カテゴリー:競走馬コラム

サトノクラウンの血統や距離適正は?日本ダービー3着馬を徹底分析

(C)masakin0712

5月31日に東京競馬場で行われた日本ダービー(GI/芝2400m)は、1番人気のドゥラメンテが期待に応える圧勝で皐月賞に続く2冠を手にした。

3着に食い込んだのは、皐月賞6着から巻き返したサトノクラウンだった。堀厩舎ワンツーとはならなかったものの、1番人気を裏切った皐月賞からしっかりと立て直され、ダービーの舞台で意地を見せることができた。

サトノクラウンの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

サトノクラウンは父マルジュ、母ジョコンダ2、その父ロッシーニという血統。マルジュはラストタイクーン産駒で、現役時代はイギリスのマイルGIを1勝している。全姉のライトニングピールもスプリントGI馬と、短い距離での活躍が目立つため、距離不安の声もあった。

ただマルジュは欧州でフランスのヴェルメイユ賞(GI/芝2400m)を制したマイエマなど中距離GI馬を複数輩出している。

加えてマルジュの半姉サルサビルは現役時代、イギリスオークス(GI/芝2400m)とアイリッシュダービー(GI/芝2400m)、そしてヴェルメイユ賞を制した名牝である。クラシックディスタンスへの適性は決してないわけではなかったのだ。

秋のローテと不安材料

ただし、最後の直線でサトノラーゼンを交わし切れなかったあたり、2400mは少し長いのかもしれない。となれば秋は天皇賞あたりが有力か。血統表にサンデーサイレンスの血を一滴も持たずとも、ダービーレコードとなったこのレースで3着に来るのは能力がある証拠だ。古馬に混じっても有力馬の一頭であることは間違いない。

不安点を挙げるとすれば、早熟傾向にある血統ということか。サトノクラウンの全姉ライトニングピールはデビュー5戦目の2歳GIを圧勝したものの、その後は1戦もすることなく引退した。

父マルジュも3歳の6月にGIを勝ったが、その後の2戦は人気を大きく裏切り、そのまま引退している。サトノクラウン自身もデビュー2戦目で東スポ杯2歳ステークスを勝った馬だが、果たしてその成長力は――。そういった血統背景も考慮して、秋の走りに注目したい。

【関連記事】
サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性
ドゥラメンテの血統や菊花賞への適正は?日本ダービーの覇者を徹底分析
ドゥラメンテの凱旋門賞遠征に「NO」!2冠馬のベストローテとは?
怪物ドゥラメンテが2冠達成!ダービーを勝てた3つの勝因と将来性とは?
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る


ドゥラメンテの血統や菊花賞適正は?日本ダービーの覇者を徹底分析

(C)masakin0712

5月31日に東京競馬場で行われた日本ダービー(GI/芝2400m)は、1番人気のドゥラメンテが期待に応える圧勝で皐月賞に続く2冠を手にした。

今後は3冠を目指して菊花賞へ駒を進めるのか、得意の府中で古馬に挑戦するのか、あるいは凱旋門賞という夢をつかみにいくのか、注目される。

ドゥラメンテの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

ドゥラメンテは父キングカメハメハ、母アドマイヤグルーヴ、その父サンデーサイレンスという血統。祖母エアグルーヴ、曾祖母ダイナカールで、言わずと知れた超良血牝系である。

キングカメハメハ産駒によるダービー制覇は今回が初で、これまで12頭が出走して最高着順は10年のローズキングダムの2着だった。ダイナカールの一族にとってはエアグルーヴ以来となるクラシック制覇となった。

エアグルーヴの仔ルーラーシップをはじめとして、仕上がりの遅い血統として知られ、管理する堀調教師も「完成するのはまだ先」と語っている。視点を変えると、未完成にもかかわらず春のクラシック2戦でこのパフォーマンスを披露したことになる。実に末恐ろしい馬だ。

菊花賞はキンカメの鬼門?

気になるのは今後のローテーションだ。

キングカメハメハを考慮すると3000mの菊花賞は距離が長い可能性が高い。過去に菊花賞や天皇賞春といった3000m超のGIに出走したキングカメハメハ産駒の成績は(0-1-0-12)。断然人気ながら、菊花賞後、平地で1度も馬券に絡めなかったビッグウィークに敗れた10年菊花賞2着のローズキングダム以外は全て圏外に沈んでいる。

トゥザグローリー、トゥザワールドの兄弟も3000mでは距離の壁にぶち当たり、母系にダンスインザダークとトニービンとリアルシャダイという長距離に強い血を持つラブリーデイでさえ、距離の限界を露呈してきた。

このあたりはキングカメハメハの父であるキングマンボの血が遺伝しているのかもしれない。キングマンボは現役時代3つのGIを勝っているが、距離は全てマイルだった。そうなると、仮に菊花賞に進む場合は大きな鬼門を突破しなければ3冠を達成できないことになる。

ともかく現代日本競馬の結晶といっても差し支えのない超良血馬だ。今後の更なる成長と、レース振りから目が離せない。

【関連記事】
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴの血
ドゥラメンテの凱旋門賞遠征に「NO」!2冠馬のベストローテとは?
怪物ドゥラメンテが2冠達成!ダービーを勝てた3つの勝因と将来性とは?
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る
サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性


ドゥラメンテの凱旋門賞遠征に「NO」!2冠馬のベストローテとは?

(C)masakin0712

すべての3歳馬が目指す春の最大目標である日本ダービー(GI/東京芝2400m)を制して、ドゥラメンテ(牡3)は2冠馬となった。

圧倒的なパフォーマンスで称賛を集めるのと同時に、早くも秋の凱旋門賞遠征に期待する声が挙がっている。

しかし、今回はあえて凱旋門賞遠征に関して、反対の声を挙げたい。様々な事情を加味していくと、凱旋門賞遠征が“怪物”にとってベストローテと言えないことは明白だからだ。

日本人は凱旋門賞に盲目的すぎる

そもそも日本のホースマンやファンは凱旋門賞に盲目的すぎる。凱旋門賞は「世界ナンバーワンホース決定戦」と謳われているが、実際には「欧州3冠の一つ」、「欧州の秋中距離路線の総決算」という位置づけに過ぎない。

日本で凱旋門賞が「世界ナンバーワンホース決定戦」と言われるのは、競馬の本場である欧州に対するコンプレックスから来ているのだろう。

ただ、欧州馬が世界最強を誇ったのは昔の話だ。

今や日本の芝中距離馬は世界トップクラスの実力がある。実際、2014年の世界レーティング1、2位は日本馬のジャスタウェイとエピファネイアだった。また近年はジャパンカップで外国馬が日本馬に歯が立たない状況が続いている。

「凱旋門賞を勝てなければ日本が世界一になれない」というのは盲目的な考え方なのだ。

それでも凱旋門賞を勝ちたいというホースマンの夢を否定するつもりはない。私自身、いつの日か日本馬が凱旋門賞を勝つシーンを見たいと思っている。

しかし、何か大レースを勝ったり、衝撃的な勝ち方をしたりした時に「凱旋門賞」という選択肢が真っ先に浮かぶのは「盲目的」と言わざるを得ない。

2冠を達成したからといって、ドゥラメンテが凱旋門賞へ挑戦しなければならない理由など、どこにもないのだ。

3歳馬の海外遠征はリスクが大きい

これが最も凱旋門賞遠征を反対する理由だ。

近年、「斤量の軽い3歳馬でないと凱旋門賞を勝てない」という風潮が蔓延している。実際、13年はキズナが、14年はハープスターが3歳にして凱旋門賞遠征を敢行している。

しかし、3歳馬は成長途上にある。輸送に何十時間もかかり、環境が全く異なる海外への遠征は3歳馬にとって大きな負担となる。事実、3歳で海外遠征を経験した馬は、故障したり謎の不振に陥ったりするケースが多い。

シックスセンス
香港ヴァーズ後、1戦を挟んで屈腱炎となり引退

ソングオブウインド
香港ヴァーズ後、屈腱炎が判明して引退

シーザリオ
アメリカンオークス後、繋靭帯炎を発症して引退

ディープブリランテ
キングジョージ後、屈腱炎となり引退

キズナ
凱旋門賞後、2走後に骨折

ハープスター
凱旋門賞後、3走後に負傷して引退

前述のキズナやハープスターも故障を経験し、後者は引退に追い込まれている。すべての理由が海外遠征にあるとは思わないが、さすがに故障する確率の高さに目をつぶることはできない。

また、日本馬と凱旋門賞の歴史を振り返ると、2着に好走したエルコンドルパサー、ナカヤマフェスタ、そしてオルフェーヴルは古馬として挑戦していた。3歳馬のキズナは4着に、ハープスターは6着に負けている。

凱旋門賞が牝馬や3歳馬に有利というのは、あくまでも欧州馬に当てはまる話だ。日本馬は古馬が結果を出しているのだから「斤量の軽い3歳馬でないと凱旋門賞を勝てない」というのもまた盲目的な考えといえるかもしれない。

古馬になってからでも遅くない

ドゥラメンテはダイナカールやエアグルーヴの一族だ。近親にはルーラーシップやフォゲッタブルがいる。

この一族は基本的に晩成傾向にある。母アドマイヤグルーヴは牝馬クラシックを勝てず、初GIは3歳秋のエリザベス女王杯だった。エアグルーヴは古馬になってから秋の天皇賞を制し、年度代表馬に輝いた。

さらにルーラーシップは才能だけでダービー出走にこぎつけたが、完成したのは古馬になってから。初GIは5歳春の香港(クイーンエリザベス2世カップ)だった。フォゲッタブルにしても春のクラシックに間に合わず、開花したのは3歳秋の菊花賞(2着)だった。

つまり、ドゥラメンテもまだまだ伸びしろがあるのだ。むしろ血統的には古馬になってから楽しみなタイプである。

成長途上にある3歳の秋に負担の大きい海外遠征を行うと、馬の才能を潰してしまいかねない。秋は国内に専念し、馬体が完成してから海外遠征を行えばいい。ドゥラメンテほどの才能を持っていれば古馬まで待っても「斤量が重すぎて勝負にならない」なんてことはないはずなのだから。

ベストローテって?

では、ドゥラメンテにとって最高のローテーションとは何なのだろうか?

ずばり、秋古馬3冠への挑戦を期待したい。

2冠馬ということで、通常なら3冠を目指して菊花賞へ進むところだ。

ただし、菊花賞はキングカメハメハ産駒にとって“鬼門”といえるレースだ。キングカメハメハ産駒は長距離レースをめっぽう苦手として、菊花賞や天皇賞春は未勝利。ローズキングダムやトゥザグローリーが1番人気に支持されたが、どちらも人気を裏切っている。

そもそも近年は長距離GIの権威が下がってきているため、菊花賞を勝っても種牡馬としての価値が上がるわけではない。

そうなると、得意の東京競馬場で開催される天皇賞秋、ジャパンカップへと歩みを進め、余力があれば有馬記念へ向かうのがベストではないだろうか。

菊花賞に進むと天皇賞秋はもちろん、間隔の問題でジャパンカップに使えない可能性が高い(というかローテが厳しいため、馬の将来を考えると使うべきではない)。さらに古馬になってから凱旋門賞に挑戦する場合、同じように府中の古馬GIを使えないことが考えられる。

ドゥラメンテにとってベスト条件といえる天皇賞秋とジャパンカップを使わないというのは、あまりにももったいなさすぎる。

凱旋門賞への挑戦は古馬になってからでいい。その前に得意の東京で古馬に挑み、さらなるタイトルの獲得を狙うのが最高の選択と言えるのではないだろうか。

陣営は最良の選択を

今から秋のローテーションの話が持ち上がるというのは、それだけ期待されているということだ。実際、皐月賞とダービーの走りを見れば期待は膨らむ一方だろう。

だからこそ、ローテーションの選択は慎重に行ってほしい。

ドゥラメンテを競馬史に残る怪物にするのか、“ただの2冠馬”で終わらせるのか。すべては人間が正しい選択を行えるかどうかにかかっている。オーナーや陣営の判断に期待したい。

【関連記事】
怪物ドゥラメンテが2冠達成!ダービーを勝てた3つの勝因と将来性とは?
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る
サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性
堀厩舎旋風!ドゥラメンテを管理する敏腕調教師の“狙い目”とは?
“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力


アジアエクスプレスの課題とは?不振の理由から見えた復調への選択肢

(C)arima0208

アジアエクスプレス(牡4)は平安ステークス(GIII/京都ダート1900m)で2015年の3戦目を迎えた。

名古屋大賞典で2着、アンタレスステークスで2着と惜しい競馬が続いていたため、平安Sでも人気に支持されることになったが、直線伸び切れずに5着に終わった。前走のアンタレスSでは勝ち馬のクリノスターオーに目標とされ、最後に交わされることになった。今回は反対にクリノスターオーの後ろでマークする形となったが、策は実らなかった。

なぜアジアエクスプレスは負けたのか。敗因に迫っていこう。

調教の変化

アジアエクスプレスの変化は調教に見ることができる。

元々調教駆けする馬ではなく時計にインパクトはないのだが、2015年になって坂路で追うことが少なくなり、ウッド追いがメインになっている。少々気がかりな点といえる。

平安Sに向けた調整の中、坂路で追われた数は5本、時計になったのは4月30日の1本のみ。前走のアンタレスステークスを見ても、坂路追いは4本で時計になったのは1本だった。

大前提として、競走馬が10頭いればベストな調整法が十通りある。一概に「これがベスト」と決めつけることはできない。ただし、アジアエクスプレスは最終追いきりを坂路で行った場合、すべてのレースで1着になっている。(2歳新馬、オキザリス賞、レパードステークス)

坂路追いである程度結果が出ているのに、やらなくなってしまったのだ。

一方でインカンテーションは過去、CWを中心に調整を行ってきた。しかし、今は坂路中心となている。5月に入り8本の坂路調教をこなし、最終追い切りでは5F53秒4、ラスト1F12秒8と好タイムを叩き出している。

東西のトレセンで施設の違いがあるため一概にどちらがいい、悪いという話はできない。ただし、数字が実証している点を考えれば少なからずこういった要素も影響はあると判断できる。

Henny Hughes産駒の特徴を暴く

Henny Hughes産駒で4勝以上を挙げているのはアジアエクスプレス、ヘニーハウンド(牡7歳)、ケイアイレオーネ(牡5歳:抹消済)の3頭だ。

ヘニーハウンドの挙げた4勝の内3勝は2歳及び3歳時に挙げたモノであり、ケイアイレオーネも4勝の内3勝は2歳時の頃である。

同じくアジアエクスプレスも4勝の内3勝は2歳時に挙げた勝利である。この戦績を見ると嫌でも「早熟」という言葉が思い浮かんでしまう。

また、ヘニーハウンドの勝ち鞍4勝は1200〜1400m、ケイアイレオーネは2000mで1勝を挙げているものの、1400mで3連勝を飾っている。となると、1900mの平安ステークスでは距離が懸念材料になったと考えることもできる。

選択肢はまだ豊富に存在選択肢

アジアエクスプレスは今後、どのような路線を歩むのか。興味は尽きない。

例えばダート短距離に矛先を向けてみてもいいかもしれない。7月に開催されるプロキオンステークス(中京ダ1400m)に向けて調整という選択肢もあれば、地方競馬のグレード競争という選択肢もある。

あるいは思い切って芝の短距離を使ってみても面白いのではないだろうか。前述のとおり、アジアエクスプレスは短距離で力を発揮する血統背景を持っている。しかも自身が朝日杯フューチュリティステークスを勝ったように、芝に適正がないわけではない。

平安Sでは敗退となったが、豊富にある選択肢を考慮すれば悲観することはないだろう。4歳という年齢を考えてもまだまだ期待を込められるはずだ。

【関連記事】
サトノアラジンの血統や将来性は?エプソムカップでエイシンヒカリと対戦へ
ミッキークイーンの血統や将来性は?オークスの覇者を徹底分析
インカンテーションの血統や今後の展望は?平安ステークスの覇者を徹底分析
ルージュバックの血統や将来性は?オークス2着馬を徹底分析
レッツゴードンキがオークスで惨敗したワケ〜血と展開と桜花賞のしわ寄せ〜


サトノアラジンの血統や将来性は?エプソムカップでエイシンヒカリと対戦へ

(C) Yusuke Tsutaya

5月23日に東京競馬場で行われたオープン特別・モンゴル大統領賞(OP/芝1800m)は、サトノアラジン(牡4)が1番人気に応える豪快な差し切り勝ちを収めた。2歳時から多大な期待を背負ってきた馬が、ついに本格化の時を迎えたか。

サトノアラジンの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

サトノアラジンは父ディープインパクト、母マジックストーム、その父ストームキャットという血統。昨年のエリザベス女王杯を制し、今年の大阪杯でキズナに土をつけたラキシスの全弟に当たる。

ディープインパクト、母父ストームキャットは13年の桜花賞馬アユサン、同年のダービー馬キズナ、今年の皐月賞で2着となったリアルスティールなどと同配合で、強力なニックスといっていい。

全姉のラキシスが、フローラステークスで11着に終わり、秋華賞に間に合わなかったように、どちらかといえば遅咲きの血統だ。サトノアラジンも東京スポーツ杯2歳ステークスで1番人気になるなど、早くから期待されていたものの、春のクラシックには出走が叶わなかった。

しかし、菊花賞では直線で前をカットされる不利を受けながらも6着と、徐々に実力を発揮し始めていた。その後はかかる気性も考慮され、距離を短縮して準オープン、オープン特別と連勝。今後もマイルから2000mでの活躍が期待できそうだ。ただし、難しい気性のため、ハイペースのマイル戦のあとの距離延長となった場合などは注意したい。

次走が試金石に

次走に予定されているエプソムカップでは、同じ父ディープインパクト×母父ストームキャットのエイシンヒカリとの対決が注目される。

エイシンヒカリの緩めない逃げならば、この馬にとっては追走しやすくなる可能性が高く、長い直線で末脚をフルに発揮できそうだ。全姉ラキシスのように、4歳を大きな飛躍の1年と出来るか。まずはここが試金石となる。

【関連記事】
“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力
ミッキークイーンの血統や将来性は?オークスの覇者を徹底分析
インカンテーションの血統や今後の展望は?平安ステークスの覇者を徹底分析
ルージュバックの血統や将来性は?オークス2着馬を徹底分析
レッツゴードンキがオークスで惨敗したワケ〜血と展開と桜花賞のしわ寄せ〜


Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る