弥生賞馬コスモオオゾラが浅屈腱炎で引退…JRAの美浦で乗馬に


(C)arima0208

2012年の弥生賞を制したコスモオオゾラ(牡6)が21日、競走馬登録を抹消された。JRAが公式HPで発表している。今後はJRAの美浦トレーニングセンターで乗馬になる予定。

コスモオオゾラは父ロージズインメイ、母父コマンダーインチーフという血統。

キャリア3戦目で初勝利を挙げると、皐月賞トライアルの弥生賞では9番人気の低評価を覆して勝利。皐月賞で4着、ダービーで6着と、馬券にこそ絡めなかったものの、健闘した。

しかし、その後は故障などもあり精彩を欠き、3月14日に行われた中日新聞杯では17着に惨敗していた。同レース後の20日に左前脚の浅屈腱炎が判明。現役引退が決定した。


JIN競馬TIMES編集長

投稿者プロフィール

東京都生まれ。スポーツ系出版社に入社してWEBや雑誌制作に携わった後、フリーランスに。2010年に開設した公式サイト『JIN競馬』でコラムや予想を執筆。2013年に『当たり馬券がザクザク!! サンデー系馬キャラ分析のツボ』を上梓。公式メールマガジンや株式会社マイナビの『競馬予想グランプリ』でプロ予想家として予想を提供中。公式サイト: http://jinkeiba.com/

この著者の最新の記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る