(C)MAZIMICKEY

2018年9月23日、阪神競馬場で神戸新聞杯(GⅡ/芝2400m)が行われる。ワグネリアン、ゴーフォザサミット、エポカドーロ、エタリオウ、メイショウテッコンらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

堂々の主役を務めるのは、ダービー馬ワグネリアン。早くも皐月賞馬エポカドーロと激突する始動戦でどんなパフォーマンスを見せるかに注目が集まる。

今後については明言されていないものの、どのレースに出走しても主役の1頭となることは間違いない。それだけに、秋初戦でまずはダービー馬としての威厳を示したいところだろう。今回の信頼度はいかほどなのか。


期待① ダービー馬は信頼度抜群

過去10年の神戸新聞杯で、ダービー馬は5頭が出走して4勝2着1回。過去20年まで遡っても【6・3・1・0】と、かなり信頼度が高い。

春は理想的なローテーションでダービーを制し、その後も予定通り、至って順調に調整されてきた。秋初戦を迎えるまでの過程は盤石と言える。

期待② 光るコース実績

阪神芝外回りコースでは2歳時にオープン特別の野路菊Sを勝っている。しかもこの時は、重馬場だったにもかかわらず上がり3F33.0秒をマークし、2馬身半差の圧勝。ディープインパクト産駒らしい切れ味が武器で、コース適性はかなり高いと見ていいだろう。

今回のメンバー中、阪神芝外回りで勝利実績があるのはわずか3頭で、そのうちオープンクラスで勝っているのはワグネリアンのみ。最大のライバルとなるエポカドーロが阪神初出走ということを考えても、大きなアドバンテージになるはずだ。

不安① ダービーのレース内容

ダービーの勝ちタイムは2.23.6。時計だけ見れば悪くないが、同日の1000万下より0.7秒も遅く、レースのレベルは低調だったと言わざるを得ない。上位に入った馬のほとんどが好位の内めで競馬をしていたことを踏まえても、ワグネリアンには展開も向いた。なお、同じように好位の内めでレースを進めたコズミックフォースは、先週のセントライト記念で7着に敗れた。

もちろん勝ったことは評価すべきだし、それまでの実績を考えても実力は確かだが、“ダービー馬”という肩書きで過剰な人気になる可能性もある。いずれにせよ今回は休み明けで、目標が先にあることは明らか。過信は禁物だろう。

不安② 突然の乗り替わり

主戦の福永祐一騎手が、16日の阪神競馬で落馬負傷。頭蓋骨骨折、気脳症と診断され、来週までの騎乗を取りやめることになった。ワグネリアンは藤岡康太騎手が代打を務めることになる。

折り合いに難があるわけではなく、藤岡康騎手は追い切りに騎乗したこともあるだけに、乗り替わり自体に大きな不安はなさそう。とはいえ、デビューから全てのレースでコンビを組み、競馬を教え込んできた福永騎手が当週に騎乗不可能になったというのは、勝負の“流れ”という意味でもやはりマイナスだろう。

まとめ

データや臨戦過程の面で不安はないものの、主戦の福永騎手が落馬負傷で乗り替わりとなるなど、決して死角がないというわけではないワグネリアン。6日に発生した北海道胆振東部地震の影響で急死した母に、勝利を届けることができるか。

おすすめの記事