日経新春杯2018の競馬予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?


(C)Arappa

2018年1月14日、京都競馬場で日経新春杯(GⅡ/芝2400m)が行われる。ミッキーロケット、ソールインパクト、モンドインテロ、ロードヴァンドール、パフォーマプロミス、ベルーフ、ガンコらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

なお、好走血統は過去10年、コース種牡馬成績は2014年以降(精度を高めるために1、2番人気の人気馬、および単勝100倍以上の人気薄、新馬戦、長期休み明けなどの不確定要素が多いレース=血統意外の要因で決着した可能性が高いレースは、集計から除外)を参考に考察していく。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
1キングカメハメハPivotal
2マンハッタンカフェSingspiel
4ディープインパクトブライアンズタイム
2キングカメハメハHighest Honor
1ハーツクライMachiavellian
4ディープインパクトトニービン
6アドマイヤドンサンデーサイレンス
10ゴールドアリュールメジロマックイーン
7マンハッタンカフェトニービン
2ディープインパクトトニービン
1マンハッタンカフェトニービン
4ゴールドアリュールメジロマックイーン
10ハーツクライCapote
1マヤノトップガンサンデーサイレンス
4ゴールドアリュールマルゼンスキー
1キングカメハメハサンデーサイレンス
3ディープインパクトUnbridled
8ゼンノロブロイブライアンズタイム
2キングカメハメハトニービン
3マンハッタンカフェラムタラ
1キングカメハメハサンデーサイレンス
2フレンチデピュティSadler’s Wells
1ゴールドアリュールサクラバクシンオー
12マンハッタンカフェスキャン
11パラダイスクリークステートリードン
3チーフベアハートフレンチグローリー
4マヤノトップガンダンスインザダーク
3ドリームウェルトニービン
2ダンスインザダークノーザンテースト
12パラダイスクリークステートリードン

集計期間:2008. 1.20 ~ 2017. 1.17

解説・分析:注目血統は?

新春のハンデ重賞。ここ2年は固い決着になっているが、2015年、2013年のように大波乱が起こる年もある。

注目されるのは、とにかくトニービンの血を持つ馬がよく走っていることだ。

サトノノブレス 母父トニービン
アドマイヤデウス 父母父トニービン
アドマイヤフライト 母父トニービン
サトノノブレス 母父トニービン
カポーティスター 父母父トニービン

2013年以降だけでもこれだけの馬が好走している。しかもほとんどが人気薄か、人気より走っている。それ以前もルーラーシップやアドマイヤモナーク(いずれも母父トニービン)が勝っているだけに、「伝統の好走血統」と言えそうだ。

トニービンは凱旋門賞馬で、タフな競馬に強い。一方でジャングルポケットのようなダービー馬を輩出していて、直線の長いコースも苦手ではない。タフな競馬に強く、広いコースでの競馬にも対応できるという両面が、極寒期のタフな時期に行われる直線の長い日経新春杯にマッチしているわけだ。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数
ディープインパクト2- 3- 2-20/27
ステイゴールド1- 2- 2-11/16
ハービンジャー1- 2- 1-16/20
キングカメハメハ1- 2- 0-17/20
ダイワメジャー1- 0- 0- 2/ 3
ディープブリランテ0- 0- 0- 1/ 1
アグネスタキオン0- 0- 0- 2/ 2
アドマイヤジャパン0- 0- 0- 1/ 1

種牡馬勝率複勝率単回値複回値
ディープインパクト7.4%25.9%8474
ステイゴールド6.3%31.3%5193
ハービンジャー5.0%20.0%4161
キングカメハメハ5.0%15.0%2924
ダイワメジャー33.3%33.3%396116
ディープブリランテ0.0%0.0%00
アグネスタキオン0.0%0.0%00
アドマイヤジャパン0.0%0.0%00

集計期間:2014. 1.19 ~ 2017.11.25

※良馬場開催が対象
※3番人気〜単勝100倍未満が対象
※長期休み明けなど、明らかなマイナス要素を持つ馬は除外

解説・分析:注目血統は?

京都の外回り重賞といえばディープインパクト。基本的に人気になりやすく、回収値は高くないが、好走率を見ると外せないところだ。同じくステイゴールドも外せない。

一方で人気のミッキーロケットの父キングカメハメハはあまり成績が良くない。ミッキーロケットは昨年のこのレースを勝っているが、コース適性が必ずしも高いというわけではないようだ。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る