(C)tr_qasysh15

2019年3月3日、中山競馬場で弥生賞(GⅡ/芝2000m)が行われる。今回の予想考察では、過去10年のデータと傾向を振り返って軸馬にふさわしい出走馬を導き出していく。

今年はニシノデイジー、ラストドラフト、カントル、サトノラディウス、ブレイキングドーンらが出走する。有力馬の中で過去の好走馬と同じ傾向に該当するのはどの馬なのか?あるいは人気薄の中から台頭してくる馬がいるのか?

過去の歴史を注意深く見ていくと、2019年の当レースで台頭する馬が見えてくる。


【2019年JRA重賞考察】弥生賞の予想分析

競馬TIMESでは過去のデータを徹底分析。考察から導き出した予想のポイントをピックアップしていく。

以下が特に注目したい予想のポイントだ。

予想ポイント 前走人気に注目

最初に前走人気を見ていくと、弥生賞では前走で人気のあった馬が好走している傾向が出ている。

前走人気着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走1人気6- 3- 2- 13/ 2425.0%45.8%12590
前走2人気1- 5- 1- 22/ 293.4%24.1%460
前走3人気1- 1- 2- 10/ 147.1%28.6%23180
前走4人気1- 0- 3- 10/ 147.1%28.6%4559
前走5人気0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%00
前走6~9人1- 1- 2- 21/ 254.0%16.0%11672
前走10人~0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%00

前走1番人気だった馬の成績が複勝率が5割近くもあり、単複の回収値も優秀で圧倒的な成績を残しているのがわかる。前走1番人気以外の馬だと、馬券圏内に来てはいるが勝率が低く単複回収値も低くて低迷している。

軸は前走1番人気の馬に据えるのがいいだろう。

予想ポイント キャリアの浅い馬が有利?

次に注目したいのがキャリアだ。

過去の弥生賞ではキャリアの浅い馬が活躍している傾向が見られる。

キャリア着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
1戦0- 0- 0- 5/ 50.0%0.0%00
2戦2- 1- 1- 11/ 1513.3%26.7%5940
3戦3- 4- 3- 21/ 319.7%32.3%7379
4戦4- 1- 3- 16/ 2416.7%33.3%3871
5戦1- 0- 2- 14/ 175.9%17.6%17194
6戦0- 3- 0- 8/ 110.0%27.3%0161
7戦0- 1- 0- 7/ 80.0%12.5%037
8戦0- 0- 1- 3/ 40.0%25.0%0152
9戦0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%00
10戦0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%00

さすがにキャリア1戦の馬は苦戦しているが、2~4戦の馬だと9勝して複勝率も高く好走している。キャリア5戦以上になると勝率、複勝率も下がり好走率は低くなっていく。

軸はキャリア4戦以内の馬に据えるのがいいだろう。

予想ポイント 前走1着馬の活躍が顕著!

前走着順を見てみると、前走1着馬が好走している傾向が出ている。

前確定着順着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
前走1着8- 5- 0- 41/ 5414.8%24.1%7152
前走2着0- 2- 5- 7/ 140.0%50.0%0100
前走3着0- 0- 2- 8/ 100.0%20.0%044
前走4着1- 2- 1- 6/ 1010.0%40.0%27211
前走5着1- 0- 0- 4/ 520.0%20.0%582108
前走6~9着0- 1- 1- 16/ 180.0%11.1%064
前走10着~0- 0- 1- 6/ 70.0%14.3%087

前走1着馬が8勝と圧倒的な成績を残している。一方、2着以下だと複勝率はまずまずだが勝率が低く、6着以下だとほとんど走っていないのが実情だ。

軸は前走1着馬に据えるといいだろう。

予想ポイント 前走4角位置に注視せよ

最後に注目したいのが前走4角位置の成績だ。

前走4角着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
4角1番手0- 1- 0- 14/ 150.0%6.7%020
2番手以内2- 2- 0- 20/ 248.3%16.7%12662
3番手以内2- 4- 0- 31/ 375.4%16.2%8291
4番手以内5- 6- 3- 41/ 559.1%25.5%6692
5番手以内5- 7- 5- 49/ 667.6%25.8%5586
7番手以内8- 7- 7- 65/ 879.2%25.3%7179
10番手以内10- 9- 9- 81/1099.2%25.7%6480

中山は小回りコースなので前にいる馬が有利な傾向だが、前走逃げた馬は勝ちがなく苦戦している。過去10年の弥生賞では2~10番手の馬で10勝しており、10番手以下になると位置取りが悪く好走率は下がる傾向。

軸は前走2~10番手の馬に据えるのが基準と言えるだろう。

注目データまとめ

好走データをまとめていくと……

・前走1番人気
・キャリア4戦以内
・前走1着馬
・前走4角2~10番手

となる。このデータに合致している馬の過去10年における成績はというと……

着別度数勝率複勝率単勝回収値複勝回収値
5- 2- 0- 7/1435.7%50.0%196108

ご覧の通り、驚異的な成績となっている。

2019年の弥生賞軸馬候補は?

今年、このデータに該当する馬を見ていくと……

カントル
サトノラディウス

軸にするもよし、相手にするもよし。一つだけ言えることは、これらすべての馬を馬券から外すことは的中よりも外れに近づいてしまう可能性が高そう、ということだ。

おすすめの記事