宝塚記念(2015年)の人気馬は?勢力図と予想オッズを展望
(C)masakin0712

勢力図を予想

ゴールドシップ(牡6)

昨年、一昨年のこのレースの覇者で、今年の春は天皇賞春を制覇した葦毛の怪物だ。同競争に対する適性は抜群で、最も力が発揮できる舞台だろう。実力は折り紙付きだが、難しい気性が今回も心配される。しかし手綱を取る横山騎手もそこは十分わかっていること。人馬一体となって史上初の同一GI競争3連覇を狙う。

ラキシス(牝5)

前走の産経大阪杯では不良馬場を苦にすることなくキズナ、スピルバーグら牡馬の有力どころを一蹴してのV。牝馬限定のヴィクトリアルマイルではなく距離適性のあるこちらに照準を合わせてきた。2200mでは3-2-02の好成績を収めており、適性は十分だ。牝馬としてはスイープトウショウ以来10年ぶりの制覇を目指す。

ワンアンドオンリー(牡4)

昨年のダービー馬だが、それ以降は勝ち星がない。しかし前走のドバイシーマクラシックでは道中では終始行きたがる面を見せながらも3着に健闘し、復活の兆しを見せた。海外帰りということで体調面が気がかりだが、調教での動きでは問題ない。今年のダービージョッキーであるデムーロ騎手の手綱さばきにも注目したい。

トーホウジャッカル(牡4)

デビューから僅か5月ほどで菊花賞をレコード勝ち。しかし今年に入ってからは順調さを欠き、天皇賞春と鳴尾記念を回避し、ここにはぶっつけでの挑戦となってしまった。乗り込みは豊富にこなしているが、実戦が久々となるのは大きなマイナス要因だ。とはいえ、この馬はまだ能力の底を見せてはいない。今回古馬の一線級を相手にどこまでやれるか。

他には、牡馬相手に中山記念を制したヌーヴォレコルト、鳴尾記念を快勝したラブリーデイ、海外遠征で一皮剥けたトーセンスターダム辺りも圏内か。昨年このレース2着で、天皇賞春でも3着に好走したカレンミロティックも面白い存在だ。

【関連記事】
ゴールドシップと横山典弘、天皇賞春のロングスパートに隠された“思惑”とは?
横山典弘騎手の“ポツン騎乗”は本当に多いのか?天才の気まぐれの真相
恋する乙女必見!競馬ファンの男を8.6秒以内で確実に落とす3つの方法
「昔の競馬は熱かった」なんていう老害にならないために僕らがすべきこと
ジャングルポケット斉藤を侮るな!馬鹿にしてる競馬ファンのキミは負け組

おすすめの記事