ブラストワンピースの勝因、ギベオンの敗因は?毎日杯2018回顧


(C)n.hiroto

こじ開けてみせた内ラチ沿い。

3月24日に阪神競馬場で行われた毎日杯(G3/芝1800 外回り)はブラストワンピースの優勝に終わった。上位3頭は人気通りの決着で、タイムもまずまず優秀。上がりも速い。一定以上の評価を与えることが出来るレースだったと言えるだろう。

ではそのレースを分析していきながらブラストワンピースがレースを制したポイントやギベオン、インディチャンプなど他馬の敗因を探っていこう。


結果・着順

馬名騎手
厩舎
人気
オッズ
1
ブラストワンピース池添騎手1
牡356(美浦)大竹2.5
2
ギベオンバルジュー騎手2
牡356(栗東)藤原英3.9
3
インディチャンプ岩田騎手3
牡356(栗東)音無5.1
4
ノストラダムス和田騎手8
牡356(栗東)鈴木孝52.9
5
ウォーターパルフェ酒井騎手9
牡356(栗東)田所68.4
6
ユーキャンスマイル武豊騎手5
牡356(栗東)友道8.2
7
シャルドネゴールド川田騎手4
牡356(栗東)池江5.3
8
アルムフォルツァ浜中騎手6
牡356(栗東)五十嵐26.4
9
テイエムディラン田中健騎手10
牡356(栗東)木原130.9
10
マイハートビート松山騎手7
牡356(栗東)高橋忠45.9

払い戻し

単勝1250円1人気
複勝01
05
03
120円
130円
140円
1人気
2人気
3人気
枠連01 – 05620円1人気
馬連01 – 05660円1人気
ワイド01 – 05
01 – 03
03 – 05
230円
290円
330円
1人気
3人気
5人気
馬単01 → 051,050円1人気
三連複01 – 03 – 05860円1人気
三連単01 → 05 → 033,570円1人気

レース分析

まずラップを見てみよう。前半、中盤、後半と分けてみると36秒、36秒4、34秒1となっており完全な上がり勝負だったと言える。

長い直線をびっしり使っての無敗馬たちの追い比べは見ごたえのあるもので、上位の面々は今後大きな舞台でも活躍が期待出来そうだ。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 ブラストワンピース

2番手集団の一角に位置し直線は最内にもぐりこんだ。ラチのない部分で大きく内に入り、そこで逃げたウォーターパルフェがモタれたこともあり若干ではあるが合流の部分で内ラチに接触したように見えた。

しかし、そこから再度末脚に点火。しっかりと伸びを見せ危なげなく押し切った。皐月賞スキップが濃厚なのはやや残念だが当然注目すべき器。

2着 ギベオン

中団を進み直線も中に進路を取った。スタートも何とか出たという感じで、直線もフラつくシーンが目立ち若さが残る。しかしそれでも連を確保したあたりは能力の証でもある。本格化は先かもしれないが面白い存在だ。

3着 インディチャンプ

最後方から直線は馬群を割る戦法を選択。展開も向かず、ギベオンに寄られるシーンもありここまで。力は見せているが一方、距離適性に関してはこのペースでは判断しづらい。

6着 ユーキャンスマイル

中団を追走し直線は外に回った。伸びそうな雰囲気はあったがさほど脚を使えず。上手く立ち回った馬が上位に来ており、展開のあやな部分はある。ただそれを跳ね返すまでの底力は無かったか。

7着 シャルドネゴールド

勝ち馬と同じような位置を進み直線も逃げ馬を外から交わしに出る正攻法の競馬だったが、結局逃げ馬をも交わせず。ややごちゃつくシーンもあったが力負けの色合いのほうが強い。

まとめ

勝ったブラストワンピースはこれで3戦全勝。3戦目で関西に遠征し、重賞制覇と来れば思い出すのは厩舎の先輩であり昨年の有馬記念で引退したルージュバック。

同じく未完の大器で終るのか、タイトルまで手が届くのか、ブラストワンピースの未来はどちらだろうか?ひとまず最速の答えは、およそ2か月後競馬の祭典の舞台で示されることだろう。

文=櫻井秀幸


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る