(C)raracame15c

2018年8月12日、札幌競馬場でエルムS(GⅢ/ダ1700m)が行われる。ミツバ、リッカルド、ハイランドピーク、リーゼントロック、アンジュデジールらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

競馬TIMES編集部では一週間をかけて当重賞を徹底的に検証していく。血統考察やデータ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

出走馬のおさらい、予想オッズの展望を振り返っていこう。


日程・概要

2018年 8月12日(日) 1回札幌6日目 14頭 [仮想出馬表] 【11R】  第23回エルムS
3歳以上・オープン・G3(別定)(国際)(指定) ダート1700m

出走予定馬・登録馬

前走のマーキュリーC(JpnⅢ)で連覇を達成したミツバが近走の安定感で上位人気に支持されそうなメンバー構成だ。

元来は極端な追い込みや強引な先行策でしか結果のでないムラ馬タイプであったが、今年に入ってレースぶりが安定してきた。地方交流を含め様々な条件を使われているが、今年に入ってからは掲示板を外していない。昨今ではやや珍しい完全なパワータイプのダート馬で、エンジンの掛かりが早くはないだけに距離短縮と小回りコースに変わるのが若干気になるものの、地力では一枚上手の印象もあり、ここでも軽視はしにくい。

一昨年の覇者で今は船橋競馬に所属しているリッカルドも地方転厩後の勢いから有力な1頭で、ルメール騎手を手配したとなればますます勝負気配が漂っている。

一昨年のこのレースを制した後は中央のOP特別でも馬券になれないようなレースが続いていたもののの、船橋転入後は馬が一変。フジノウェーブ記念や大井記念といった重賞を含め圧巻の4連勝で前走の帝王賞に挑戦した。中央馬相手ではこれまでの先行して突き放すレースこそ出来なかったものの、外目からしっかり末脚を伸ばして4着は健闘の部類だ。前走でD2000mの自己ベストタイムを更新しているように、単に地方の砂が合ったという訳ではなさそうで、元々実績のある札幌コースにも不安はなく中心視できる1頭。

前走のマリーンSではかなり強引な先行策ながらも、きっちり2着に粘ったハイランドピークもすんなりハナさえ取れれば面白い。

まだゲートに不安があり全幅の信頼は寄せにくいが、とにかくハナを切って平均スピードを活かせばまだ底を見せていない1頭。重賞ではマーチSの大敗が目立ってしまうが、これはシンガリから回ってきただけで参考外。とにかくスムーズに前に行けるかがカギで、ゲートの不安からはある程度外枠が欲しいところ。

前々走の大沼Sで待望のOP制覇を成し遂げたリーゼントロックも北海道シリーズなら安定して走る1頭だ。

もともとハマの番長こと三浦大輔オーナーの持ち馬で注目のあった馬だが、ここにきて地力をつけてきた印象。前走のマリーンSでは後方待機から一気に大外を伸びてきたように、ここにきて脚質の幅も広がってきた印象。勝ち切るまではどうかだが、馬券のヒモには抑えておきたい1頭だ。

エンプレス杯、マリーンCと牝馬限定の交流重賞を連勝中のアンジュデジールは相手関係がカギだが、脚さえ溜められれば終いは確実。消耗戦だと厳しそうだがインで我慢できれば面白い。

他にもこのレース昨年の勝ち馬で、コリアカップ連覇に向けてスランプを脱したいロンドンタウン、逃げなくてもしぶとさでてきたドリームキラリ、前走不本意だが地力は通用するアルタイル、消耗戦なら浮上するノーブルサターン、ムラだが気分さえ乗ればのモルトベーネなどが一発を狙っている。

登録馬は以下の通りだ。

馬名S性齢斤量
アルタイル牡656
アンジュデジール牝4 55
ディアデルレイ牡756
ドリームキラリ牡656
ノーブルサターン牡456
ハイランドピーク牡456
ブラゾンドゥリス牡656
ミツバ牡657
メイショウスミトモ牡758
モルトベーネ牡656
モンドクラッセ牡756
リーゼントロック牡756
リッカルドセ756
ロンドンタウン牡557

想定・予想オッズ

14番人気アルタイル110.5倍
8番人気アンジュデジール25.7倍
9番人気ディアデルレイ33.3倍
5番人気ドリームキラリ7倍
6番人気ノーブルサターン20.3倍
2番人気ハイランドピーク3.2倍
10番人気ブラゾンドゥリス44.1倍
1番人気ミツバ2.8倍
11番人気メイショウスミトモ57.5倍
12番人気モルトベーネ75倍
13番人気モンドクラッセ97倍
7番人気リーゼントロック21.3倍
4番人気リッカルド5.8倍
3番人気ロンドンタウン5倍
おすすめの記事