中山記念2020の競馬予想分析!3つのデータから導く危険な人気馬
(C)yusukekeiba

2020年3月1日、中山競馬場で中山記念(GⅡ/芝1800m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるラッキーライラック、ダノンキングリー、ウインブライト、インディチャンプ、ペルシアンナイトらの中で危険なのはどの馬なのか。しっかり考察していこう。

過去10年のデータを参考にしていく。


中山記念の人気馬成績

過去10年のデータを見ると、1番人気は2勝、2着3着ともになし。1倍台前半はさすがに勝ったが、1倍台後半は1頭が着外に沈み、2倍台は6頭中5頭が着外に沈んだ。

中山巧者たちの戦いからドバイの前哨戦へ、レベルの高いレースが目立つが、チラホラと伏兵馬も来ていることは覚えておきたい。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 前走GⅠ出走馬の取捨選択

前走GⅠ出走馬(5- 5-3-25)
勝率 13.2% │ 複勝率 34.2%

スーパーGⅡの中山記念、前走がGⅡだった馬の成績があまり良くないとなると、GⅠを使った馬がいい成績を残すのは必然である。

今回該当するのはマイルチャンピオンシップ以来のダノンキングリーのみだが、2番人気5着コンマ4秒負けなら、来ても何ら不思議ではない。

問題は香港組だが、5頭中2頭が馬券に絡んだ。いずれも香港マイルを使っており、コンマ6秒負けまで。特に勝ち星などはいらない。

ただラッキーライラックは香港ヴァーズからの参戦で、デムーロ騎手に手が替わる。他の香港組はなんとかクリアする中、少し微妙なのが気になる。

予想参考データ② 関西馬の取捨選択

関東馬が強く、過去10年で8勝を挙げている。勝率も関西馬を凌駕しているが、頭数が少ないことや2着がやたら多いのもあって、連対率や複勝率はわずかに上回っている。

全てに当てはまるわけではないが、目立ったのは、前走重賞での勝利、もしくはGⅠの起用。ここがポイントになっている。

今年の関西馬は3頭だが、この中だと7着のインディチャンプとコンマ6秒負けのラッキーライラックが気になる。あとは中山がどうか。

予想参考データ③ 前目での決着

今年は9頭立てだが、少なくとも真ん中あたりで競馬はしたい。去年は11頭立てだが、4コーナー6番手のステルヴィオが上がり最速でも3着、クビとアタマ分、足りなかった。

マルターズアポジーの引退レース、武士沢騎手に手が戻るので、間違いなく逃げる。もしかすると大逃げになる可能性もある。そうなると、後ろは団子になり、より前で折り合いをつけた馬にチャンスがある。

休み明け、ダノンキングリーからすると、前目で競馬ができるか、少し不安がある。距離やコースに不安はないが、あとは休み明けがどう影響するか。

2020年の危険な人気馬は?

ウインブライトは人気になる見込みだが、ほぼすべてのレースで松岡正海騎手が騎乗してきた中、松岡騎手の落馬負傷の影響でミナリク騎手にスイッチ。強固な信頼関係のあるコンビからのスイッチはいくら名手でもマイナスになる。まして58キロのスーパーGⅡとなると、さすがに3連覇は厳しいか。中山記念の好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、インディチャンプは2つ目の消しデータに合致している。マイルで強いのは明らかで、58キロも大丈夫だろう。ただ、1800メートルになると戦績が鈍る。阪神競馬場での成績も微妙で、中山が合わない可能性も考えられる。

反対にダノンキングリーは危険なデータに一つも当てはまらない。不安はあるが、それは今年の上位人気馬すべてに当てはまる。距離もコースも申し分なく、56キロで出られるのが大きい。横山典弘騎手とは2戦目、前目に行ければチャンスは十分だろう。人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、ダノンキングリーと言えそうだ。

おすすめの記事