日本ダービー2018の最終追い切り分析…ダノンプレミアムらの調教評価は?


(C)MAZIMICKEY

2018年5月27日、東京競馬場で日本ダービー(GⅠ/芝2400m)が行われる。ダノンプレミアム、ブラストワンピース、ワグネリアン、ゴーフォザサミット、キタノコマンドール、エポカドーロ、ステルヴィオ、ジェネラーレウーノらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今回は出走各馬の調教にフォーカスしていく。どんなに能力の高い馬であっても、出走した時の状態が良くなければ100パーセントのパフォーマンスを発揮することは難しい。仮に有力馬の状態が100%でないなら、多少実力が劣る馬であっても台頭してくる可能性は十分に考えられる。特に重賞の場合、各馬の実力が拮抗している。このため、状態一つで着順が入れ替わることは珍しくない。

陣営にとっては「いかにいい状態で出走させられるか」が、馬券を買うファンにとっては「いかに状態を見極められるか」がレースのカギを握ってくるのだ。

今週には最終追い切りが美浦、栗東の東西トレーニングセンターで行われた。これを受けて、体調や仕上がり具合を一週前の調教と最終追い切りから考察していく。


最終追いきり診断

今回は上位人気が予想される馬を中心に見ていくことにしよう。

エポカドーロ・牡3歳(オルフェーヴル・栗東・藤原厩舎)

評価A

5月17日1週前追い切り栗東CWコース(良)
6F86秒5―70秒3―54秒1―39秒5―11秒8

コーカス(4歳上1600万下)を2.6秒差追走して同時入着。前半はゆったりと走らせて直線、特にゴール前だけ強めに追う。皐月賞のあとは徐々にペースをあげてきて順調そのものの仕上がり具合。皐月賞時の出来はキープされているように見える。走り自体も軽快で直線での反応も抜群。GⅠを獲ったことで馬に風格が出た。

5月23日最終追い切り栗東CWコース(良)
6F88秒7―73秒6―58秒0―43秒6―12秒9

岡田祥嗣騎手(レースでは戸崎圭太騎手が騎乗予定)が跨がり、ダノンサンシャイン(4歳上500万下)を6馬身差追走して半馬身先着。前半からゆったりと運び、直線を向いても馬なりのままで馬の気合いに合わせただけ行かせて終了。ゆったり走らせても掛かることなく我慢の効いた走りが出来たのは収穫。最終追い切りでタイムは出ていないが前走並みの仕上がりには十分達している。

ダノンプレミアム・牡3歳(ディープインパクト・栗東・中内田厩舎)

評価A

5月17日1週前追い切り栗東CWコース(良)
7F95秒6―63秒8―49秒9―36秒8―11秒3

ダノンレーザー(4歳上1000万下)を0.8秒差追走し同時入着。長めの距離をしっかりと強めに追っての調整。非常にダイナミックで一頓挫あって皐月賞を回避したとは思えない動き。時計も自己ベストを更新して余裕をもっての併入は仕上がりに自信がある証拠だろう。

5月23日最終追い切り栗東CWコース(良)
5F69秒4―52秒6―37秒8―11秒3

川田将雅騎手を背にして単走で状態を確かめるようにラストのみ気合いを入れての調整。タイムが示すようにラスト1Fは好タイムをマーク。動きもシャープで回避の影響は全く感じられない。輸送も考えてテンションが上がらないよう注意を払っての仕上げだが、落ち着きもありそうで心配しなくても大丈夫。

ステルヴィオ・牡3歳(ロードカナロア・美浦・木村厩舎)

評価A-


5月16日1週前追い切り美浦南Wコース(良)
6F81秒4―66秒4―51秒7―37秒6―12秒7

ヴェラヴァルスター(障害未勝利)を0.6秒差追走し0.2秒先着。馬なりながら馬体の張りがあり、状態は非常に良いように見える。僚馬をあおるぐらいの勢いで追いかけて、あっさりと突き放す内容から順調度が伝わってくる。

5月23日最終追い切り美浦南Wコース(良)
4F55秒0―40秒5―12秒7

馬なりで併せたセシルクラウン(4歳上500万下)にクビ差先着したが、ゴール後もスピードを落とさずに馬の気分に任せて走らせた。馬体もスッキリ仕上がっていて落ち着きもある。

キタノコマンドール・牡3歳(ディープインパクト・栗東・池江厩舎)

評価A-

5月17日1週前追い切り栗東CWコース(良)
7F98秒9―66秒6―51秒9―37秒6―11秒5

ペルシアンナイト(4歳上オープン)を0.6秒差追走して0.2秒遅れ。相手は格上でこの馬自体が併せ馬で遅れるのはいつものこと。時計自体は及第点で、動きも力強く1週前の状態としては十分な仕上がり。

5月23日最終追い切り栗東坂路(良)
4F54秒2―39秒1―25秒1―12秒3

単走でゴール前に仕掛けられてのタイム。力強い脚捌きで動きは上々、仕掛けられてからはスムーズに加速され、トップスピードに入るとそのまま持続してゴール。ただ歩様が固く、万全の乗り込み量とはいかなかったようで、最終追い切りも負担をかけないように坂路の選択になったようだ。馬体に太め感はなく、見た目には仕上がっている。


ブラストワンピース・牡3歳(ハービンジャー・美浦・大竹厩舎)

評価B+

5月16日1週前追い切り美浦南Wコース(良)
6F80秒0―65秒2―50秒6―36秒1―12秒5

カルヴァリオ(4歳上1600万下)を0.5秒差追走して0.2秒先着。Wコースでの自己ベストタイムを更新するほど動きは抜群に良い。重心が低くて推進力のある走り方で前走から間隔をあけたのが良い方向に出ている。プラス材料が多く、本番でも好走が期待される。

5月23日最終追い切り美浦南Wコース(良)
4F51秒0―36秒2―12秒2

栗東から駆けつけた池添騎手を背にカルヴァリオ(4歳上1600万下)を2馬身差追走、内に切れ込んで追われたものの、少し躍動感に欠ける動きに見えた。最後はしっかりと抜け出したが1週前追い切りの動きが良かっただけに反応の悪さに少し不安が残る。

有力馬、特に皐月賞組の動きがよく別路線組よりも上位に置きたい馬が多かった。一頓挫あった2歳王者も順調で皐月賞不参加の無念をここで晴らすのに十分な追い切りだった。皐月賞馬も落ち着きがあって上々の仕上がり。実績組は力が拮抗していそうで、組み合わせ次第では高配当も期待できそう。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る