(C)MAZIMICKEY

2019年3月24日、中京競馬場で高松宮記念(GⅠ/芝1200m)が行われる。モズスーパーフレア、ナックビーナス、ロジクライ、ミスターメロディ、レッツゴードンキなど有力馬がいるが、その中でかなりの人気を集めそうなのがダノンスマッシュだ。京阪杯、シルクロードステークス勝利の勢いそのまま、一気にGⅠを獲れるか。

ダノンスマッシュの前走は阪急杯だったが、セイウンコウセイ前半3ハロン33秒前半という多少速いペースで逃げる中、ダノンスマッシュは5番手と前目をキープ。最後の直線で前に行く馬が総崩れ状態になる中を伸び、エスティタートやティーハーフなど後方にいた馬を寄せ付けず、このレースを快勝した。単勝2.0倍の支持に応えている。

重賞2連勝、勢いは一番あるであろうダノンスマッシュだが、意外と不安な部分が多い。あと1週、改めてダノンスマッシュの不安点をおさらいしたい。


不安① 坂が苦手?

京阪杯、シルクロードステークスと快勝したが、去年はキーンランドカップ2着もあり、3歳の夏場からスプリンター適性を見せていたが、これらのレースはいずれも直線が平坦なコースで行われている。一方、阪神や中京、東京では人気を裏切るケースもあった。これはマイルだったからこうなったのか、スプリント戦なら違うのか。判断が分かれるところだろう。

もちろん、坂のあるコースで惨敗を喫したわけではなく、負けたといっても最低限のものは見せている。傾向が多少極端に出ている分、2倍台の人気になるような状況だと不安視するのは仕方ない部分だ。このあたりは予想の際に覚えておきたい。

不安② 持ちタイムがない

高松宮記念の勝ちタイムを見ると、雨を降った場合を除けば、だいたい1分8秒台での決着が多い。これなら1分8秒0が持ちタイムのダノンスマッシュでも十分勝負できるが、問題は1分6秒台の決着になった場合だ。1分6秒台は2016年に1回記録されており、決してないとは言えない。

例えばモズスーパーフレアはこの2戦で1分7秒0、1分7秒1を連続させている。冬の中山という重い芝でこれだけやれている馬がいる以上、スピード勝負はダノンスマッシュにとっては不利。しかも、モズスーパーフレアには武豊騎手が乗り、しかも逃げ馬だ。逃げ切りはあまりない中京だからこそ、ここは気を抜けない。

不安③ 北村友一騎手

既に重賞3勝、クロノジェネシスなどクラシック戦線でも活躍しそうな北村友一騎手だが、まだ大舞台で結果を残せておらず、不安が残る。そもそも人気馬でGⅠを乗る機会が少なく、去年ようやくその出番が回ってきて、クロノジェネシスで阪神ジュベナイルフィリーズを2着。しかし、その騎乗ぶりは元騎手の安藤勝己氏に苦言を呈された。

相手にするのは百戦錬磨のベテランばかりで、負傷中のルメール騎手の動向が1週間前はまだ分かっていない。段々と成長し、そろそろ勝ってもおかしくはないが、北村友一騎手も先日落馬し、金鯱賞でアルアインに騎乗予定だったがキャンセルする羽目に。ケガをすると流れが変わると言われ、あまりいい傾向とは言えない。

まとめ

モズスーパーフレアとの暫定的な2強状態とも言える状態であり、この2頭が中心になることは間違いない。ダノンスマッシュの実力は認めるべきだが、どの方面からでも強いところまではいっていない。むしろ、まだ不安要素を残しつつ、特定条件で勝ってきた。もしダノンスマッシュが負けるとしても何ら不思議ではないことだ。

ただ今年は絶対的な有力馬がいないことや、ロジクライでも人気上位になるなど、層は例年より薄い。あとは馬場や枠順、北村友一騎手のケガの回復具合、場合によっては乗り替わりもあるかもしれない。乗り替わりの場合も相当な割引でいいだろう。残り1週間、注意深くダノンスマッシュの動向に注目したい。

おすすめの記事