(C)MAZIMICKEY

2018年11月25日、東京競馬場でジャパンカップ(GⅠ/芝2400m)が行われる。アーモンドアイ、スワーヴリチャード、サトノダイヤモンド、シュヴァルグラン、キセキらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズの展望を振り返っていこう。


日程・概要

5回東京8日目 3歳上 サラ3歳上オープン
芝2400m (左)
本賞金:30000、12000、7500、4500、3000万円

出走予定馬・登録馬

今年の牝馬クラシック3冠馬アーモンドアイvs古葉牡馬の構図となった今回のジャパンカップ。近年の流れ通り外国馬の参戦も少なく、実質国内最強馬決定戦となっている。予想は割れそうなものの、人気としては斤量面での優位を含めアーモンドアイが1番手か。

桜花賞はほぼ殿から大外一気の豪快な追い込みでまずは1冠。ロードカナロア産駒ということもあり距離が懸念された2冠目のオークスは、それを払拭するような果敢な先行策で後続を完封した。そしてそのオークスからぶっつけで挑んだ3冠目の秋華賞。内回りで逃げ馬からかなり離れて後方、追い出してからいつもほどの反応がなく「お?」と思わされたのも束の間、エンジンが掛かってからは異次元の脚で桜花賞同様大外を突き抜けた。

ラッキーライラックをはじめとする2歳時からの勢力を桜花賞・オークスで完封。上がり馬も秋華賞で相手にしなかっただけに、完全に同世代の牝馬とは勝負付けが済んだ。問題は牡馬、そして古馬相手というところだろう。先週のマイルCSでも3歳馬(ステルヴィオ)が制したように、世代レベルは水準以上にありそう。唯一気になるのは、同世代の牝馬が同世代牡馬(NHKマイルCなど)や古馬相手(エリザベス女王杯)に結果が出ていないところか。それでも桜花賞やオークスのパフォーマンスは歴代のものと比べても特筆すべき内容であるのは事実。何より、ルメール騎手が「これまで乗った馬で一番強い」とメディアに言っているだけに、世代レベル云々は杞憂に終わりそう。

昨年のダービーでレイデオロの2着、そして今年の大阪杯を制し初G1制覇。そこから転戦した安田記念でも超高速時計+初マイルというかなり厳しい条件ながら3着と能力の高さを見せつけたスワーヴリチャードが、惨敗に終わった天皇賞からの巻き返しを狙う。

前走の天皇賞は出遅れが全てだろう。あまりゲートが安定しないタイプではあるが、偶然にも同じタイミングで立ち遅れた隣のマカヒキと衝突してしまったのが痛かった。二の脚がつかず後方からの追走になってしまい、ペースを考えると4角で万事休すの状況。直線はデムーロ騎手も流していた。レース自体でのダメージという点では心配することはなさそう。

しかし、気持ちの面ではどうだろうか。もともと、パワーと持続力の要求される大阪杯(2000m)からスピードとスタミナが要求される高速馬場の安田記念(1600m)への転戦で精神的にはかなりタフな春のローテーションだった。前走は出遅れ、鞍上が流していたとはいえ闘争心(加速)を見せるようなシーンがまったくなかったのだけは気になるところ。追い切りの動きを注視したい。

一昨年のグランプリホース、サトノダイヤモンドは前走の京都大賞典で久々の美酒。また完全復調まではどうかだが、モレイラ騎手も配して態勢は整った。

京都大賞典は今回も出走するウインテンダネスのつくったイーブンペースを早めにまくってそのまま押し切った。以前ほどのキレがまだない部分を京都の坂とマクリでカバーした川田騎手の好騎乗だったといえるのではないか。1度叩いて以前のキレがさらに戻れば東京2400m、本来の末脚を活かす競馬でも十分勝負になる実力はあるだろう。

昨年の覇者シュヴァルグランはボウマン騎手が騎乗停止で乗れないのは手痛いが、C.デムーロ騎手を確保できた。今シーズンは勝鞍に恵まれていないが、なかなか展開に恵まれていないレースが続いているのも確か。やはり理想は昨年のようにある程度流れるペースをパワーとスタミナでねじ伏せる形の差しで、スローペースにさえならなければといったところ。

昨年の菊花賞馬キセキは今秋復調気配を見せている。川田騎手とも手があっている印象で、前走の天皇賞は道中ペースアップし地力勝負に持ち込む形に逃げで3着。最後は目標になった分苦しくなったが、前走のような競馬ができれば今回も一発がありそう。

他にも、外国馬は日本でもおなじみのムーア騎手が騎乗するカプリ、F.ベリー騎手が騎乗するサンダリングブルーが来日。有力どころではマカヒキとミッキーロケットは体調面の都合で回避が決定している。あとは実績ではこのメンバーでも上位のサトノクラウン、素質は引けを取らないミッキースワロー、展開の鍵握りそうなウインテンダネスやノーブルマーズと言った伏兵も虎視眈々と一発を狙っている。

登録馬は以下の通りだ。

アーモンドアイ 牝3 ルメール騎手 国枝厩舎
ウインテンダネス 牡5 内田博騎手 杉山厩舎
カプリ 牡4 ○○騎手 オブライエ厩舎
ガンコ 牡5 ○○騎手 松元厩舎
キセキ 牡4 川田騎手 中竹厩舎
サウンズオブアース 牡7 田辺騎手 藤岡厩舎
サトノクラウン 牡6 Cデムー騎手 堀厩舎
サトノダイヤモンド 牡5 モレイラ騎手 池江厩舎
サンダリングブルー セ5 Fベリー騎手 ムニュイジ厩舎
シュヴァルグラン 牡6 ○○騎手 友道厩舎
スワーヴリチャード 牡4 Mデムーロ騎手 庄野厩舎
ノーブルマーズ 牡5 高倉騎手 宮本厩舎
ハッピーグリン 牡3 ○○騎手 田中淳厩舎
マカヒキ 牡5 武豊騎手 友道厩舎
ミッキースワロー 牡4 横山典騎手 菊沢厩舎
ミッキーロケット 牡5 ○○騎手 音無厩舎

想定・予想オッズ

1番人気 アーモンドアイ 1.6倍
11番人気 ウインテンダネス 97.9倍
8番人気 カプリ 37.9倍
13番人気 ガンコ 178.1倍
4番人気 キセキ 10.1倍
15番人気 サウンズオブアース 261.3倍
12番人気 サトノクラウン 105.8倍
3番人気 サトノダイヤモンド 5.1倍
14番人気 サンダリングブルー 245倍
5番人気 シュヴァルグラン 14.8倍
2番人気 スワーヴリチャード 4倍
10番人気 ノーブルマーズ 67.4倍
16番人気 ハッピーグリン 1307.3倍
6番人気 マカヒキ 18倍
9番人気 ミッキースワロー 46.5倍
7番人気 ミッキーロケット 20.8倍

おすすめの記事