宝塚記念(2015年)1週前追い切り・調教診断!ラキシスらの状態は?


(C)arima0208

春のグランプリ、宝塚記念(GI/阪神芝内回り2200m)が6月28日に阪神競馬場で開催される。

3連覇を目指すゴールドシップ、キズナを破ったラキシス、ドバイ帰りのダービー馬ワンアンドオンリーら、GI馬たちが集結した。

最終追いきりの前に先週行われた1週前追いきりの様子を振り返っていこう。


ゴールドシップ|評価【7】
栗東│CW│良│7ハロン│一杯

昨年、一昨年に比べて量、質ともに全く劣らない内容となっている。頭が高いのはいつものことだけに、気にすることはない。前走の疲れも、これだけやっているのだからそれほど気にすることはないだろう。

ディアデラマドレ|評価【8】
栗東│CW│良│5ハロン│一杯

3頭併せで相手にはラキシスも。直線では前に2馬身ほど差があったが、ぐんぐん伸びていき、最後は1馬身ほどに詰め寄ってゴールとなった。ラスト1ハロンは11.8秒を計測していて内容は上々。最終追いきりでもいい動きを見せられれば圏内かもしれない。

トーセンスターダム|評価【8】
栗東│CW│不良│5ハロン│強め

併せ馬。時計は物足りなかったが、内容は上々。大きなフォームから力強く馬場を蹴りあげて鋭い伸びで相手をちぎってみせた。ゴールを過ぎてからも伸びていて、海外帰りの反動はなさそう。


トーホウジャッカル|評価【6.5】
栗東│坂路│良│4ハロン│一杯

約8カ月ぶりとなるため、乗り込みの量は多い。ただ動きはやはりまだ休み明けという感じ。使って良くなるタイプのため、まだズブさが目立つ。前への躍動感が足りないし、併せ馬も並べないまま1馬身遅れてしまった。最終追いきりで変わり身を見せない限り厳しいか。

ヌーヴォレコルト|評価【7】
美浦│南W│良│6ハロン│強め

時計的にはあまり特筆すべきものはない。ラストが13秒台というのも不満。ただ動きはよく、追ってからしっかりと伸びていた。体のバランスがよくないのは気になる。今週でびっしりと(時計も含めて)いい内容の追い切りを期待したい。

ラキシス|評価【8】
栗東│CW│良│5ハロン│一杯

ディアデラマドレらと3頭併せ。終始楽な手応えで隣の馬を見て走り、ステッキを入れてしっかりと伸びて半馬身先着。引き続き好調。

ワンアンドオンリー|評価【6】
栗東│坂路│良│4ハロン│一杯

併せ馬を行ったが、パートナーに後れを取った。しかも相手の鞍上はワンアンドオンリーが追い付いてくるのを待っていてこの内容。不満が残るため、最終追いきりで変わり身がほしい。

【関連記事】
トーホウジャッカルが宝塚記念で激走したら歴史的名馬になる可能性大?
ゴールドシップは宝塚記念で鉄板なのか?天皇賞馬にチラつく3つの不安要素
ゴールドシップと横山典弘、天皇賞春のロングスパートに隠された“思惑”とは?
横山典弘騎手の“ポツン騎乗”は本当に多いのか?天才の気まぐれの真相
彼女欲しけりゃペルーサになれ!稀代の愛され馬から学ぶ4つのモテテク


この著者の最新の記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る