(C) ritajulius

自分の庭でしっかりとタイトルを射止める。

3月25日に中山競馬場で行われたマーチステークス(G3/ダート1800)はセンチュリオンの優勝に終わった。

高松宮記念同様ハナ差のマッチレースとなったが、このレースから混沌としたダート戦線で今後のし上がっていく馬は現れただろうか?では、センチュリオンの勝因、ハイランドピークの敗因など各馬について振り返っていこう。


結果・着順

馬名騎手
厩舎
人気
オッズ
1
センチュリオン幸騎手2
牡657(美浦)田村6.1
2
クインズサターン津村騎手5
牡555(栗東)野中11.4
3
□地ロワジャルダン真島大騎手10
牡756(地方)荒山勝49.1
4
アルタイル田中勝騎手6
牡657(美浦)手塚13.3
5
コスモカナディアン柴田大騎手8
牡556(美浦)金成20.5
6
ロンドンタウン松岡騎手7
牡557.5(栗東)牧田18.1
7
ディアデルレイ勝浦騎手4
牡757(美浦)牧10.7
8
サクラルコール柴田善騎手9
牡753(美浦)田島32.5
9
ハイランドピーク横山典騎手1
牡455(美浦)土田2
10
サンマルデューク蛯名騎手13
牡955(美浦)和田勇110.2
11
オールブラッシュ石橋脩騎手12
牡658(栗東)村山95.6
12
ブレスアロット丹内騎手15
牡553(美浦)高柳瑞133.6
13
ジョルジュサンク藤岡康騎手14
牡554(栗東)鮫島111.2
14
エピカリスルメール騎手3
牡456(美浦)萩原8.2
15
ストロングサウザー木幡巧騎手16
牡755(美浦)久保田365.4
16
メイショウウタゲ内田博騎手11
牡757(栗東)安達54.3

払い戻し

単勝8610円2人気
複勝08
14
04
190円
310円
870円
2人気
3人気
10人気
枠連04 - 07400円1人気
馬連08 - 142,540円11人気
ワイド08 - 14
04 - 08
04 - 14
830円
2,520円
5,460円
8人気
27人気
49人気
馬単08 → 145,090円16人気
三連複04 - 08 - 1429,020円86人気
三連単08 → 14 → 04153,570円413人気

レース分析

まずラップを見てみよう。前半が36秒4、中盤が37秒9、後半がが37秒8となっており、中盤が緩んだ分中山ダートに多い極端な消耗戦とはならなかった。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 センチュリオン

先行馬群の中に身を置き、勝負どころからしっかり進出。先に抜け出し2着馬の急追をしのぎ切った。これで中山1800では9戦連続で馬券になっている。

この舞台とは抜群の相性を誇るだけに他場での走りにまだ疑問は残るが、じっくりと力を付けてパワーアップした今なら夢は広がる。

2着 クインズサターン

中団から進め直線は勝ち馬を追うようにスパート。惜しくも届かなかったが、昨秋のオープン入り以降徐々に成績を上げており地力強化が顕著。今後も楽しみ。

3着 ロワジャルダン

昨年以来の中央場。馬体を中央在籍時並みに絞り狭いところからしっかり伸びた。ブルドッグボスらとともに再度の殴り込みに期待。

9着 ハイランドピーク

大きく離れた後方を進み、直線やや差を詰めては来たがほぼ見せ場のない競馬に終わった。本来の戦法を取れていたわけでもないため力負けかの判断は難しいがムラがあることは確か。

14着 エピカリス

良い行きっぷりで先行集団から進めたが、直線は全く反応できず。長引きそうなスランプに陥っている。

まとめ

オープンでは3勝の実績を持ちながらも久々の重賞参戦となったセンチュリオン。大得意の舞台で出した一発回答はさらなく躍進を予想させるのに十分だった。

文=櫻井秀幸

おすすめの記事