新潟大賞典2018の競馬予想分析、結果発表!回収率約200のデータ該当馬とは?


(C)MAZIMICKEY

2018年5月6日、新潟競馬場で新潟大賞典(GⅢ/芝2000m)が行われる。トリオンフ、ステファノス、カレンラストショー、スズカデヴィアス、ハクサンルドルフ、トーセンマタコイヤ、ステイインシアトルらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

春の新潟開催唯一の重賞レースとして今も昔もこの時期に改修工事などで福島競馬場で行われた数回を除いて新潟競馬場で行われている名物ハンデ重賞が新潟大賞典だ。古くは1992年にメジロパーマーが新潟大賞典を勝った同じ年に春秋グランプリ(GⅠ・宝塚記念、GⅠ・有馬記念)を連覇して競馬ファンを驚かせたものの、どちらかというとローカル重賞という色合いが非常に強い。

 

2018年も従来の傾向通りの荒れた決着となるのか、2014年のように一転して人気サイドの決着となるのか。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

4つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。(対象データ:2008年~2017年に行われた新潟大賞典)


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 人気薄は消し!
ポイント2 母父・ニアークティック系・ナスルーラ系は消し!
ポイント3 ハンデ57kg超の馬は消し!
ポイント4 前走5着以下は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 極端な人気薄は消し!

主場開催の重賞がGⅠに直結するトライアルレースということもあって荒れる要素が少ないことも多い一方で、新潟大賞典はローカル開催のハンデ重賞らしく高配当となることが多いが、それでも単勝7番人気以下の極端な人気薄を検討の対象とすることは得策と言えない。

馬名人気予想オッズ
アウトライアーズ936.0
カレンラストショー827.6
ケントオー1266.8
シャイニープリンス13137.5
スズカデヴィアス46.1
ステイインシアトル725.9
ステファノス23.3
トーセンマタコイヤ620.2
トリオンフ12.5
ナイトオブナイツ1161.5
ナスノセイカン1053.6
ハクサンルドルフ510.0
ハッピーユニバンス14160.0
マイスタイル35.8
ラインルーフ16294.6
ロッカフラベイビー15180.2

人気薄・単勝7番人気以下の出走馬は……

アウトライアーズ
カレンラストショー
ケントオー
シャイニープリンス
ステイインシアトル
ナイトオブナイツ
ナスノセイカン
ハッピーユニバンス
マイスタイル
ラインルーフ
ロッカフラベイビー

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 母父・ニアークティック系・ナスルーラ系は消し

血統からポイントを探すと母父・ニアークティック系とナスルーラ系の出走馬の成績が奮わない。新潟大賞典では現在の日本種牡馬界の王道とも言えるロイヤルチャージャー系や競馬場・距離問わず比較的成績を残す万能型キングカメハメハに代表されるネイティブダンサー系などの成績が勝っていることを示している。

馬名母父・血統分類
アウトライアーズニアークティック系
カレンラストショーロイヤルチャージャー系
ケントオートゥルビヨン系
シャイニープリンスネイティヴダンサー系
スズカデヴィアスロイヤルチャージャー系
ステイインシアトルニアークティック系
ステファノスニアークティック系
トーセンマタコイヤニアークティック系
トリオンフロイヤルチャージャー系
ナイトオブナイツロイヤルチャージャー系
ナスノセイカンニアークティック系
ハクサンルドルフニアークティック系
ハッピーユニバンスロイヤルチャージャー系
マイスタイルネイティヴダンサー系
ラインルーフロイヤルチャージャー系
ロッカフラベイビーナスルーラ系

母父・ニアークティック系・ナスルーラ系の馬は……

アウトライアーズ
ステイインシアトル
ステファノス
トーセンマタコイヤ
ナスノセイカン
ハクサンルドルフ
ロッカフラベイビー

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 ハンデ57kg超の馬は消し!

ハンデ戦ということで斤量に注目すると、実績十分で重いハンデとなった馬が活躍するかというとそうでもなく、レースに出走する他馬との比較では普通か多少劣った能力とハンディキャッパーが判断した馬のほうが好走できていることがわかる。

馬名斤量
アウトライアーズ54
カレンラストショー54
ケントオー56
シャイニープリンス56
スズカデヴィアス56.5
ステイインシアトル57
ステファノス58
トーセンマタコイヤ54
トリオンフ57
ナイトオブナイツ54
ナスノセイカン55
ハクサンルドルフ55
ハッピーユニバンス51
マイスタイル55
ラインルーフ54
ロッカフラベイビー51

ハンデ57kgを超える馬は……


ステファノス

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 前走5着以下は消し!

最後に前走の着順からポイントを探ると、前走で実力が発揮できず、結果を残せなかった馬が、新潟大賞典で好走できる可能性は少なく4着以内に入った馬が確実に活躍するレースといえる。

馬名前走着順
アウトライアーズ12
カレンラストショー1
ケントオー9
シャイニープリンス11
スズカデヴィアス3
ステイインシアトル15
ステファノス4
トーセンマタコイヤ6
トリオンフ8
ナイトオブナイツ1
ナスノセイカン13
ハクサンルドルフ4
ハッピーユニバンス7
マイスタイル2
ラインルーフ6
ロッカフラベイビー7

前走5着以下の馬は……

アウトライアーズ
ケントオー
シャイニープリンス
ステイインシアトル
トーセンマタコイヤ
トリオンフ
ナスノセイカン
ハッピーユニバンス
ラインルーフ
ロッカフラベイビー

ここではこの馬たちが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

スズカデヴィアス
マイスタイル

今回の激走馬候補は2頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。



この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る