ハーキュリーズが引退!担当厩務員が語る葛藤と思い出「ショック」と「ありがとう」
(C)arima0208

オークションへのショックと「ありがとう」

「最近の成績と年齢からも、そろそろ引退もあるかなとは思っていました。覚悟しているつもりでしたけど、いざ引退が決定すると寂しいもんですね…大人しいしいい乗馬になるわ、と思っていたのですが、まさかのオークション行き︎。オークションだとおそらく地方行きになるかと思いますが、まだ走らせようとしているのには残念な思いしかありません」

「走る事に対する気持ちが萎えてしまっているし、加齢による衰えもあります。走り方からダートの適性もあまりないと思いますし、賞金もまあまあ持ってるので上位クラスでのスタートでしょうから、状況は更に厳しくなるでしょう…。引退するのも「ビジネス」なんですね。正直、この決定にはショックでした」

「でも私には何の決定権もないので、受け入れるしかありません。何なら、オークションで自分で落札して乗用馬として引き取りたいくらいです」

ハーキュリーズに思いを寄せるからこそ、複雑な心境になっているようだ。実際、「私の中では存在感の強い馬でした」という。そして最後には「『今までお疲れさん、ありがとう!』とだけ言ってお別れしました。ハーキュリーズならどこへ行ってもかわいがってもらえると思うので、新天地で頑張ってほしいですね」と、エールを送っている。

【関連記事】
エピファネイアは種牡馬として成功するのか?浮上する5つの期待と不安
ウォーエンブレムが種牡馬引退で米国へ!種付けを拒否した変わり者
藤田伸二騎手の苦境!成績低迷の原因と現在地とは?チラつく引退の二文字
ゴールドシップは引退レースを“伝説”にするために前振りをしたに違いない
あなたは1、2、3番人気が全頭馬券から消える確率を知っていますか?

おすすめの記事