(C)tr_qasysh15

2019年2月3日、京都競馬場できさらぎ賞(GⅢ/芝1800m)が行われる。JRAは開催に際し、出走馬と枠順を確定した。

今回は発表された出走馬と枠順・馬番の一覧を見ていく。また、過去のデータを振り返り、有利な枠や不利な枠の傾向を探っていこう。

果たしていい枠を引いたのは? 枠順に泣く有力馬はいるのか? 枠順発表の結果、浮上してくる穴馬とは?

なお、特別な注釈がない限り、データは過去10年のものとする。


2019年:きさらぎ賞の出走馬・枠順

1枠1番 タガノディアマンテ 牡3 / 56kg 岩田騎手 鮫島厩舎
2枠2番 エングレーバー 牡3 / 56kg 藤岡佑騎手 中内田厩舎
3枠3番 ヴァンドギャルド 牡3 / 56kg Mデムーロ騎手 藤原英厩舎
4枠4番 ダノンチェイサー 牡3 / 56kg 川田騎手 池江厩舎
5枠5番 コパノマーティン 牡3 / 56kg 和田騎手 村山厩舎
6枠6番 ランスオブプラーナ 牡3 / 56kg 松山騎手 本田厩舎
7枠7番 アガラス 牡3 / 56kg 戸崎圭騎手 古賀慎厩舎
8枠8番 メイショウテンゲン 牡3 / 56kg 池添騎手 池添兼厩舎

過去の枠順傾向は?

枠順

枠番着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1枠1- 1- 0- 6/ 812.50%25.00%3127
2枠1- 2- 0- 6/ 911.10%33.30%15372
3枠3- 1- 2- 3/ 933.30%66.70%187133
4枠0- 1- 3- 7/110.00%36.40%062
5枠1- 2- 0- 9/128.30%25.00%4234
6枠1- 1- 0-10/128.30%16.70%1783
7枠2- 1- 3- 9/1513.30%40.00%12477
8枠1- 1- 2-12/166.30%25.00%7136

※10番人気以内が対象

2019年のレース展望

今年のきさらぎ賞は8頭立てと少頭数になった。人気が予想されるヴァンドギャルドは3枠3番、ダノンチェイサーは4枠4番、アガラスは7枠7番に入った。

人気の中ではアガラスが外枠に入った。もっとも、8頭立ての7枠であるため、さほど大きな影響が出るとは考えづらい。

過去10年で1〜3番が5勝を挙げているが、6〜9番も5勝。あまり大きな差は見られない。

今年はさほど枠順を気にすることなく、他のファクターを重視して予想を組み立てていくのがよさそうだ。

おすすめの記事