ホープフルS2017の競馬予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?


(C)Yushi Machida

201712月28日、中山競馬場でホープフルS(GI/芝2000m)が行われる。ジャンダルム、タイムフライヤー、ルーカス、フラットレーらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

なお、好走血統は過去10年、コース種牡馬成績は2014年以降(精度を高めるために1、2番人気の人気馬、および単勝100倍以上の人気薄、新馬戦、長期休み明けなどの不確定要素が多いレース=血統意外の要因で決着した可能性が高いレースは、集計から除外)を参考に考察していく。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
1キングカメハメハシンボリクリスエス
8ステイゴールドJade Robbery
2キングカメハメハスペシャルウィーク
3ディープインパクトCongrats
1マツリダゴッホチーフベアハート
2キングカメハメハサンデーサイレンス
2ディープインパクトクロフネ
8ブラックタイドアフリート
9バゴステイゴールド
8シンボリクリスエスサンデーサイレンス
1ディープインパクトフレンチデピュティ
2キングカメハメハスペシャルウィーク
7シンボリクリスエスエンドスウィープ
10ディープインパクトブライアンズタイム
2ディープインパクトフレンチデピュティ
5キングカメハメハフジキセキ
6ロージズインメイフジキセキ
12ロージズインメイトニービン
4キングカメハメハサンデーサイレンス
2ステイゴールドカコイーシーズ
3ステイゴールドメジロマックイーン
1シンボリクリスエスフジキセキ
3ネオユニヴァースStorm Cat
8FootstepsinthesandBarathea
1ジャングルポケットノーザンテースト
3マンハッタンカフェCaerleon
5タニノギムレットフジキセキ
2ブライアンズタイムZabeel
1クロフネウイニングチケット
4ブライアンズタイムヘクタープロテクター

集計期間:2007.12.23 ~ 2016.12.25

※OP時代含む

解説・分析:注目血統は?

2歳の若駒にとって2000mという距離は想像以上に過酷だ。GIともなればなおさら。菊花賞とまではいかないものの、それに近いタフさが求められる。

実際、歴代好走馬を振り返ってみると、ほとんどの馬が2400m以上のGIで実績のある血統をしていた。

キングカメハメハ ダービー馬
ステイゴールド 3冠馬、有馬記念馬、凱旋門賞2着馬を輩出
ディープインパクト 3冠馬
マツリダゴッホ 有馬記念馬
ブラックタイド ディープインパクトの全兄弟。菊花賞、天皇賞春、有馬記念馬を輩出
シンボリクリスエス 有馬記念馬
バゴ 凱旋門賞馬

特に近年は、中長距離GIの血を持たない馬は走っていない。

タフな血を選んで買っていくのがいいだろう。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数
ステイゴールド10- 9- 16- 82/117
ディープインパクト9- 4- 8- 84/105
ハーツクライ5- 7- 9- 67/ 88
ゼンノロブロイ5- 4- 2- 41/ 52
スクリーンヒーロー2- 0- 1- 10/ 13
ルーラーシップ1- 1- 2- 5/ 9
ヴィクトワールピサ1- 0- 1- 13/ 15
ディープスカイ0- 0- 0- 8/ 8
New Approach0- 0- 0- 1/ 1
Kitten’s Joy0- 0- 0- 1/ 1
ノヴェリスト0- 0- 0- 2/ 2
モンテロッソ0- 0- 0- 1/ 1
ブレイクランアウト0- 0- 0- 1/ 1
トーセンロレンス0- 0- 0- 1/ 1
種牡馬勝率複勝率単回値複回値
ステイゴールド8.5%29.9%99105
ディープインパクト8.6%20.0%13677
ハーツクライ5.7%23.9%7793
ゼンノロブロイ9.6%21.2%112117
スクリーンヒーロー15.4%23.1%25063
ルーラーシップ11.1%44.4%51294
ヴィクトワールピサ6.7%13.3%2420
ディープスカイ0.0%0.0%00
New Approach0.0%0.0%00
Kitten’s Joy0.0%0.0%00
ノヴェリスト0.0%0.0%00
モンテロッソ0.0%0.0%00
ブレイクランアウト0.0%0.0%00
トーセンロレンス0.0%0.0%00

集計期間:2013. 1. 5 ~ 2017.12.17
※良馬場開催が対象
※3番人気〜単勝100倍未満が対象
※長期休み明けなど、明らかなマイナス要素を持つ馬は除外

解説・分析:注目血統は?

ステイゴールドが圧巻の成績を残している。オルフェーヴル、ゴールドシップ、ドリームジャーニーといった有馬記念馬を輩出しているだけに、コースとの相性は抜群なのだ。

有馬記念馬ハーツクライ、ゼンノロブロイも上々の成績だ。ルーラーシップもサンプルが多くないものの、相性は悪くなさそう。

ディープインパクトに関しても悪くはない。ただし、他の条件に比べて圧倒的にいいわけではない。得意条件とは異なるだけに、他の血統の馬たちが入り込む余地があると言えそうだ。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る