(C)raracame15c

2019年4月27日、東京競馬場で青葉賞(GII/芝2400m)が行われる。今回は日程や出走時間などのレース概要、注目の出走馬(出走予定登録馬)、想定される人気と予想オッズを見ていく。

ウーリリ、ランフォザローゼス、サトノラディウス、アドマイヤスコールらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

なお、競馬TIMESでは今後、当重賞を徹底的に検証していく。データ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

まずは出走予定馬の一覧と、勢力図(想定オッズ・人気)を確認していこう。


青葉賞2019の日程・時間・賞金

2019年4月27日 15:45

2回東京3日目 3歳 サラ3歳オープン
芝2400m (左)
本賞金:5400、2200、1400、810、540万円

注目の出走予定馬(登録馬)

令和最初のダービーへの切符をかけて高素質馬が集った印象。中でも、血統的にダービー馬マカヒキの弟ウーリリが人気を集めそう。

新馬戦勝利後、休み明けでいきなり重賞の毎日杯に挑戦。2戦目とは思えないレースセンスで好位にとりつき、直線も内をさばいてしぶとく伸びての2着。

ランスオブプラーナを捉えられなかったあたりはまだ成長途上という印象もあるが、血統的に東京に変わるのは間違いなく好材料。この時期の兄ほどの爆発力こそ無いが、ソツのないレース運びからも距離延長は大丈夫そうで、このメンバーならチャンスは十分。

このレース得意の藤沢厩舎が送り込むランフォザローゼスが続く。

ここ2走は中山芝2000mで2着が続いているが、前走の京成杯は早めに抜け出す強気の競馬でラストドラフトの目標になってしまい苦しくなった。それでも2着に粘っているのは地力の証明だろう。

本来はもう少し後ろの位置から末脚を活かすタイプで、デビュー勝ちの東京コースに変わるのも好材料。血統(キングカメハメハ×ディープインパクト)的にも2400mの距離は望むところだ。

ディープインパクト産駒のサトノラディウスもスタミナは豊富。

前々走の梅花賞(京都2400m)では力のいる馬場をズブズブになりながらも大外から差し切ったように、ズブさはあるがエンジンさえかかれば脚は使う同馬。

前走の弥生賞は距離不足もあったようで脚を使えず破れたものの、距離延長の今回なら巻き返しがある。ズブさはあるが軽い馬場も寧ろ得意そうで、エンジンがかかるかどうかがカギだ。

派手さはないが安定感あるアドマイヤスコールも侮れない。距離を伸ばしてパフォーマンスを上げてきており、展開次第では上位も。

他には、オルフェーヴル×ホエールキャプチャの良血アルママ、ジャングルポケット産駒最後の大物……の声があるピースワンパラディ、末脚切れるキタサンバルカン、前走逃げで新味見せたリオンリオンなどが続く。

登録馬は以下の通りだ。

アドマイヤスコール 牡3 Mデムー騎手 加藤征厩舎
アルママ 牡3 柴田大騎手 畠山厩舎
ウーリリ 牡3 福永騎手 友道厩舎
カウディーリョ 牡3 石橋脩騎手 堀厩舎
キタサンバルカン 牡3 大野騎手 奥村武厩舎
サトノラディウス 牡3 三浦騎手 国枝厩舎
セントウル 牡3 ○○騎手 森厩舎
タイセイモナーク 牡3 シュタル騎手 西村厩舎
ディバインフォース 牡3 松山騎手 寺島厩舎
トーセンカンビーナ 牡3 藤岡佑騎手 角居厩舎
バラックパリンカ 牡3 和田騎手 平田厩舎
ピースワンパラディ 牡3 ○○騎手 大竹厩舎
ピンシェル 牡3 吉田豊騎手 高橋文厩舎
マコトジュズマル 牡3 ○○騎手 鮫島厩舎
ランフォザローゼス 牡3 ルメール騎手 藤沢和厩舎
リオンリオン 牡3 横山典騎手 松永幹厩舎

想定人気・予想オッズ

4番人気 アドマイヤスコール 7.1倍
9番人気 アルママ 26.6倍
2番人気 ウーリリ 3.2倍
8番人気 カウディーリョ 22.6倍
7番人気 キタサンバルカン 20.2倍
3番人気 サトノラディウス 6.7倍
15番人気 セントウル 352.1倍
11番人気 タイセイモナーク 59.7倍
16番人気 ディバインフォース 409.8倍
6番人気 トーセンカンビーナ 16.7倍
14番人気 バラックパリンカ 207.6倍
10番人気 ピースワンパラディ 48.2倍
12番人気 ピンシェル 99.8倍
13番人気 マコトジュズマル 123.2倍
1番人気 ランフォザローゼス 2.2倍
5番人気 リオンリオン 8.4倍

文=場末太郎(競馬TIMES編集部)

おすすめの記事