リオンディーズの血統や将来性は?新馬戦快勝のエピファネイアの弟は大物か?

(C)T.T

ページ:
1

2

新馬戦の評価は?

現在の京都は枠順による有利不利があまり大きくない。とはいえ、コーナー4回の内回りの大外枠というのは距離をロスするリスクが大きく、決して有利とはいえない。むしろ、できれば引きたくない枠順だ。

実際、リオンディーズはスタートから終始外を回す競馬になってしまった。

しかし、他の馬たちより距離をロスした中でもしっかりとした末脚を披露した。上がり33秒4はメンバー中最速だった。

しかもラスト3ハロンのレース上がりを見てみると、「11秒8−11秒1−11秒0」と加速ラップを踏んでいる。残り1ハロンで先頭に立ったため、11秒0はエピファネイア自身の上がりだ。最後の100mは岩田康誠騎手が手綱をおさえていたことを考慮すると、ラスト1ハロンは10秒台が刻まれてもおかしくなかった。

コーナー4回の2000mで外外を回りながら走り切るスタミナと、秀逸な瞬発力があることを同時に示したレースとなったわけだ。

お兄さんのエピファネイアも新馬戦で素晴らしい末脚を披露したが、それに勝るとも劣らない内容だったように感じる。

この走りなら距離は伸びても問題ないだろう。エピファネイアは父シンボリクリスエスだったが、リオンディーズは父キングカメハメハ。お兄さんよりクラシック向きの血統である。

来年の春へ向けて、また1頭、楽しみな馬がデビューした。

そう結論づけていいデビュー戦ではなかっただろうか。

【関連記事】
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない
「昔の競馬は熱かった。今はクソ」なんていう老害にならないために僕らがすべきこと
3連複の買い方!1、2、3番人気が全頭馬券から消える確率を知っていますか?
初心者が3連複で万馬券を当てるための最良のフォーメーションとは?

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この著者の最新の記事

関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る