(C)MAZIMICKEY

201712月28日、中山競馬場でホープフルS(GI/芝2000m)が行われる。

ジャンダルム、タイムフライヤー、ルーカス、フラットレーらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

出走馬のおさらい、予想オッズの展望、過去の傾向(上位馬)を振り返っていこう。


日程・概要

2017年12月28日(木) 5回中山9日目 18頭 [仮想出馬表] 【11R】  第34回ホープフルS (単勝5%UP/予定)
2歳・オープン・G1(馬齢)(牡・牝)(国際)(指定) 芝2000m (A)

出走予定馬・登録馬

最も注目されるのはジャンダルムだ。表記上マル外ではあるが、母はかつてのスプリント女王として名高いビリーヴである。
その血統背景からデビュー前から注目の1頭であったが、期待通りメイクデビュー勝ちを飾った。

母の背中も知る主戦の武豊騎手も「(ビリーヴの子で)1番いい」というコメントをレース後に残しており、その将来が楽しみになっていた。

2戦目のデイリー杯2歳Sでは、武豊騎手の負傷でアッゼニ騎手に乗り替わりとなったが、癖を感じさせないレースセンスで快勝。前走後すぐに池江調教師はこのホープフルS出走を明言しており、良い状態が期待される。距離延長だけが課題か。

デビューから2戦、連を外していないハーツクライ産駒タイムフライヤーも有力な1頭。

先行―好位にかけて折り合いのつくレースセンスが売りであり、ハーツクライ産駒らしい長くいい脚を使える。コーナー4つで極端に上がりの速くならない中山芝2000mは合いそうで、初重賞制覇がGⅠの舞台になるか。

先述の2頭に比べると荒削りな部分は見せるものの、そのスケール感が底知れないルーカスも注目の1頭。全兄はあのモーリスであり、その全兄同様に大舞台に強い堀厩舎が管理している。

前走の東スポ杯2歳Sはムーア騎手が道中追っ付けているのにも関わらずフワッとした追走で、道中かなり置かれてしまったものの、最後は東京の長い直線をしっかり走りきって2着に食い込んだ。全兄同様完成は先になるかもしれないが、その秘めたる能力は怖い。

他にも2歳戦絶好調の藤沢厩舎が送るフラットレー、中山得意のステイゴールド産駒ステイフーリッシュ、条件問わず安定感あるシャルルマーニュなどがGⅠに昇格して初めてのホープフルS、その戴冠を狙っている。

登録馬は以下のとおりだ。

馬名性齢斤量
ウォーターパルフェ牡255
サンリヴァル牡255
シャフトオブライト牡255
シャルルマーニュ牡255
ジャンダルム牡255
ジュンヴァルロ牡255
ステイフーリッシュ牡255
タイムフライヤー牡255
トーセンクリーガー牡255
トライン牡255
ナスノシンフォニー牝2 54
ニシノベースマン牡255
フラットレー牡255
マイハートビート牡255
リュヌルージュ牝2 54
ルーカス牡255
ロードアクシス牡255
ワークアンドラブ牡255

想定・予想オッズ

人気馬名予想オッズ
1ジャンダルム3.5
2サンリヴァル4.3
3タイムフライヤー4.8
4ルーカス4.7
5ジュンヴァルロ7.7
6フラットレー19.9
7ステイフーリッシュ25.4
8シャルルマーニュ25.7
9ナスノシンフォニー29.7
10トライン29.7
11シャフトオブライト65.7
12ウォーターパルフェ69.9
13ロードアクシス91.8
14リュヌルージュ99.3
15マイハートビート104.9
16ワークアンドラブ166.4
17トーセンクリーガー172.6
18ニシノベースマン389.4
おすすめの記事