アエロリットの血統や次走、将来性は?NHKマイルカップ覇者を分析

(C)だわさの写真館

5月7日に東京競馬場で行われたNHKマイルカップ(GI/芝1600m)で、2番人気のクロフネ産駒アエロリット(牝3)が、13番人気のリエノテソーロ(牝3)を押さえて勝利した。1番人気のカラクレナイ(牝3)は17着に終わった。

アエロリットの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

クロフネ
アステリックス
母の父 ネオユニヴァース
母の母 アイルドフランス
性別
馬齢 3歳
生年月日 2014年5月17日
毛色 芦毛
馬主 (有)サンデーレーシング
調教師 菊沢隆徳(美浦)
生産牧場 ノーザンファーム
産地 安平町
馬名意味 隕石(仏)

血統評価は?

アエロリットは父クロフネ、母父がネオユニヴァースという血統だ。

母アステリックスは故障の影響でデビュー戦のみ(0勝)で繁殖入りした。もっとも、血統背景は素晴らしい。祖母のアイルドフランスはアメリカとフランスで3勝、重賞2勝の実績を持っている。さらにGIマルセルブサック賞で2着の実績も。

そしてその母ステラマドリッドはダートの本場アメリカでGIを4勝した名牝だ。

アイルドフランスは繁殖牝馬としてキングレオポルドを輩出。有名どころでは、近親にミッキーアイルがいる。ミッキーアイルもNHKマイルカップを先行(正確には逃げて)して勝っていることから、血統的なつながりを感じられるところだろう。

近年では同じクロフネ産駒のクラリティスカイもこのレースを勝っているように、父系、母系ともにNHKマイルカップと縁のある血統だったということが言えるだろう。

なお、クロフネ産駒がNHKマイルカップで強いのは、

・マイル適性
・完成度の高さ(早熟性)
・強い中距離馬は皐月賞やダービーに行く

この3つの要素があるためだと考えられる。

次走は?

今後に関しては一旦休養に入り、秋に向けて調整を進めていく見込みだ。

まだ具体的にどのレースを使うかは決まっていないが、菊沢調教師はレース後に「マイル以上も試していいかと考えている」と、距離を伸ばすことを示唆している。そうなると、マイルチャンピオンシップの路線ではなく、秋華賞トライアルを使い、その結果次第で本番に向かうのではないだろうか。

ただし、この選択は文字通りの「挑戦」と言えそうだ。前述の通り、アエロリットはマイル適性と早熟性を兼ね揃えた馬だといえる。NHKマイルカップは適性の高さで乗り切ったが、秋になると成長の遅かった馬たちがどんどん強くなってくる。成長の早さというアドバンテージはなくなるわけだ。

しかも1800m以上になれば、ディープインパクト産駒やハーツクライ産駒、キングカメハメハ産駒ら、強い中距離血統の馬たちと競い合わなければならなくなる。アエロリットにとって、二重苦、三重苦のシチュエーションになることが予想されるわけだ。

なお、前述のクラリティスカイはNHKマイルカップ制覇以降、低迷していて、勝ち星は一つもない状況にある。

クロフネ産駒という血統を考えると、セオリーどおりマイル以下、あるいはスプリント路線に転換していくのが最良と考えられるが、果たしてどのような未来が待っているのだろうか。注目されるところだ。



この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る