見た――。

そんな競馬ファン、ブチコファンは多かったのではないだろうか?

6月21日に東京競馬場で開催されたユニコーンステークス(GIII/ダート1600m)で5着となった。直線半ばまでは重賞初制覇の夢を見られるようなレース運びだっただけに、レース後はブチコを称える声が相次いでいる。

とはいえ、ブチコファンではなく、1人の競馬ファンとして普通にブチコを本命にしていた身からすると、「大健闘」ではなく、「とてももったいない5着」と言いたくなってしまう。


ブチコはただのアイドルホースではない

まずブチコをただのアイドルホースと思っていた方々は認識を改めた方がいい。ブチコはフラットな1頭の競走馬として見ても、普通に強い。「GI級」とは言わないが、3歳限定の重賞で掲示板くらいなら普通に載れるだけの力はある。

例えば2走前(ユニコーンSの前走)を見てほしい。伏竜ステークスで上位に来た馬たちの“その後”が以下だ。

1着 クロスクリーガー 兵庫CS1着
2着 リアファル 兵庫CS2着
3着 アンヴァリッド 未出走
4着 タンジブル 好走歴なし
5着 ノンコノユメ 青竜S1着→ユニコーンS1着
7着 ホワイトフーガ 端午S、関東オークス1着
8着 カナパラビーチ 1000万条件1着

ご覧のとおり、タンジブル以外はその後のレースで大活躍している。ハイレベルなメンバーの集まりだったといっていい。そんな中に入り、ブチコは3着に0.1秒差の6着に入っていた。しかもスタートを失敗してやや後手を踏んだ中で6着に踏ん張ってみせた。

実力があったからこそ、上位と差がない競馬ができたのだ。


もう一度言う、ブチコをただのアイドルホースだと思っていた方は認識を改めた方がいい。

【次のページヘ】ブチコに波が来ていた?その理由とは……

ページ:

1

2

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る