(C)Arappa

2018年6月17日、函館競馬場で函館スプリントS(GⅢ/芝1200m)が行われる。ダイアナヘイロー、ナックビーナス、ワンスインナムーン、エポワス、キングハート、ジューヌエコール、セイウンコウセイらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
13クロフネアグネスタキオン
24オレハマッテルゼマイネルラヴ
37ファルブラヴサンデーサイレンス
112ダイワメジャージャングルポケット
22キンサシャノキセキKingmambo
37キングカメハメハマーベラスサンデー
14ストーミングホームGreen Desert
214クロフネサクラユタカオー
312クロフネサクラバクシンオー
18マンハッタンカフェジェネラス
26ウォーエンブレムシングスピール
34バゴステイゴールド
16スウェプトオーヴァーボードフジキセキ
25ディープインパクトSouvenir Copy
33ファルブラヴダンスインザダーク
12ロージズインメイマイネルラヴ
21キングカメハメハStorm Cat
311コマンダーインチーフSaint Ballado
11クロフネトニービン
23ホワイトマズルネヴァーダンス
32マンハッタンカフェStorm Cat
12ファルブラヴPistolet Bleu
21チーフベアハートWestminister
35アフリートCaerleon
11アグネスデジタルサンデーサイレンス
28ウォーニングリヴリア
312Put It BackDixieland Band
11フジキセキPleasant Colony
25ラストタイクーンサクラバクシンオー
34サンデーサイレンスノーザンテースト

解析・分析:注目血統は?

二アークティック系(近年は中でもヴァイスリージェント系)とサンデーサイレンス系が分け合う形で活躍しているのがわかる。ついでミスタープロスペクター系といった状況だ。

二アークティック系は過去好走歴のあるエポワス・ジューヌコエールの他にダイアナヘイローが出走を予定している。リファール系もヴァイスリージェント同様に活躍しているが、母系ロベルト系×サンデー系である点に関しては、過去の好走例が母系ミスタープロスペクター系・ナスルーラ系を持つ馬が活躍している傾向が見られるだけに気がかりだ。

サンデー系は母系に二アークティック系を持つ馬の相性が良い。
2014年 ガルボ(母父ジェネラス)
2011年 アンシェルブルー(母父Storm Cat)
2008年 キングストレイル(母父ノーザンテースト)

今年の出走予定馬ではタマモブリリアンやノボバカラが該当する。人気薄が予想されるが激走なるか。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
ハーツクライ4-5-5-299.3%32.6%
ファルブラヴ4-6-4-387.7%26.9%
オレハマッテルゼ0-1-2-90.0%25.0%
クロフネ4-7-7-615.1%22.8%
アドマイヤムーン6-10-3-706.7%21.3%
ダンスインザダーク2-1-1-718.2%36.4%
キングヘイロー3-1-3-259.4%21.9%
ストーミングホーム2-7-3-216.1%36.4%
ダイワメジャー13-11-18-1039.0%29.0%
ヴァーミリアン0-0-1-40.0%20.0%
アドマイヤオーラ0-0-2-40.0%33.3%
マンハッタンカフェ7-4-3-4811.3%22.3%
サクラプレジデント0-1-0-180.0%5.3%
サムライハート0-0-6-150.0%28.6%
スウェプトオーヴァーボード6-3-4-486.4%27.7%
メイショウボーラー0-1-3-360.0%10.0%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

勝率・複勝率で安定した数字を残しているのはハーツクライ・ダイワメジャー・マンハッタンカフェといったサンデーサイレンス系だろう。 高松宮記念以来の出走となるナックビーナスだが好走に期待したい。

非サンデー系ではストーミングホームの複勝率の高さも目立つ。前走で久々の勝利を挙げたティーハーフが2015年に優勝した同レースで再び好走となるか、こちらも注目だ。

おすすめの記事