@yuminyna

2018年6月17日、東京競馬場でユニコーンS(GⅢ/ダート1600m)が行われる。ルヴァンスレーヴ、グリム、グレートタイム、ハーベストムーン、レピアーウィットなどが出走を予定している。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
12ゴールドアリュールサンダーガルチ
25ファスリエフワイルドラッシュ
33シンボリクリスエススペシャルウィーク
12ゴールドアリュールフレンチデピュティ
21MineshaftStreet Cry
33ネオユニヴァースKingmambo
12トワイニングアグネスタキオン
29アドマイヤオーラフレンチデピュティ
33カネヒキリGrand Slam
13ゴールドアリュールGrindstone
24サウスヴィグラスミシックトライブ
37シンボリクリスエスサンデーサイレンス
13マジェスティックウォリアーMr.Greeley
21ケイムホームダンシングブレーヴ
38フレンチデピュティフジキセキ
11フジキセキStarborough
22アグネスタキオンフサイチコンコルド
38クロフネサンデーサイレンス
13アグネスタキオンDanzig Connection
21マンハッタンカフェジャッジアンジェルーチ
32ディープインパクトフレンチデピュティ
11ブライアンズタイムSeeking the Gold
22クロフネサンデーサイレンス
36キングカメハメハノーザンテースト
11ステイゴールドポリッシュネイビー
22プリサイスエンドジェイドロバリー
33グランデララシアンテーブル
11アグネスデジタルキンググローリアス
23Depth Ministerマイニング
36OfficerSummer Aquall

解析・分析:注目血統は?

好走馬の父系は多種の系統の活躍が目立つが、中でも過去5年で3勝のゴールドアリュールの成績に目がいくだろう。サンデーサイレンス系は同馬の他にネオユニヴァース・アグネスタキオン・カネヒキリ・ディープインパクトと絡んでおり相性は悪くないと言える。非サンデー系はロベルト系やミスタープロスペクター系の活躍も見られる。

サンデー系種牡馬産駒の母系で注目したいのは母父二アークティック系(ヴァイスリージェント系)である。
2016年 ゴールドドリーム(母父フレンチデピュティ)
2015年 ノボバカラ(母父フレンチデピュティ)
2011年 ボレアス(母父フレンチデピュティ)

出走予定馬では相性の良いゴールドアリュール産駒からイダペガサス(母父Forest Camp)、他にもハーべストムーン(母父キャプテンスティーヴ)が該当しており激走に期待したい。

ロベルト系ではルヴァンスレーヴが人気になりそうであり、母父ネオユニヴァース(サンデーサイレンス系)はロベルト系の好走パターンにも該当しており(2017年サンライズソア、2014年バンズーム)こちらも注目だ。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
ゴールドアリュール44-28-18-27312.1%24.8%
クロフネ28-16-22-21310.0%23.7%
トランセンド0-1-0-70.0%12.5%
ゼンノロブロイ23-23-23-1769.4%28.2%
キングカメハメハ22-26-29-2237.3%25.7%
エンパイアメーカー9-14-10-1375.3%19.4%
パイロ11-8-7-1128.0%18.8%
First Samurai0-2-1-40.0%42.9%
Jimmy Creed0-0-0-10.0%0.0%
ヨハネスブルグ0-2-2-200.0%16.7%
ストリートセンス2-1-1-1510.5%21.1%
ベーカバド1-0-0-156.3%6.3%
ヘニーヒューズ5-0-3-635.7%57.1%
モンテロッソ1-0-0-420.0%20.0%
マンハッタンカフェ9-17-13-1026.4%27.7%
シニスターミニスター3-4-4-713.7%13.4%
キンシャサノキセキ4-3-4-332.3%25.0%
ハードスパン1-0-2-316.7%50.0%
Point of Entry0-0-0-00.0%0.0%
スマートボーイ0-1-0-50.0%16.7%
Justin Phillip0-0-0-00.0%0.0%
シンボリクリスエス23-14-16-2009.1%20.9%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

勝率・複勝率共に高い数字を残しているのがゴールドアリュール、次いでクロフネといった状況で複勝圏内であればゼンノロブロイ・キングカメハメハが優秀な成績を残しており、グリムやグレートタイムの好走が期待される。

出走頭数が少ない中で優れた成績を残しているのがヘニーヒューズだろう。レピアーウィットやバイラの走りにも目が離せない。

おすすめの記事