(C)shin1k

2019年2月3日、京都競馬場できさらぎ賞(GⅢ/芝1800m)が行われる。今回の予想考察では、過去10年のデータと傾向を振り返って軸馬にふさわしい出走馬を導き出していく。

今年はヴァンドギャルド、ダノンチェイサー、アガラス、エングレーバー、メイショウテンゲンらが出走する。有力馬の中で過去の好走馬と同じ傾向に該当するのはどの馬なのか?あるいは人気薄の中から台頭してくる馬がいるのか?

過去の歴史を注意深く見ていくと、2019年の当レースで台頭する馬が見えてくる。


【2019年JRA重賞考察】きさらぎ賞の予想分析

競馬TIMESでは過去のデータを徹底分析。考察から導き出した予想のポイントをピックアップしていく。

以下が特に注目したい予想のポイントだ。

予想ポイント 極端な人気薄は消し

まずは人気の傾向から。きさらぎ賞は権威ある3歳馬の中距離重賞(GⅢ)だ。よほどのことがない限り、大波乱の結果になることはない。

人気着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1番人気4- 3- 0- 3/1040.0%70.0%6577
2番人気1- 3- 4- 2/1010.0%80.0%25107
3番人気1- 0- 2- 7/1010.0%30.0%5150
4番人気1- 2- 0- 7/1010.0%30.0%6951
5番人気1- 1- 1- 7/1010.0%30.0%13876
6番人気2- 0- 2- 6/1020.0%40.0%255123
7番人気0- 0- 0-10/100.0%0.0%00
8番人気0- 1- 0- 9/100.0%10.0%088

ご覧の通り、7人気以下はほとんど走っていないのが実情だ。少なくとも軸馬に関しては一定の人気を集める実力馬とするのが無難だろう。

予想ポイント 馬体重に注目

きさらぎ賞では、馬体重が440キロから499キロまでの馬が活躍している傾向がある。

馬体重着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
~399kg0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%00
400~419kg0- 0- 0- 0/ 0
420~439kg1- 1- 0- 4/ 616.7%33.3%8561
440~459kg3- 3- 4-16/2611.5%38.5%8083
460~479kg0- 2- 4-15/210.0%28.6%0131
480~499kg4- 2- 1-19/2615.4%26.9%9945
500~519kg1- 1- 1-11/147.1%21.4%1045
520~539kg1- 0- 0- 1/ 250.0%50.0%34595
540~0- 1- 0- 1/ 20.0%50.0%0105

過去10年では、馬体重440キロ~499キロの馬で7勝していて、単複の回収値も悪くはない。その他の馬体重でも勝ってはいるが、少なくとも440キロ~499キロの馬を対象とするのがいいだろう。

予想ポイント 前走脚質に注目!

次に注目したいのが前走脚質の成績だ。

前走脚質着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
平地・逃げ2- 2- 0- 8/1216.7%33.3%70107
平地・先行4- 2- 2-23/3112.9%25.8%14361
平地・中団2- 4- 5-20/316.5%35.5%1156
平地・後方2- 1- 2-17/229.1%22.7%17103
平地・マクリ0- 1- 1- 0/ 20.0%100.0%0145

過去10年ではどの脚質も勝利はしているが、中でも先行馬が4勝していて単勝回収値も圧倒的な成績だ。

安定度から見ても、軸は先行馬を据えるのがいいだろう。

注目データまとめ

好走データをまとめていくと……

・6番人気以内

・馬体重440~499

・前走先行馬

となる。このデータに合致している馬の過去10年における成績はというと……

着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
3- 1- 1- 5/1030.0%50.0%393109

ご覧の通り、驚異的な成績となっている。

きさらぎ賞の軸馬候補は?

今年、このデータに該当する馬を見ていくと……

エングレーバー

軸にするもよし、相手にするもよし。一つだけ言えることは、これらすべての馬を馬券から外すことは的中よりも外れに近づいてしまう可能性が高そう、ということだ。

おすすめの記事