(C) Yusuke Tsutaya

勢力図を予想

ミッキークイーン
オークスでは“怪物”ルージュバックを撃破。キャリアすべてで上がり3位以内の末脚(うち4走で1位)を使っている閃光少女。阪神では3走して2勝、2着1回と実績があり、道悪の未勝利でも秀逸なパフォーマンスを見せた。弱点らしい弱点がないため、ここでも堅実か。

レッツゴードンキ
オークスは不安視された距離の壁にモロにぶち当たってしまった。しかし、今回は距離短縮。しかも桜花賞を勝ち、阪神ジュベナイルフィリーズで2着になった阪神コースに変わることで前進が望めるはずだ。桜花賞馬の底力を見せられるか?

アンドリエッテ
春のクラシックでは桜花賞6着、オークス5着とあと一歩のところで栄冠を逃した。こちらもミッキークイーンと同じでキャリア全てで上がり3位以内を記録している末脚自慢だ。もっとも、ミッキークイーンより脚質が極端で後ろからの競馬になることが確実なだけに、好走のためには展開の助けが必要になりそうだ。

トーセンビクトリー
夏の上がり馬の1番手。母はエリザベス女王杯の覇者トゥザヴィクトリー、兄弟にトゥザグローリーやトゥザワールドがいるという超良血馬だ。前走は古馬をもろともせず、1000万条件をクリア。クラシックホースたちを追撃する。ただし、母はローズSで1番人気に支持されながら4着に敗れた過去を持つのはネックか。

他には3戦3勝のディープジュエリー、桜花賞4着のクイーンズリングらが人気に支持される見込みとなっている。

【関連記事】
レッツゴードンキがオークスで惨敗したワケ〜血と展開と桜花賞のしわ寄せ〜
ミッキークイーンの血統や将来性は?オークスの覇者を徹底分析
藤田伸二騎手の苦境!成績低迷の原因と現在地とは?チラつく引退の二文字
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない

回収率100%超へ!おすすめ

①競馬の基本原則が学べる教科書って?
②競馬で勝つための方程式とは?
▶▶▶超厳選!競馬で絶対に勝つための最強ツール4選【2019年版】

①読むと競馬力が上がるメルマガって?
②回収率100%超&信頼性の高い予想は?
▶▶▶超厳選!競馬の有料予想で本当に信用できるのは?3つの視点で徹底分析

おすすめの記事