(C)MAZIMICKEY

2018年12月29日、大井競馬場で東京大賞典(GⅠ/ダ2000m)が行われる。今年はゴールドドリーム、ケイティブレイブ、クリソライト、サウンドトゥルーなどが出走を予定している。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統


2017年 1着(ゴールドアリュール/ティンバーカントリー/トニービン)

               2着(フレンチデピュティ/フジキセキ/プラウドデボネア)

               3着(アドマイヤマックス/サクラローレル/Be My Guest)

2016年 1着(Langfuhr/Gone West/Salt Lake)

     2着(ジャングルポケット/サンデーサイレンス/Sadler's Wells)   

               3着(フレンチデピュティ/フジキセキ/プラウドデボネア)

2015年 1着(フレンチデピュティ/フジキセキ/プラウドデボネア)

               2着(キングカメハメハ/Cherokee Run/Unbridled)

               3着(カリズマティック/Pleasant Tap/Petrone)

2014年 1着(キングカメハメハ/Cherokee Run/Unbridled)

               2着(ゴールドアリュール/ティンバーカントリー/トニービン)

               3着(ロージズインメイ/Devil's Bag/Niniski)

2013年 1着(キングカメハメハ/Cherokee Run/Unbridled)

               2着(カリズマティック/Pleasant Tap/Petrone)

               3着(ホワイトマズル/アドマイヤベガ/Nureyev)

2012年 1着(スぺシャルウィーク/Awesome Again/Storm Bird)

     2着(キングカメハメハ/ブライアンズタイム/サンデーサイレンス)

               3着(カリズマティック/Pleasant Tap/Petrone)

2011年 1着(ゴールドアリュール/ミシシッピアン/クラウンドプリンス)

               2着(カリズマティック/Pleasant Tap/Petrone)

               3着(Tapit/Concern/Northern Jove)

2010年 1着(ゴールドアリュール/ミシシッピアン/クラウンドプリンス)

               2着(ブライアンズタイム/Mr.Prospector/Nureyev)

               3着(ブライアンズタイム/Seeking the Gold/Pleasant Colony)

2009年 1着(シンボリクリスエス/サンデーサイレンス/Deputy Minister)

     2着(エルコンドルパサー/サンデーサイレンス/ノーザンテースト)

               3着(トワイニング/サンデーサイレンス/ノーザンテースト)

2008年 1着(フジキセキ/Deputy Minister/Mr. Prospector)

               2着(エルコンドルパサー/サンデーサイレンス/ノーザンテースト)

               3着(シンボリクリスエス/サンデーサイレンス/Deputy Minister)

(血統の分類:ヘイロー系・・・サンデーサイレンス系非サンデーサイレンス系ロベルト系;ニアークティック系・・・欧州型、 米国型豪州型;ミスタープロスペクター系; ナスルーラ系;他系統)

解析・分析:注目血統は?

近年はサウンドトゥルーやワンダーアキュートの好走があるように米国型ニアークティック系種牡馬の血を持つ馬の相性の良さが目立つ。

2017年 サウンドトゥルー(父ニアークティック系[米])

2016年 アポロケンタッキー(母母父ニアークティック系[米])

サウンドトゥルー

2015年 サウンドトゥルー

ワンダーアキュート(父ニアークティック系[米])

2013年 ワンダーアキュート

ニホンピロアワーズ(母母父ニアークティック系[米])

2012年 ローマンレジェンド(母父ニアークティック系[米]×母母父ニアークティック系[米])

ワンダーアキュート

2011年 ワンダーアキュート

2010年 フリオーそ(母母父ニアークティック系[米])

2009年 サクセスブロッケン(母母父ニアークティック系[米])

2008年 カネヒキリ(母父ニアークティック系[米])

サクセスブロッケン

リピーターレースでありサウンドトゥルーやアポロケンタッキーも見逃せないが、今年はゴールドドリームが該当する。特に相性の良いサンデーサイレンス×米国型ニアークティック系の組み合わせでもあり、同舞台の帝王賞でも勝利している。ここも活躍が期待できるだろう。地方馬ではスーパーステション(父サンデーサイレンス系×母母父ニアークティック系[米])が該当しており10年前に父が制した舞台で中央馬撃破となるかこちらも注目だ。

おすすめの記事