(C)MAZIMICKEY

2019年2月3日、東京競馬場で東京新聞杯(GⅢ/芝1600m)が行われる。JRAは開催に際し、出走馬と枠順を確定した。

今回は発表された出走馬と枠順・馬番の一覧を見ていく。また、過去のデータを振り返り、有利な枠や不利な枠の傾向を探っていこう。

果たしていい枠を引いたのは? 枠順に泣く有力馬はいるのか? 枠順発表の結果、浮上してくる穴馬とは?

なお、特別な注釈がない限り、データは過去10年のものとする。


2019年:東京新聞杯の出走馬・枠順

1枠1番 サトノアレス 牡5 / 56kg 柴山騎手 藤沢和厩舎
2枠2番 インディチャンプ 牡4 / 56kg 福永騎手 音無厩舎
2枠3番 テトラドラクマ 牝4 / 54kg 田辺騎手 小西厩舎
3枠4番 ストーミーシー 牡6 / 56kg 杉原騎手 斎藤誠厩舎
3枠5番 タワーオブロンドン 牡4 / 57kg ルメール騎手 藤沢和厩舎
4枠6番 レッドオルガ 牝5 / 54kg 北村友騎手 藤原英厩舎
4枠7番 ゴールドサーベラス 牡7 / 56kg 大野騎手 清水英厩舎
5枠8番 ロードクエスト 牡6 / 57kg 三浦騎手 小島厩舎
5枠9番 ヤングマンパワー 牡7 / 57kg ブロンデル騎手 手塚厩舎
6枠10番 ロジクライ 牡6 / 57kg 横山典騎手 須貝厩舎
6枠11番 ジャンダルム 牡4 / 56kg 武豊騎手 池江厩舎
7枠12番 ショウナンアンセム 牡6 / 56kg ミナリク騎手 田中剛厩舎
7枠13番 リライアブルエース 牡6 / 56kg 坂井騎手 矢作厩舎

過去の枠順傾向は?

枠順

枠番着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠1- 1- 3- 6/119.10%45.50%40131
2枠1- 3- 0- 9/137.70%30.80%4985
3枠4- 2- 0- 7/1330.80%46.20%304146
4枠3- 0- 2- 5/1030.00%50.00%357168
5枠0- 1- 1-10/120.00%16.70%035
6枠0- 1- 1-11/130.00%15.40%035
7枠0- 1- 1-12/140.00%14.30%064
8枠1- 0- 1-12/147.10%14.30%8234

※10番人気以内を対象に集計

2019年のレース展望

今年の東京新聞杯は15頭立て。人気が予想されるタワーオブロンドンは3枠5番、インディチャンプは2枠2番、ロジクライは6枠10番に入った。

東京新聞杯は明確な枠順傾向があるレースだ。

過去10年では1〜4枠が9勝。5枠から外はわずか1勝しかしていない。複勝率を見ても1〜4枠が30%以上なのに対し、5枠より外は軒並み20%を割っている。

明らかに「内枠有利、外枠不利」の傾向にあるのだ。

その前提に立つと、タワーオブロンドンやインディチャンプは好枠、反対にロジクライや大外枠を引いてしまったレイエンダにとっては厳しいスタート条件と言えそうだ。

回収率100%超へ!おすすめ

①競馬の基本原則が学べる教科書って?
②競馬で勝つための方程式とは?
▶▶▶超厳選!競馬で絶対に勝つための最強ツール4選【2019年版】

①読むと競馬力が上がるメルマガって?
②回収率100%超&信頼性の高い予想は?
▶▶▶超厳選!競馬の有料予想で本当に信用できるのは?3つの視点で徹底分析

おすすめの記事