(C)T.T

勢力図を予想

ビッグアーサー(牡4)

前走の水無月ステークスで無傷の5連勝を飾り、遂に重賞挑戦となった。先行して抜け出す安定感のある走りは信頼できる。しかし今までとはメンバーの質が大きく異なる。勢いはあるもののオープンクラスでの実績がない中で初の重賞挑戦で結果を残すことができるのか。真価の問われる一戦となりそうだ。

ベルカント(牝4)

前走のアイビスサマーダッシュでは1番人気に応えて快勝した。もともと2歳時から注目されていた素質馬で、ここでも注目される。ただし、新潟の1000mと小倉の1200mではコース形態が全く異なるため、前走のような走りができるかどうかは未知数。小倉2歳ステークス2着の実績があるだけに適正は低くないだろうが、どうか。

サドンストーム(牡6)

前走のCBC賞では0.1秒差の3着とまずまずの内容だった。堅実な末脚を武器に短距離重賞戦線の上位常連でここも大崩れするとは考えにくい。開催が進んで外差しが決まりだすころなので、ビッグアーサーを差し切る可能性は高い。北九州記念には一昨年に1番人気を裏切って10着に大敗した苦い思い出があり、ここでその悔しさを晴らしたいところだ。

ベルルミエール(牝4)

前走のCBC賞ではスタートが良くないなかで好位につけるために脚を使ったために最後が甘くなったという印象。好スタートからポジションを楽に取れれば自慢の粘りを見せてくれるだろう。ここ3走と比べるとメンバーの質は落ちるし、デビューの地の小倉で重賞初制覇となるか。

マイネルエテルネル(牡5)

前走のテレビユー福島賞を勝ってオープン入り。今回のこのレースが昇級初戦となるが、もともとは重賞でも走っていた馬で実績不足ではない。小倉では4戦1勝3着2回と好相性だ。夏のローカル重賞のメンバーの質であれば十分勝負になる。コース適性をいかして重賞初制覇を狙う。

他には芝替わりで本格化の兆しを見せるサトノデプロマット(牡5)、もとは地方馬ながら中央競馬でも活躍してきたマヤノリュウジン(牡8)辺りも圏内か。

【関連記事】
ベルカントの血統や将来性は?アイビスサマーダッシュ1着馬を徹底検証
ビッグアーサーが水無月S勝ちで5戦5勝!サクラバクシンオー産駒最後の大物か
悲運の名馬!ベルルミエールがGIや重賞で活躍する可能性大な理由とは?
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
彼女欲しけりゃペルーサになれ!稀代の愛され馬から学ぶ4つのモテテク

おすすめの記事