愛知杯2018の競馬予想データ分析…3つの注目点から浮上する激走馬とは?


(C)Arappa

2018年1月13日、中京競馬場で愛知杯(GⅢ/芝2000m)が行われる。マキシマムドパリ、クインズミラーグロ、キンショーユキヒメ、ゲッカコウ、サンタフェチーフ、エテルナミノルらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵はいるのか?

牝馬限定のハンデ戦は年間でも他に3レース(中山牝馬ステークス・マーメイドステークス・ターコイズステークス)しかなく、いずれも荒れる傾向にあるレースとして知られている。

2015年に毎年12月に中山競馬場で行われていた牝馬限定のオープン特別ターコイズステークスが重賞に昇格したのをきっかけに、12月に実施されていた愛知杯は1月の中京開催に移り、今年で3年目を迎える。

そんな予想が難しいレースでもある愛知杯だが、今回は中京競馬場が改装されて以降の過去5回(2012年~2014年は12月実施、2015年は休止、2016年~2017年は1月実施)の結果を元としてデータ分析する。


注目点① 軸馬は明け5歳馬から選べ

年齢別で集計すると、12月に実施していた時には4歳馬、1月に実施するようになってからは5歳馬がすべて勝利していることが一目瞭然にわかる。

今年も明け5歳馬の中から中心となる馬を見つければいいだろう。

年齢別集計 愛知杯 2012年~2014年(12月実施)

年齢着別度数勝率複勝率
3歳0- 1- 0-14/150.0%6.7%
4歳3- 1- 2-11/1717.6%35.3%
5歳0- 1- 0-17/180.0%5.6%
6歳0- 0- 1- 2/ 30.0%33.3%
7歳0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%

集計期間:2012年 ~ 2014年

年齢別集計 愛知杯 2016年~2017年(1月実施)

年齢着別度数勝率複勝率
4歳0- 0- 1- 4/ 50.0%20.0%
5歳2- 1- 1- 6/1020.0%40.0%
6歳0- 1- 0-13/140.0%7.1%
7歳0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%

集計期間:2016年 ~ 2017年

注目点② 軽ハンデかトップハンデを狙え!

ハンデ戦は通常ゴール前で全馬が横一直線に並ぶようにハンディキャッパーが各馬の斤量を定めるが、愛知杯では必ずしも狙い通りの結果にはなっていない。

格上挑戦が多いレースでもあり、おそらく実力差を測りかねる部分もあるのだろうと推測されるが、軽ハンデもしくは牡馬が背負ってもいいような斤量の馬が好走している。

斤量別集計 愛知杯 過去5回

斤量着別度数勝率複勝率
~49kg0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%
49.5~51kg2- 2- 0-17/219.5%19.0%
51.5~53kg1- 2- 2-30/352.9%14.3%
53.5~55kg0- 0- 2-20/220.0%9.1%
55.5~57kg2- 1- 1- 3/ 728.6%57.1%

集計期間:2012年 ~ 2017年

注目点③ 前走は条件戦でも構わない

前走をクラス別に集計すると、前走GⅠから3着以内に入った3頭はすべて12月にレースが行われていた時期の馬であり、1月に行われるようになってからの3着以内6頭は、GⅢ1頭・オープン特別1頭・1600万下3頭・1000万下1頭という結果になった。

重賞路線からの立て直しを図る馬よりも、ここからの飛躍を期する馬のほうが活躍できるレースと言え、また、先程の注目点である軽ハンデ馬が活躍していることともリンクしてくる。

前走クラス別集計 愛知杯 過去5回

前走クラス着別度数勝率複勝率
1000万下2- 1- 0- 5/ 825.0%37.5%
1600万下1- 2- 3-17/234.3%26.1%
OPEN特別0- 1- 1-14/160.0%12.5%
GⅢ1- 0- 0- 8/ 911.1%11.1%
GⅡ0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%
GⅠ1- 1- 1-24/273.7%11.1%

集計期間:2012年 ~ 2017年

まとめ

ここまでの内容から導き出される激走馬候補は次の5頭。


キンショーユキヒメ  前走 JBCレディスクラシック・GⅠ 12着
今回 斤量 53キロ
ギモーヴ       前走 逆瀬川ステークス・1600万下  2着
今回 斤量 52キロ
コパノマリーン    前走 博多ステークス・1600万下 8着
今回 斤量 51キロ
タニノアーバンシー  前走 逆瀬川ステークス・1600万下  6着
今回 斤量 52キロ
レイホーロマンス   前走 尾張特別・1000万下 1着
今回 斤量 51キロ

ただし、前走1600万下から愛知杯で3着以内に入った馬は1頭を除いて、前走でも3着以内に入っていたことから、最終的には次の3頭に絞りたい。

キンショーユキヒメ
ギモーヴ
レイホーロマンス

ちなみに、キンショーユキヒメのようにJBCレディスクラシックから挑戦した例ははじめてである。

また、ギモーヴは最終登録の段階で獲得賞金順で除外対象となっているのでご注意いただきたい。

今年も荒れるであろう愛知杯、予想する楽しみを味わいたい。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る