京成杯2018の競馬予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?


(C)MAZIMICKEY

2018年1月14日、中山競馬場で京成杯(GⅢ/芝2000m)が行われる。ジェネラーレウーノ、ダブルシャープ、デルタバローズ、コスモイグナーツらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

なお、好走血統は過去10年、コース種牡馬成績は2014年以降(精度を高めるために1、2番人気の人気馬、および単勝100倍以上の人気薄、新馬戦、長期休み明けなどの不確定要素が多いレース=血統意外の要因で決着した可能性が高いレースは、集計から除外)を参考に考察していく。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
1バゴフジキセキ
7ダノンシャンティクロフネ
3ステイゴールドJade Robbery
5ハービンジャータニノギムレット
7キングカメハメハMonsun
2ゼンノロブロイSilver Hawk
3ハービンジャーサンデーサイレンス
1バゴステイゴールド
6キングカメハメハDiktat
5デュランダルティンバーカントリー
1チチカステナンゴサンデーサイレンス
4ディープインパクトサクラバクシンオー
7ハーツクライアレミロード
5アグネスタキオンLoup Solitaire
9ステイゴールドシンボリクリスエス
2ディープインパクトMarchand de Sable
5ゼンノエルシドメジロライアン
1キングカメハメハフジキセキ
2ステイゴールドメジロマックイーン
8アグネスタキオンSingspiel
7ロックオブジブラルタルサンデーサイレンス
1King’s BestPlatini
3キングカメハメハサンデーサイレンス
2ニューイングランドヘクタープロテクター
2バブルガムフェローMazel Trick
1ステイゴールドタイトスポット
13ゴールドヘイローオジジアン
1ブライアンズタイムZabeel
12エイシンサンディコマンダーインチーフ
4マヤノトップガンコマンダーインチーフ

集計期間:2008. 1.20 ~ 2017. 1.15

解説・分析:注目血統は?

3歳の若駒にとって、極寒期に行われる中山の芝2000m重賞というのはとても過酷な舞台といっていい。

よって、クラシックに繋がる舞台というより、タフな競馬に適正のある馬を選んでいくことが求められる。

実際、血統を見てもその傾向は明らかだ。

バゴ
ダノンシャンティ
デュランダル
チチカステナンゴ
(ハービンジャー)

これらの種牡馬は3歳の牡馬クラシックとほとんど縁がない。ハービンジャーは最近になって成績を上げてきているものの、どちらかと言えば素軽いクラシックよりタフな舞台のほうに強い。

ちなみにクラシック血統のディープインパクト産駒は毎年のように人気馬が出走してきているが、結果を出せていない。

クラシック血統より、タフな競馬に強い血統を。

それが、京成杯を攻略していくカギになる考え方だ。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数
ハービンジャー5- 5- 2-36/48
キングカメハメハ5- 4- 3-37/49
スクリーンヒーロー2- 0- 1-10/13
ゼンノロブロイ1- 1- 0-24/26
キングヘイロー1- 0- 3- 7/11
カンパニー0- 1- 2-11/14
ベーカバド0- 0- 1- 3/ 4
エイシンフラッシュ0- 0- 0- 4/ 4
ワークフォース0- 0- 0- 4/ 4
ヴァーミリアン0- 0- 0- 2/ 2
フリオーソ0- 0- 0- 1/ 1
種牡馬勝率複勝率単回値複回値
ハービンジャー10.4%25.0%9582
キングカメハメハ10.2%24.5%5855
スクリーンヒーロー15.4%23.1%25063
ゼンノロブロイ3.8%7.7%2221
キングヘイロー9.1%36.4%52225
カンパニー0.0%21.4%055
ベーカバド0.0%25.0%0117
エイシンフラッシュ0.0%0.0%00
ワークフォース0.0%0.0%00
ヴァーミリアン0.0%0.0%00
フリオーソ0.0%0.0%00

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2018. 1. 8
※牡馬が対象
※良馬場開催が対象
※3番人気〜単勝100倍未満が対象
※長期休み明けなど、明らかなマイナス要素を持つ馬は除外

解説・分析:注目血統は?

ここでもハービンジャー産駒の成績が光る。

クラシック血統のキングカメハメハ産駒は好走馬こそ多いものの、回収値は低く、人気馬しか走っていないことが分かる。

なお、ここ最近の京成杯で好走したキングカメハメハ産駒は母父がモンズンやディクタットというように、サンデーサイレンスの血を持たない馬だった。サンデーサイレンスの血が入ると素軽さが出てくるため、京成杯においてはむしろマイナスになる。その血を持たない馬のほうが、好走の可能性は高いというわけだ。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る