(C)MAZIMICKEY

2018年4月8日、阪神競馬場で桜花賞(GⅠ/芝1600m)が行われる。ラッキーライラック、アーモンドアイ、リリーノーブル、マウレア、フィニフティ、プリモシーン、アンコールブリュ、デルニエオールらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

半世紀以上も馬場改修などによるコース変更を除き阪神競馬場の1600mで行われる桜花賞は、3歳牝馬3冠レース第1弾であり、競馬ファンにとってはいよいよ待ちに待ったシーズン到来を感じるレースである。

1600mという距離で行われることから、3歳時代だけでなく古馬になってからもスプリント路線・マイル路線・中距離路線・牝馬限定路線の各路線の先頭で活躍する馬も多く、2400mのGⅠ・オークスよりも今後の選択肢が多いレースとも言える。

例えば昨年2017年の優勝馬レーヌミノルはスプリント・マイル路線、2015年の勝馬レッツゴードンキはスプリント・マイル路線だけではなくダート路線にも進出するなど幅を広げている。

配当傾向を過去10年で見てみると、2014年のように三連単が2,540円と万馬券にならなかった年も3回ある一方で、2008年に単勝12番人気→15番人気→5番人気の大番狂わせの組み合わせで7,002,920円と高配当になるような年もある。

2018年もどのような決着となるのか。

今回は過去10年の桜花賞の結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく。


過去10年の該当馬(2008年以降・単勝6番人気以下で3着以内)

着順馬名
20171レーヌミノル
20163アットザシーサイド
20152クルミナル
20153コンテッサトゥーレ
20131アユサン
20133プリンセスジャック
20103エーシンリターンズ
20081レジネッタ
20082エフティマイア

注目点① 人気薄を狙うなら人気に関係なく検討を!

該当馬のリストを見てもわかるように、過去10年で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が9頭で3割となっていて比較的平均的な結果となっている。

過去10年の中では該当馬がいない年も3回ある一方で、該当馬が複数いる年も3回あることから人気薄を狙うかどうかは慎重に考えなければならない。

ただし、今回の該当馬を人気別やオッズで見ると、人気もオッズも単勝万馬券になるような馬を除き、それほど気にする必要がないことがわかる。

人気別集計 桜花賞 過去10年

人気着別度数勝率複勝率
1番人気3- 1- 1- 5/ 1030.0%50.0%
2番人気2- 4- 0- 4/ 1020.0%60.0%
3番人気1- 2- 1- 6/ 1010.0%40.0%
4番人気0- 1- 1- 8/ 100.0%20.0%
5番人気1- 0- 3- 6/ 1010.0%40.0%
6番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
7番人気1- 1- 0- 8/ 1010.0%20.0%
8番人気1- 0- 1- 8/ 1010.0%20.0%
9番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
10番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
11番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
12番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%
13番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
14番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
15番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%
16番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
17番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
18番人気0- 0- 0- 8/ 80.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名人気単勝オッズ
2017レーヌミノル840.8
2016アットザシーサイド636.9
2015クルミナル723.2
2015コンテッサトゥーレ827.8
2013アユサン718
2013プリンセスジャック1487.4
2010エーシンリターンズ1129.1
2008レジネッタ1243.4
2008エフティマイア1594.3

注目点② 父・ロイヤルチャージャー系かネイティブダンサー系に注目

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った9頭中8頭がロイヤルチャージャー系かネイティブダンサー系種牡馬となっている。

ディープインパクトやステイゴールド、オルフェーヴルに代表されるように現在の日本種牡馬界の王道とも言えるロイヤルチャージャー系の成績は、クラシックで活躍するようなマイルから中距離で特に目立つ。

また、ネイティブダンサー系の代表種牡馬はキングカメハメハで、競馬場・距離問わず比較的成績を残す万能型であり桜花賞でも検討に値する。

種牡馬系統別集計 桜花賞 過去10年

チェック種牡馬着別度数勝率複勝率
ロイヤルチャージャー系7- 8- 6- 80/1016.9%20.8%
ネイティヴダンサー系2- 0- 2- 25/ 296.9%13.8%
ニアークティック系1- 1- 2- 28/ 323.1%12.5%
ナスルーラ系0- 1- 0- 14/ 150.0%6.7%
マンノウォー系0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年
ソート:着別度数順

馬名父系統種牡馬
レーヌミノルロイヤルチャージャー系ダイワメジャー
アットザシーサイドネイティヴダンサー系キングカメハメハ
クルミナルロイヤルチャージャー系ディープインパクト
コンテッサトゥーレロイヤルチャージャー系ディープインパクト
アユサンロイヤルチャージャー系ディープインパクト
プリンセスジャックロイヤルチャージャー系ダイワメジャー
エーシンリターンズネイティヴダンサー系キングカメハメハ
レジネッタニアークティック系フレンチデピュティ
エフティマイアロイヤルチャージャー系フジキセキ

注目点③ 前走は先行か中団待機馬が活躍!

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った9頭すべてが前走で先行か中団からのレースをしていた。

GⅠレースともなると、実力が比較的高いレベルで拮抗していることもあって、騎手の駆け引きも重要な要素となり、逃げ馬を目標に見ながらレースを進めることができる先行・中団待機馬が桜花賞では好走できている。

前走脚質別集計 桜花賞 過去10年

前走脚質着別度数勝率複勝率
逃げ1- 0- 0- 20/ 214.8%4.8%
先行3- 3- 2- 43/ 515.9%15.7%
中団4- 4- 6- 58/ 725.6%19.4%
後方2- 3- 2- 27/ 345.9%20.6%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走脚質
レーヌミノル中団
アットザシーサイド中団
クルミナル中団
コンテッサトゥーレ中団
アユサン先行
プリンセスジャック先行
エーシンリターンズ中団
レジネッタ中団
エフティマイア先行

注目点④ 前走も阪神競馬場で出走!

今回の該当馬9頭中8頭が前走も阪神競馬場で出走していた。

中山競馬場でもアネモネステークスなどトライアルレースが行われているが、3歳馬でレース経験が浅く繊細な牝馬にとっては前走で桜花賞と同じ阪神競馬場で出走することが大きな意味合いを持っていると言える。

前走場所別集計 桜花賞 過去10年

前走場所着別度数勝率複勝率
札幌0- 0- 0- 0/ 0
函館0- 0- 0- 0/ 0
福島0- 0- 0- 0/ 0
新潟0- 0- 0- 0/ 0
東京0- 3- 0- 15/ 180.0%16.7%
中山0- 1- 1- 33/ 350.0%5.7%
中京0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%
京都1- 1- 0- 4/ 616.7%33.3%
阪神9- 5- 9- 89/1128.0%20.5%
小倉0- 0- 0- 0/ 0
地方0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走場所
レーヌミノル阪神
アットザシーサイド阪神
クルミナル阪神
コンテッサトゥーレ阪神
アユサン阪神
プリンセスジャック阪神
エーシンリターンズ阪神
レジネッタ阪神
エフティマイア東京

注目点⑤ 関西馬に期待!

最後に調教師の所属別で集計すると該当馬9頭中7頭が関西馬という結果となった。

西高東低と言う長らく競馬界で常識となっている東西の能力差に加えて、関東馬に取っては長距離輸送が課題となることもあって実力・人気共に兼ね備えた馬しか結果を残せていない。

調教師所属別集計 桜花賞 過去10年

調教師分類着別度数勝率複勝率
関東2- 2- 4- 59/ 673.0%11.9%
関西8- 8- 6- 89/1117.2%19.8%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名所属厩舎
レーヌミノル関西本田優
アットザシーサイド関西浅見秀一
クルミナル関西須貝尚介
コンテッサトゥーレ関西安田隆行
アユサン関東手塚貴久
プリンセスジャック関西加用正
エーシンリターンズ関西坂口正則
レジネッタ関西浅見秀一
エフティマイア関東鹿戸雄一

まとめ

ここまでのつの注目点から、人気薄で激走する可能性のある馬を選定すると次の2頭が該当する。

アリア
コーディエライト

なお、本原稿は特別登録の段階で執筆しているが、今年の桜花賞登録頭数は25頭となっていて収得賞金の関係で出走できない馬や抽選対象となっている馬もいるので注意が必要だ。

後は予想時点での単勝人気やオッズも確認の上、検討を加えていくのも、面白いのではないだろうか。

おすすめの記事